スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
原宿に横尾忠則さん公式ショップ−ポスター原画「未完の清志郎」展示も
yokoo 

1960年代から活躍を続ける現代美術家・横尾忠則さんの

オフィシャルショップが4月22日より、原宿「ラップネットシップ」

(渋谷区神宮前1、TEL 03-5411-3330)に期間限定でオープンしている。

 1936(昭和11)年兵庫県生まれの横尾さんは、神戸新聞社、

日本デザインセンターなどでポスターデザインなどを手がけて独立。

1967(昭和42)年に寺山修司主宰の天井桟敷に参加して、美術を担当した。

グラフィックデザイナーとして第一線で活躍するも、1980(昭和55)年に見た

「ピカソ展」に衝撃を受けて画家を宣言。

以来、美術家として幅広い作品制作を手がける。

 昨年8月にラフォーレで開催した「個展 忌野清志郎の世界」で

横尾さんが手がけたポスター原画「未完の清志郎」も展示。

横尾さんは2007年、ジョン・レノン音楽祭での楽屋で忌野さんから

「何か一緒に仕事をしましょう」とオファーを受けていたという。

その後、ラップネットの企画担当者からの依頼を受け、故・忌野さんの

個展用ポスターを制作。「横尾さんは2007年に『隠居宣言』をされていて、

デザイン業を一切辞めていたが、清志郎さんの個展のポスターということで

特別に引き受けていただけることになった」とも。
営業時間は12時〜20時。入場無料。5月9日まで。

| 芸術 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
24日(土)ミュージカル「レベッカ」を帝劇で鑑賞しました
ミュージカルと心理サスペンスの絶妙な融合!!!

本作は20世紀初頭の女流作家ダフネ・デュ・モーリアの同名小説です。

原作のみならず、アルフレッド・ヒッチコック監督によるハリウッド映画「レベッカ」は

あまりにも有名です。

「わたし」とダンヴァース夫人との息詰まる心理劇と、マキシムの人知れず

抱える苦悩を並行して描き、最後にレベッカの死の真相までを見事に描き出します。

クンツェ&リーヴァイも認める山田和也の確かな演出と、竜真知子の詩情あふれる

翻訳・訳詞が冴える、“ミュージカル・サスペンス”。

rebeca 


作者は「エリザベート」「モーツァルト!」「マリー・アントワネット」で知られる、

ウィーン・ミュージカルのヒットメーカーコンビ、ミヒャエル・クンツェ(脚本・歌詞)

とシルヴェスター・リーヴァイ(音楽)です。
本作でマキシム役を演じる山口祐一郎が歌う「神よ なぜ」や『わたし』役を演じる

大塚ちひろが歌う「夢見るマンダレイ」、ダンヴァース夫人役を演じる涼風真世の

歌う「レベッカ」など、ミュージカル史に名を残す名曲が誕生しました。

素晴らしい舞台 堪能いたしました。

| 芸術 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
週末、芸術と グルメと ミュージカル
 週末、国立新美術館(東京・六本木)にて親戚が出品する

「第26回全国公募書道展」が開催された。

 

70代でお弟子さんが60名 この会の審査員格をされており

2m50cmの大作が展示されていた。

素晴らしい文字である。

今回の内閣総理大臣賞受賞された「万木」さんもいらっしゃったので

ご挨拶した。テンショと言われる印の漢字の大作であった。

万木と書いて「ユルギ」と読む。珍しいお名前の先生だ。

書を鑑賞し

せっかく国立新美術館に来たので、

muse

「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」
で早めの夕食をとることにした。

pole
グリーンピースの冷製スープ黒胡椒風味のクリームと共に
pole2
スズキのロースト 季節野菜添え
香草風味のブール・ブランソース

pole1
柔らかい牛頬肉の赤ワイン煮込み ブルゴーニュ風

pole4 
"ムッシュポール・ボキューズ"のクレーム・ブリュレ

フランス料理の伝道師として、自ら提唱する「ヌーベル・キュイジーヌ」で

一時代を築いたポール・ボキューズ氏。

フランス・リヨンにあるレストラン「ポール・ボキューズ」は、

40年以上にもわたり、ミシュランの三ツ星を獲得し続けています。

今なおフランス料理界の頂点に立つポール・ボキューズ氏が、

フランス・リヨンの町を出て、世界で初めて出店したブラッスリーが

『ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ』なのです。

この後帝国劇場でミュージカル「レベッカ」を観る予定なので

あまりゆっくり食事できないのはもったいないことだが・・・

| 芸術 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本日11月3日は「文化の日」です。「日展」が行われている国立新美術館とは?
sinkokuri3 

会場になった国立新美術館

東京ミッドタウン(六本木)に近い、乃木坂にあります。

文化庁国立新美術館設立準備室と独立行政法人国立美術館が主体となって

東京大学生産技術研究所跡地に建設された美術館で、2007年1月21日開館。

延床面積は日本最大。

コンセプトを「森の中の美術館」としており、設立目的を展覧会の開催・情報収集

およびその公開・教育普及としている。また、館内にミュージアムショップ・

レストラン・カフェを展開するなど、親しみのある美術館を目指している。

設計は、故「黒川 紀章」氏

建築家、日本芸術院会員

1957年京都大学卒業。1964年東京大学大学院博士課程修了。

フランス政府公認建築家、アメリカ建築家協会名誉会員、英国王立建築家

協会名誉会員及び国際フェロー、ドイツ建築家協会名誉会員、日本景観学会会長。

主な受賞にフィンランド政府獅子勲章、フランス政府芸術文化勲章、

東京都民文化栄誉賞、日本建築学会賞、毎日芸術賞、日本芸術院賞、

フランス建築アカデミーゴールドメダル、国際都市賞など。
主な作品に、カザフスタン新首都マスタープラン、中国鄭洲新都市(150万人)、

クアラルンプール新国際空港、ゴッホ美術館新館など。
40年前から提唱している「共生」は、時代のキーワードとなり、

著書「新・共生の思想」英語版とドイツ版は、海外でも大きな反響。

東京都知事に立候補するなど話題をあつめたが、その年に逝去。

 

国立新美術館の内部は、宇宙船の中のようでした。

sinkokurisinkokuri1 

国立新美術館内には1つのレストラン、3つのカフェがあります

<レストラン・カフェ>

F ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
2F サロン・ド・テ ロンド カフェ コキーユ カフェテリア カレ

特にレストラン「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」は、有名です。

フランス料理の伝道師として、自ら提唱する「ヌーベル・キュイジーヌ」で

一時代を築いたポール・ボキューズ氏は、40年以上にもわたってミシュランの

三ツ星を獲得し続けています。

いまなおフランス料理界の頂点に立つポール・ボキューズ氏が、フランス・リヨンの

町を出て、世界で初めて出店したブラッスリーが

『ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ』です。

1人でも多くの日本人においしいフランス料理を広め、喜ばせたい」という

ポール・ボキューズ氏の信念により、正統なフランス料理の伝統を受け継ぎながらも、

カジュアルなスタイルの中、手ごろな価格で楽しめるメニューを取り揃えています。

「料理は芸術である」と考える、世界最高の料理人、そして芸術家でもある

ポール・ボキューズ氏の魅力のすべてをぜひご堪能ください。

sinkokuri2 

と説明されている。今回2時すぎであったので遅い昼食をとろうとおもい

行ってみたが、まだ多くのお客様が並んでいる状態であった。

残念ながら、あきらめた。

| 芸術 | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日展会場内の気になった作品のスナップ写真
 e11

e10

e3

e6

e9
| 芸術 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日展会場内の気になった作品のスナップ写真です
初めて日展の会場に行きましたが、多くの作品が広い会場いっぱいに

飾られていて驚きました。

入選作数 2363点。14,336作品の応募の中から選ばれたものです。

素晴らしい作品ばかりなのですが、私の個人的に好きな作品をご紹介してみます。

(大変申し訳ないのですが、これらの作品の作者までチェックできませんでした)

 e4

e7

e

| 芸術 | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
我が家にある美術品「円空仏」橋本平八作
 根付のような彫り物について書いたので続いて、
我が家にある木彫りの「円空仏」について触れたいと思う。


父のコレクションであるが、前述の朝熊を郷里とする

「橋本平八作の達磨立像」
である。

写真は伊勢の神宮徴古館で開かれた「橋本平八遺作展」に三重県庁から依頼され、
出品した
ときの写真である。

橋本平八の作の中でも最も評価の高い作品であろう。

「達磨立像」昭和5年作 73.8cmとかなり大きい木彫り像である。

 hasimotohasimoto3


 hasimoto4hasimoto5

橋本平八とは

1897〜1935 彫刻家。三重県伊勢市に生まれる。

1919年(大正8)に上京し、日本美術院同人の彫刻家佐藤朝山の内弟子となり、

22年第9回日本美術院展(院展)に初入選、以後院展に出品をつづける。

26年(昭和元)には郷里の伊勢市朝熊(あさま)にもどり、38歳で死去するまで

     同地で制作にはげんだ。

 

平八は、朝山の技術的な厳格さを受け継ぎつつ、近代性を加味した個性的な木彫を制作した。

それらは、高村光太郎や荻原守衛によってもたらされた、造形性を強くうちだした

洋風彫塑とはことなり、

円空仏(円空)に影響されたように、木という素材と土俗的な精神性を意識したものであった。

ヨーロッパの彫刻を受容した日本の近代彫刻の歴史の中では異端の位置にあるが、

日本の近代彫刻の独自性をひきだした点では高く評価されている。

| 芸術 | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昨日のフジテレビ「風のガーデン」を観た
 

昨日「風のガーデン」を観た

緒形拳さん、さすが 渋い、いい演技であった

言葉におごりがない。

存在感がある。

それが名優なんだろう。

残り9話が楽しみである。


kaze 

緒形拳さん遺作ドラマ「風のガーデン」、初回視聴率は20・1%(写真産経新聞)

インタビューで主演の中井貴一さんについて「中井貴一の代表作になった」と

讃えていらっしゃった。

実際はご自分が進行性の肝臓癌なのに

役の上では、中井貴一が余命いくばくもない癌患者であり、彼を力づける役回り

人生の矛盾を実感されながら演じていらっしゃったと思うと胸が締め付けられる。

 

もう1点

平原綾香さんがさっそく第1話から出演されていたので驚いた。

前に書いたように彼女当初は、主題歌だけだったのに

倉本聡さんが出演させろと指示し、出演することになったのだが

この役は以外であった。主演の愛人のような役なのだ

平原さんのイメージは、歌「ジュピター」の澄みわたった印象しかなかった

彼女を倉本監督は、女として観たのだ。

新たな一面があらわれとても興味深い。

| 芸術 | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もう1つ緒形挙さんについて
 

俳優 緒形挙(おがたけん)

名前の「挙」の文字であるが。ケンとはなかなか読めない。

なぜこの文字なのか疑問であったら、本人があるインタビューで話していた。

緒形さんの手(こぶし)が、身長の割りに大変大きいのである。

だから 挙 の文字を本人は「こぶし」と呼んでいるのだそうだ。


kazeno2 

また、緒形さんが書く字、味があっていい

今回のフジテレビのドラマ「風のガーデン」の題字も

緒形さんが書いたものである。

才能がある人は、なんでもできるものなんだな・・・

 

映画『砂の器』『八甲田山』『楢山節考』など数々の代表作は、かなり重いが

もう一度じっくり観てみようと思っている。

緒形拳さんの出演映画リスト

遠い一つの道1960年東京映画・東宝、監督内川清一郎)

間諜1964年東映、監督沢島忠

セックスチェック 第二の性1968年大映、監督増村保造、原作寺内大吉、主演)

積木の箱1968年大映、監督増村保造、原作三浦綾子)

風林火山1969年東宝、監督稲垣浩

永訣(わかれ)(1969年松竹、監督大庭秀雄)

七つの顔の女1969年松竹、監督前田陽一

わが恋わが歌1969年松竹、監督中村登、原作吉野秀雄・山口瞳・吉野壮児、山口瞳役)

婉という女1971年ほるぷ映画、監督今井正、原作大原富枝)

必殺仕掛人・梅安蟻地獄1973年松竹、監督渡辺祐介、原作池波正太郎、主演)

必殺仕掛人・春雪仕掛針1974年松竹、監督貞永方久、原作池波正太郎、主演)

狼よ落日を斬れ 風雲・激情篇怒濤篇1974年松竹、監督三隅研次、原作池波正太郎)

砂の器1974年松竹、監督野村芳太郎、原作松本清張

太陽は泣かない1976年、監督飯塚二郎)

八甲田山1977年東宝、監督森谷司郎、原作新田次郎

鬼畜1978年松竹、監督野村芳太郎、原作松本清張、主演、日本アカデミー賞最優秀主演
男優賞ほか)

復讐するは我にあり1979年今村プロ・松竹、監督今村昌平、原作佐木隆三、主演)

影の軍団 服部半蔵1980年東映京都、監督工藤栄一

復活の日1980年東宝、監督深作欣二

わるいやつら1980年霧プロ・松竹、監督野村芳太郎

太陽のきずあと1981年東映セントラル、監督曾根中生

ええじゃないか1981年今村プロ・松竹、監督今村昌平)カンヌ映画祭招待

魔界転生1981年東映、監督深作欣二、原作山田風太郎

北斎漫画1981年松竹、監督新藤兼人、主演)

野獣刑事1982年東映京都、監督工藤栄一、主演) ベルリン映画祭コンペティション

楢山節考1983年今村プロ・東映、監督今村昌平、原作深沢七郎、主演、
日本アカデミー賞最優秀主演男優賞ほか)カンヌ映画祭パルムドール

陽暉楼1983年東映京都、監督五社英雄、原作宮尾登美子、主演)

OKINAWAN BOY オキナワの少年1983年パル企画・東宝、監督新城卓、原作東峰夫

魚影の群れ1983年松竹、監督相米慎二、主演)

1985年東映、監督五社英雄、原作宮尾登美子、主演)

MISHIMA1985年アメリカ作品、監督ポール・シュレイダー、主演、遺族の反対により
日本未公開)カンヌ映画祭芸術貢献賞

薄化粧1985年松竹、監督五社英雄、原作西村望、主演)

火宅の人1986年東映京都、監督深作欣二、原作檀一雄、主演、
日本アカデミー賞最優秀主演男優賞)

女衒ZEGEN1987年今村プロ・東映、監督今村昌平、主演)カンヌ映画祭コンペティション

吉原炎上1987年東映、監督五社英雄)

ラブ・ストーリーを君に1988年東映、監督澤井信一郎

優駿 ORACION1988年フジテレビ・東宝、監督杉田成道、原作宮本輝

華の乱1988年東映京都、監督深作欣二、原作永畑道子)

孔雀王1988年フジテレビ・東宝東和、監督ラン・ナイチョイ、原作荻野真

将軍家光の乱心 激突1989年東映、監督降旗康男、主演)39回ベルリン国際映画祭招待作品

座頭市1989年勝プロ・松竹、監督勝新太郎

社葬1989年東映京都、監督舛田利雄、主演)

大誘拐 RAINBOW KIDS(1991年喜八プロ・東宝、監督岡本喜八、原作天藤真)

グッバイ・ママ1991年松竹、監督秋元康

咬みつきたい1991年東宝、監督金子修介、主演)

陽炎1991年松竹、監督五社英雄)

おろしや国酔夢譚1992年大映・東宝、原作井上靖大黒屋光太夫役、主演)
サンパウロ映画祭観客賞

継承盃1992年東映、監督大森一樹

国会へ行こう!(1993年バンダイビジュアル、監督一倉治雄)

土俵の鬼たち1994年、監修花田勝治、ナレーション)

さよならニッポン! GOODBYE JAPAN1995年ぶんか社ほか、監督堤幸彦、主演)

GONIN21996年松竹、監督石井隆

ピーター・グリーナウェイの枕草子1996年イギリス・フランス・オランダ合作、
監督
ピーター・グリーナウェイ

流★星1999年リトルモア、監督山仲浩光、主演)

あつもの1999年シネカノン、監督池端俊策、主演)ペノデ映画祭グランプリ

殺し KOROSHI2000年ミュージアム、監督小林政広) カンヌ映画祭招待作品

歩く、人2002年オフィスサンマルサン、監督小林政広、主演)カンヌ映画祭招待作品

11'09'01/セプテンバー11「おとなしい日本人」(2003年東北新社・フランス映画、監督今村昌平
オムニバスの1本、ナレーション)ベネチア映画祭招待作品

ミラーを拭く男2004年パル企画、監督梶田征則、主演)

IZO2004年IZOパートナーズ、監督三池祟史)ベネチア映画祭招待作品

下弦の月〜ラスト・クォーター2004年松竹、二監督階健、矢沢あい原作)

隠し剣 鬼の爪2005年松竹、監督山田洋次、原作藤沢周平)ベルリン映画祭コンペティション

蝉しぐれ2005年東宝、監督黒土三男、原作藤沢周平

ミラクルバナナ2005年ミラクルバナナ制作委員会、監督錦織良成)

佐賀のがばいばあちゃん2006年アマゾン、監督倉内均、原作島田洋七

長い散歩2006年、監督奥田瑛二、主演)モントリオール映画祭グランプリ

武士の一分2006年、監督山田洋次)ベルリン映画祭招待作品

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌2008年、監督本木克英ぬらりひょん
ogata1

| 芸術 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよ本日フジテレビで「風のガーデン」が始まります。
 

毎週木曜22時からフジテレビで風のガーデンが始まります。

『風のガーデン』 脚本家・倉本聰 富良野三部作・最終章. 10連ドラ.マ
季節ごとに咲くさまざまな花たちを風が撫でていくその美しいガーデンに、貞美が迎え
入れられる日は来るのだろうか...

 

余命わずかな主人公の医師が、絶縁状態になっている北海道富良野市の家族の元に
戻るまでを描く作品。

フジテレビ開局50周年を記念して制作されるドラマ第1弾。


kazeno
2年前より舞台となる富良野に大掛かりなブリティッシュガーデンを造っている。

2008年4月にクランクイン。脚本は連続ドラマでは『拝啓、父上様』以来約2年ぶり
となる倉本聰で、
プロデューサーや製作スタッフもほぼ同じ構成になっている。


また、今作は倉本が手がけた『
北の国からシリーズ』(1981年 - 2002年)、

優しい時間』(2005年1月 - 3月)に続く「富良野三部作」の第3弾という位置づけになる。

主題歌は『優しい時間』に続いて平原綾香が担当。この作品では平原自身も役者として
出演する。

出演者の緒形拳は、放送開始直前の2008年10月5日に急逝。
そのため、この作品が緒形拳の生前最後の作品となる。

kazeno1
白鳥貞美 -
中井貴一

麻酔科医。ガンを抱える。

白鳥貞三 - 緒形拳

貞美の父。訪問医。

緒形挙さんは、病魔をかかえてどんな気持ちでこの役を演じたのだろうか・・・・・・

 

hirahara 

主題歌を歌う平原綾香さんであるが、昨年6月仕事をお願いしていた。

ところが、その3ヶ月前に突然キャンセルしてほしいと言われた

こちらも予定もあり、進行していたのでとくいさがると、倉本聡作品で当初平原は主題歌だけ

の予定で参加していたところ、倉本氏からドラマにでてくれということになったのだそうだ。

フジテレビは倉本氏の言うことは絶対のため、6月1ヶ月のスケジールをすべて

キャンセルせざるをえなかったということであった。

 

中井貴一さんの話でもやはり6ヶ月間完全に集中であったとのことなので

倉本聡氏の完全主義が貫かれたと、今やっと納得できた。

緒形挙さんの命を削ったドラマでもあり、最高の記念作ドラマになることを願うものである。
今日は、10時から8チャンネルをぜひ観よう!!

| 芸術 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH