スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
古い生活雑器「飯茶碗」 No1 伊万里「蛸唐草の飯茶碗」
cya4 

まずは、伊万里「蛸唐草の飯茶碗」

蛸唐草(タコカラクサ)模様は、伊万里の雑器では最も人気のある図柄です。

この「飯茶碗」は、江戸時代後期のものと思います。

唐草文様の一種。渦状に巻く蔓(つる)の外側に、葉を簡略化してつける。

それがちょうど蛸の足の吸盤をおもわせるところから俗に蛸唐草文様と

よばれています。

cya5

形がまろやかで、蓋付きの茶碗である。

内側には伊万里の特徴である模様が美しく描かれている。

| 用の美 | 07:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
100年前の生活雑器「飯茶碗」の美しさ
cya11
 

「毎日時計を替えてみよう」と、32個目「エベル」まで紹介しました

あと 90個ほどありますが、書くのも疲れてきたのでちょっと休憩して、時計の

蒐集より前からコレクションしている生活雑器である陶器・磁器その中でも

「飯茶碗」を紹介してみます。

 

普段生活の中で使われてきた食器。その中でも「飯茶碗」は、毎日使われてきた食器

その中でも最も身近な存在といえます。

それだけに、気にもされませんが、実に多様な模様を持ち、形状もいろいろあり

手に取るとまろやかで暖かいのです。

 

私の持つ「飯茶碗」数点だけを順次明日よりご紹介いたします。

窓際に置いてもこんなに素敵です。

ついでといっては何でしょうが、飯茶碗の後ろに写っているクロックは、

スイス製のELUXA エルクサ」という置時計です。

1947年にスイスのニューシャテルで創業された「エルクサ」は、クラシック

クロックづくりで有名な時計会社です。

ただ単にシルエットがクラシックであるだけでなく、製造工程にも伝統の手造り

の熟練技術を用い、また、ムーブメントも自社製を使用しています。

最低5年は寝かせたキャビネットの木、フリーハンドで丁寧に描かれる

昔からの花模様など、伝統芸を受け継いだ逸品です。

これも私の普段使いの時計 No.33 「エルクサ」として紹介しておきます。

eluxa

| 用の美 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH