スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
下町味散歩<浅草>
 

文豪が愛した庶民の味を少し楽しんでみる

今日は、1959年に製造されたセイコークラウンを手につけゆったり

した時間をすごして行こうと思う。


asakusa     seiko
arizona4

11時喜多見を出発。浅草の
「アリゾナキッチン」で昼食をとるつもりである。

この店は耽美的な小説で有名な永井荷風が晩年ほぼ毎日通ったレストランである。

この店の名は荷風の「断腸亭日常」のなかにもしばしば登場する。


arizona

12時半に店に入ったが、客は私だけだった。

名店なのでもっと混んでいると思っていたから、調子抜けだ。

もしかして、味が落ちたか、経営が変わったのだろうか?

今回は、メンチカツをいただいた。


arizona5arizona6
arizona2

心配していたが、なかなか美味しかった。

ただし、店の方が、テーブルに座って新聞を読んでいる。

これではダメだ!メニューも消費税が含まれていない金額表示だ。

支払うとき高いなと感じる。

サービス精神がもう少しあれば、絶対に流行る店だから残念である。

 

| 下町味散歩 | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH