スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今年「咸臨丸 太平洋横断150周年」ですが、坂本龍馬とのかかわりは?
 

幕府の軍艦「咸臨丸」、艦長は勝海舟。

勝海舟は、1860年(万延元年)に日米修好通商条約批准のためサンフランシスコを往復

したのです。

 

坂本龍馬は、勝海舟に弟子入りしたといわれていますが咸臨丸が米国に渡った時、

彼はどうしていたのでしょうか?

 

実は、坂本龍馬が勝の屋敷を訪ねたのは、1862年(文久2年)の3月のことだったのです。

勝海舟を訪ねる前、坂本龍馬は土佐勤王党で攘夷を唱えていました。

遣米使節の前に勝を訪問していたら、坂本龍馬も咸臨丸でアメリカに渡っていたかもしれません。

katu 
                          勝海舟

勝が米国に渡ったのは、2年前のことでしたので、坂本龍馬が勝邸を訪れたときに

当時のアメリカの話を聞かされ、外国の底力をはっきり認識したと思われます。

そして、新たな目標に向い走りだしたのでした。

坂本龍馬 数え28歳の時でした。
ryoma
                     坂本龍馬
| 坂本龍馬 | 07:45 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
岡田以蔵のウエブ上にある写真は、違っています
izou 

この写真の人物が、「人きり以蔵」だとしてネット上にながれていますが、
この人は
「岡田井蔵」(おかだ いぞう)同姓同名であるが、

咸臨丸でアメリカに渡った、教授方手伝の幕府役人である。

 

「龍馬伝」で佐藤健が演じ、人気沸騰している人切り以蔵(岡田以蔵)

いままで誰も注目していなかったが今年はじめて命日祭が行われたという

ニュースが流れた。

私のグログで5月11日に書いたが、この時の写真もニュースに載ったものだった。

 

しかし、咸臨丸のことを調べていてとんでもないことに気が付いた

kanrin 

咸臨丸の乗組員の写真の中に以蔵とされた人物がいたのだ

写真右から2人目の岡田井蔵である。一番右はなんと福澤諭吉である。

名前をみると岡田蔵  が違う

まったく別人の写真を人切りイゾウとしてWeb上に流されていたのだ。

 

人切り以蔵

武市瑞山の命のまま岡田以蔵は、土佐藩・下横目の井上佐一郎や幕府派の

めあかし・ましらの文吉など反対派、幕府派の人間を次々に暗殺する。

武市の指示のまま暗殺を続ける以蔵の将来を案じた坂本龍馬は、彼を勝海舟の

護衛役にして、暗殺稼業から引きはなそうとしたが、「人切り」になってしまった

人間を立ち直らせることはできなかった。

以蔵も捕らえられ牢に入れられた。

以蔵が拷問を受け、口を割ることを心配した武市は、以蔵毒殺を計画する。

これを知った彼は、武市に裏切られた怒りと悲しみから、これまでの暗殺事件の

一切を自白して斬首される。 武市も同時に切腹となった。
| 坂本龍馬 | 07:27 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
大河ドラマ「龍馬伝」お龍さん登場
maki 

「龍馬伝」

坂本龍馬の妻・楢崎龍(お龍)役を演じるのは「真木よう子」さん

真木さん演じるお龍は5月30日放送の第22回に初登場。

航海術を学ぶ龍馬たち土佐藩士に帰国命令が入るが、帰国を拒む

龍馬たちは再び脱藩の身となる。

なつ(臼田あさ美さん)に岡田以蔵(佐藤健さん)を探してほしいと頼まれた

龍馬が、京で以蔵を探し、扇岩という宿に泊まると、宿屋の主人と言い争う

女・お龍がいた。妹たちを助けに行こうとしていたお龍に龍馬は5両を渡し、

再び京の街に出る……というストーリー。

 ryou
               実物のお龍さん

お龍は、青蓮院宮家の侍医・楢崎将作の長女で、京都の寺田屋で幕吏に

襲われて負傷した龍馬を助け、龍馬と共に薩摩へ向かった。

そこで鹿児島県の塩浸温泉などを訪れたのが、日本初の新婚旅行だったと

いわれる。

その後、長崎から下関へと移り住み、日本中を飛び回る龍馬を支えた。

1867(慶応3)年に龍馬が暗殺されてからは、各地を渡り歩き、

横須賀の地で1906(明治39)年に没した。

| 坂本龍馬 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
韓国紙も福山雅治は「日本のチャン・ドンゴン」(龍馬伝)
 

22日付の韓国紙、中央日報は土曜版別冊で、日本で人気を博している

NHK大河ドラマ「龍馬伝」で主人公を演じている福山雅治さんや

坂本龍馬について特集している。

fukuyama

 「出口が見えない日本、英雄、龍馬の復活を願う」と題して、4ページに渡り、

福山雅治さんとのインタビューや歴史小説家、童門冬二氏による坂本龍馬に

関する寄稿文を詳しく掲載している。

 韓国メディアとのインタビューは初めてという福山雅治さんは、

大河ドラマ「龍馬伝」の人気ぶりについて「出口が見えず先に進めないような

現状を打破できる、誰も思いも寄らない新しいアイデアを、龍馬なら

考え出してくれるのではという期待感を持てるからだ」と答えている。
どう考えても民主党は、坂本龍馬にはなれなかった・・・

 特集の中では、福山雅治さんを

「日本のチャン・ドンゴン+チョン・ウソン」と人気韓流スターにたとえて紹介している。
| 坂本龍馬 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岡田以蔵:刑死後145年目、初の命日祭を高知・真宗寺山にて

幕末に“人斬(ひとき)り以蔵”と恐れられた土佐勤王党員、
岡田以蔵(1838〜1865)の命日に当たる5月11日、
高知市薊野(あぞうの)北町1の真宗寺山にある墓前で、
刑死後145年にして初めての命日祭が開かれる。これも「龍馬伝」効果か・・・
izou

岡田以蔵(以下:以蔵)は、1838年土佐郡江ノ口村の足軽の長男として

生まれました。そこには以蔵の他、6件の家が並んでいたので、

「七軒町」と呼ばれていました。これにちなんで、土佐勤王党の密書や文章の中に

「七以」と出てきますが、これは以蔵のことを指す暗号だったようです。

以蔵の父は下士の足軽でしたが郷士という身分をお金で買いました。

 

吉田東洋暗殺を取り調べていた土佐藩下目付けの

井上佐一郎を暗殺したときから、

以蔵の人斬りとしての人生が始まったのです。

その後、天誅と称して、暗殺を繰り返していくのです。

一時は坂本龍馬の紹介で、勝海舟の護衛をつとめました。

勝海舟は武市の以蔵に対する扱い、勤王党の行く末を思い、

坂本龍馬のように武市と決別するように促しますが、頑固な以蔵の心を

変えることはできなかったようです。

 

隆盛を誇っていた土佐勤王党ですが、1863(文久3)年8月18日の政変後、

急失速を辿ります。そして、山内容堂を中心とする土佐勤王党弾圧が一気に高まります。

武市も捕縛されてしまいます。

その後、以蔵は京に潜伏していましたが強盗として捕らえられ、土佐に送られるのです。
そして、以蔵はもちろん土佐勤王党の志士たちは拷問をうけるのです。

武市はこのままでは拷問の苦しさに以蔵が全てを自白してしまうのでは、と疑念を抱きます。

そして武市は以蔵の毒殺を図るのです。しかし、それは未遂に終わりました。

その武市の裏切りを知った以蔵は、これまで拷問に耐えてきましたがついに全てを

自白してしまうのです。それにより武市の罪状が決定されました。
武市のために、命あらばと多くの人を斬ってきた。しかし、その信じていた人に、

数少ない心を開いていた人に、裏切られた以蔵でした。

そして、1865年(慶応元)年、打ち首、晒し首となりました。

また、武市は切腹を命じられました。

| 坂本龍馬 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
龍馬は大男ではなかったのか…169cm62kg
 

山梨県甲州市塩山上井尻の郷土史研究家、矢崎勝巳さんが

写真から体格を測定する方法を考案し、幕末の志士・坂本龍馬

(1835〜67年)の身長を169センチ、体重を62・1キロと算出した。

 平均身長が150センチ台だった幕末当時、龍馬の身長は5尺7寸

(173センチ)とも6尺(182センチ)とも伝えられ、長い間大男だった

とされてきたが、一石を投じそうだ。

ryoma
 矢崎さんは、当時の着物の襟幅が6センチか6・5センチの2種類しかない

ことに着目した。6センチとすると背が低くなりすぎるため、6・5センチとして

龍馬の立位の肖像写真で169cmと算出した。

高知市の高知県立坂本龍馬記念館では、龍馬の身長を173センチと紹介している。

歴史研究家・平尾道雄の著書「龍馬のすべて」の中で、土佐藩出身で宮内大臣を

務めた田中光顕が龍馬を「5尺7寸」と説明した記述が根拠だ。

個人的には、龍馬は 5尺7寸。当時の平均身長が150cm台で考えると

やはり大男でいいと私は思う。しかし62.1kgの体重はやせすぎであったと思う。

| 坂本龍馬 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
坂本龍馬が、外国には敵わないと認識させられた、その黒船の大きさは?

当時日本が所有する大型船は、千石船(せんごくふね)と呼ばれていたが、

千石船の総トン数は 約百トンであった。

ペリー艦隊の旗艦「サスケハナ号」は、2千4百50トン

全長 78メートルであった。


日本人から観たら、鋼鉄の山が浮かんでいると感じたに相違ない。

この大きさの鋼鉄製の船が4隻、突如現れたらまさに脅威である。

十代の坂本龍馬は、まじかでこの黒船を観たのだ。
その驚愕ぶりは想像できる。

sasque 


旗艦の「サスケハナ」
 なんだか「佐助・花」と日本語のように感じるが

実際これは英語の名なのである。

 Susquehanna」とはニューヨーク州からペンシルバニア州に流れる

川の名前で、ネイティヴアメリカンの部族「サスケ(Susque)族」の

川(hanna)という意味だそうである。

 

嘉永6年、このときの4隻は、2隻の大型蒸気船と2隻の大型帆船であった。

4隻で大砲を63門持つ強力な軍船である。


旗艦は汽走軍艦

「サスケハナ号 Susquehana 」1853,1854来航、1853
外輪フリゲート。1850.4.5進水。全長78.3メートル、排水量2450トン、乗組員300名。

 

汽走軍艦

「ミシシッピ号 Mississippi」 1853,1854来航
外輪フリゲート。1841.5.5進水。全長68.6メートル、排水量1692トン、乗組員268名。

 

帆走軍艦

「サラトガ号 Saratoga」 1853,1854来航
スループ。1842.7.26進水。全長45.7メートル、排水量882トン、乗組員210名。

 

帆走軍艦

「プリマス号 Plymouth 」1853来航
スループ。1843.10.11進水。全長44.8メートル、排水量989トン、乗組員210名。

 
| 坂本龍馬 | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
坂本龍馬の人生暦

                    ryoma

坂本龍馬の短く太い人生略暦

1835年 天保6年      11月15日 高知城下の郷士坂本八平の次男として誕生

1853年 嘉永6年 19歳  4月頃 江戸の北辰一刀流千葉定吉道場に入門

                   ペリー来航時、土佐藩臨時御用として品川沿岸警備

1861年 文久元年 27歳  9月 土佐勤王党に9番目に加入

 

1862年 文久2年 28歳  1月14日 長州萩で久坂玄瑞に会う

                   10月頃 勝海舟を訪問し、その場で弟子入りする


1864年 元治元年 30歳  6月5日 池田屋の変で同志・北添佶馬らを失う

                   8月頃 勝の使者として西郷隆盛と面会


1865年 慶応元年 31歳  5月1日 鹿児島西郷宅に逗留

                   閏5月6日 木戸孝允と面会する

                   閏5月 薩摩藩の援助を得て、亀山社中を設立

                   6月24日 京都薩摩藩邸に入り西郷と会見。
 薩摩藩名義で長州藩に武器購入する事を承諾させる


1866年 慶応2年 
32歳  1月21日 薩長同盟成

                   1月23日 伏見寺田屋で奉行所役人に襲撃される

                   3月5日 西郷らの勧めで、お龍と共に鹿児島へ治療と
                   新婚旅行。


1867年 慶応3年 33歳  4月 亀山社中を改組して海援隊と称し、海援隊長となる

                   4月23日 瀬戸内海で紀州藩船明光丸といろは丸が衝突し、 
                   いろは丸沈没

                   5月29日 いろは丸事件の賠償金問題が解決

                   6月9日 夕顔艦で後藤と共に長崎を発し上京。
                   「船中八策」を 提案する

                   10月14日 慶喜が大政奉還を上奏。この日薩長両藩に討幕 
                   の密勅が下る

                  11月15日 近江屋で中岡慎太郎と共に襲撃を受ける龍馬 
                      は即死


30歳からの4年間は、まさに人の何百、何千倍にも匹敵する仕事を成し遂げた

京都、江戸、長崎、鹿児島と、交通事情がわるい幕末に日本中を動き回り

各藩の要人と折衝を行い、問題を解決していった。

まさに生き急ぎだったのかもしれない。(数え33歳、満31歳での没である)

 
| 坂本龍馬 | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
坂本龍馬が使っていた、幻の陶磁器といわれる「亀山焼」

kameyama7
もう1点坂本龍馬愛用の「亀山焼」飯茶碗
これには、龍が描かれている。
龍馬であるから「龍」にこだわったのだろう。
下の写真は私の持つ伊万里の色絵
龍の猪口であるが龍の描き方は非常に似ている。

kameyama6

昨日書いた坂本龍馬愛用の湯呑みと同型の私の湯呑みについてであるが

「亀山焼」であろうと書いたが、調べてみるとこの窯(かま)は、

50年しか陶製していない幻の窯であることがわかった。

加えてこの窯の跡地に坂本龍馬の「亀山社中」が設立されたことが判った。

亀山というとシャープのアクオス「亀山モデル」が印象強いが、
この亀山は、三重県の亀山でなく長崎なのである。
 

亀山焼(かめやまやき)は、江戸時代後期の長崎で作られた陶磁器。

上質の白磁に中国から輸入された呉須による文人画風の絵付けが特徴。

製陶期間が約50年と短く、伝世品が少ないことから幻の焼き物と呼ばれる。

坂本龍馬の愛用茶碗は、亀山焼であった。

 

「亀山焼」の歴史
文化4年(1807年)、大神甚五平・山田平兵衛・古賀嘉兵衛・万屋古次吉に

よって長崎伊良林垣根山で開窯されました。

創業資金は長崎奉行所産業御調方からの借入金でまかなわれ、

当初はオランダ船が需要する水甕を焼くための窯だったことから

亀山焼と命名されたともいう。

ナポレオン戦争の影響で外来船の寄港が大きく減ったため長崎奉行所の

指導の下、文化11年(1814年)に大村藩の波佐見焼や長与焼に関る

陶工を招いて白磁染付の製作に転換。

原料の粘土は上質の天草陶石や中国の蘇州土を使用。

顔料も良質の花呉須を中国から取り寄せた。

崎陽三筆と称される木下逸雲・祖門鉄翁・三浦梧門や当時豊後に

居住していた田能村竹田など著名な文人が下絵を引き受け、

文人画風の雅味のある絵付けとなった。

 

文政2年(1819年)には大神甚五平の単独経営となり、

寛政・天保年間には全盛期を迎え、その品格の高さが評判となった。

天保10年(1839年)、大神甚五平が65歳で没し、二代目甚五平が窯を引き継ぐ。

慶応元年(1865年)3月、財政難のためついに廃窯となった。

 

同年、小曽根乾堂の資金援助を受けて亀山焼工場跡地を高田利平が購入。

同年から二年間、この地が、坂本龍馬が率いる亀山社中の活動拠点となった

 

坂本龍馬の「亀山社中」と「亀山焼」は、大いに繋がりがあったのである。

 
| 坂本龍馬 | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
坂本龍馬が使っていた湯呑みと同型の湯呑みが家にあった
自宅で坂本龍馬に関係するとんでもないものを見つけた

龍馬の遺品がある本に紹介されていた

「龍馬が身につけていた品」として

 yunomi

刀「吉行」

スミス&ウエッソンと同型のピストル

yunomi1 

そして亀山焼の飯碗と湯呑み

(下関市立長府博物館蔵)

 

 この湯呑みと同型の湯呑みが家にあった。びっくりである。

 たぶん実家にあっったものだと思う、というのは私の趣味では蕎麦猪口は

 「伊万里」と決め付けていたのでそれ以外を買うことはなかったからである。

yunomi3 

写真と並べてみると絵柄は、微妙に違うが口絵や基本デザインは共通である。

ゆえに、私の所有するこの湯呑みも長崎の「亀山焼」であると推定できる。

yunomi4 

この窯は、慶応元年に坂本龍馬が亀山社中を構える直前に廃窯されたのだが

龍馬がまだ入手できるものであった。

これは、龍馬が下関滞在のころ愛用した品で、のちに東上するさい記念品として

長府藩士印藤津に贈られたものだそうである。


私の持っている蕎麦猪口で一番古いのは「江戸初期」のものであるが

この幕末の品は時代的には新しいほうである。
koimari
江戸初期に造られた「こんにゃく判」と呼ばれる印判手の小型猪口

| 坂本龍馬 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH