スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「食は広州に在り」中国・広州・香港の旅<6>
沙面から花園酒店までタクシー代金24元(385円)、日本だと1200円ぐらい
の感じの距離。やはり安い。
体調を壊し食べ歩きができないので妻には申し訳ない、彼女もホテルでエステでも
行ってリラックスするとホテルのエステサロンへ
私はテレビでもみるとしょう。
NHKの衛星が部屋で観れるので助かる。
今日は日本にいるとあまり観ない「紅白歌合戦」を始めから観れそうである。
1時間半ぐらいで妻がエステからもどってきた。600元だったそうだ。(約1万円)
時差が1時間で紅白まで少し時間がある。
ホテルのレストランで中華の粥でも食べることにする。(なさけない・・・)
kousyu14
翌日
朝 9:05発の電車にて香港へ行くスケジュール。
ホテルのシャトルバス(無料)で広州東駅にホテル8:00発で連絡していた。
大きなホテルはこのようなサービスがあるので助かる。
香港は中国に返還されているのだが、まだイミグレーションがある。
規制がないと、中国の人たちが大挙して香港に押し寄せ大変なことになってしまう
からだ。
広州から香港・紅磡(ホンハム)まで2時間弱。2ヶ所停車するだけで快適な電車である。
kousyu15
チケットは、1等で190元(3000円ぐらい)
到着駅は 九龍紅磡(クーロンホンハム)駅。
行くまでの計画では、昼食をこの紅磡のそばに、蔡蘭美食坊というビルがあり
この中に台湾の小龍包の名店「ティンタイフン」や坦々麺で香港一の
詠來園(Wing Lai Yuen)があり、ここで食べるつもりであった。
まだ、腹が不調なのであきらめタクシーでペニンシュラ・ホテルへ行き、チムサチョイからコーズウエイベイの宿泊ホテルへ。
今回のホテルは、コンラッドホテルである。
コンラッドは、東京にも支店があるが、ヒルトン系の最上級ホテルである。
何度も泊まっているので慣れているし、下には、パシフィックプレイスという
ショッピングモールがあり買い物にも便利なのだ。

しかしながら、パシフィックプレイスも来るたびに買い物客が減っている気がする。
店も入れ替わっているが閉店状態のスペースは無いのだが何故かさびしい。
香港にも活気が感じられない。
その点中国・広州のほうが、これから買うぞという意欲が感じられる。
昼食にアイランド・シャングリラの2階のベランダに行ったところ予約で満席入れない。
近くの米国系ホテルJWマリオットでランチブッフェをとった。
1名235H$(3800円ぐらい)私は紅茶とサンドイッチ、これでも200Hドル
あまりかわらない。そうするとここのランチブッフェはかなりお徳。
今回も満席であった。
今回何か買いたいものがあるわけでないので、ホテルの部屋でゆっくりくつろぐ。
少しづつ体調はもどってきた。
| 世界の旅 | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
帰ってきました
昨日パリから帰国しました。
本日は、”パリパリ”(バリバリとまではいきません)仕事です。
 今回の旅は文化面で刺激的でした。
写真を撮った枚数が、何と1500枚!
これまでの最高です。
もし、フィルムカメラだったらプリント代金が大変なことになってしまう
ところです。デジタルはすごい(Sony Cyber-Shot DSC-T10)
これから皆さんに「アルザス物語」を少しずつご紹介していきますので
ご期待ください。
本当にいいところでした。
| 世界の旅 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アルザスを旅する(フランス)6
bijyutu
帰国の飛行機は、夜22:05発のJAL416 であるので1日ゆっくりできる。
ホテルは、昼チェックアウト。荷物だけ預かってもらい、パリ観光。
美術館廻りの予定
20時ごろシャルルドゴール空港へ行く。
| 世界の旅 | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アルザスを旅する(フランス) 5
mon
ホテルチェックアウトし、レンタカーを運転し、ストラスブルグ空港へ
空港のハーツ事務所にレンタカーを戻し
(なんと前日12日は日曜でレンタカーの事務所が休みなのだ。日本では考えられない)
AF7763 10:40発でパリに向かう11:50パリ着
この日は、パリ観光、宿泊は、リラ・サントノーレ
久しぶりのパリ。のんびりモンマルトルかモンパルナスでも行ってみようと思う。
| 世界の旅 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アルザスを旅する(フランス)4
colma
コルマールがアルザスワインの首都と称されているのが実感できます。
奇跡的に戦災を免れ、石畳にルネッサンスの面影を残す小さなこの街は徒歩で
散策するのが最高です。車をおいて歩いて旧市街を散策しましょう。

コロンバージュと呼ばれる木組みの家々、パステルトーンの家々の壁、運河に面しPetite Venise(小ベニス)と呼ばれるクリュトー地区、覗き込んだ路地がすべて
絵葉書になりそうな、しっとりとした風情を感じさせる小都市です。
特にマルシャン通りからグラン・リュ通りの一帯は、コロンバージュが続き中世
の雰囲気が感じられます。
夕刻に車でストラスブルグへ向かう。
ストラスブルグ宿泊は、ホテル・ボウクール
| 世界の旅 | 09:31 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
アルザスを旅する(フランス)3
8月11日(土)
イルハーゼンを後に、カイゼルスベルグ、チェルクハイム経由して
コルマールへ入る。
alzas
カイゼルスベルグはまるで真珠のネックレスのようにかわいい家が連なっている、
そして高い塔の上には、コウノトリが巣をつくる。
ブドウ畑が広がる村チェルクハイム。
コルマールの宿泊はルネサンスの館「ル・コロンビエ」である。
| 世界の旅 | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アルザスを旅する(フランス)2
figa
私たち2人の指南書は、マダム「FIGARO」2006 1/5 20号と
2000年発行されたフランスの田舎特集号である。
今回の宿泊するホテルは、すべてフィガロに紹介されたホテルであり、
自分たちでインターネットで申し込んだ。
実際アルザスについて調べようと資料を探したが、ほとんどないのだ。
このフィガロが最も詳しくポイントを押さえ特集していることが分かった。

本日は、昼までストラスブルグを観光し、午後からハーツレンタカーの
ダウンタウン営業所で車を借りアルザスへ・・・
今日の予定は、オベルネ、リクヴィール、リボウィルそして宿泊する
イルハーゼンである。
berge
特にこのイルハーゼンの 「HOTEL DES BERGES」が楽しみである。
| 世界の旅 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アルザスを訪ねて(フランス)1
アルザスを訪ねる  
一度旅程のもとにエッセンスのみを書いてみます。
帰国後撮ってきた多くの写真から美しいものを選び
「素晴らしきアルザスを旅して」として、再度詳しくお知らせします。
ご期待ください。
stras
8月9日(木)成田出発でフランス・アルザスへ向かう
この日は、パリ経由で国内線でアルザス地方の最大都市ストラスブルグ
へ丸1日かけて行く。到着が日本からパリまで約13時間+パリから
ストラスブルグまで約70分
一日がかりなので、この日は、ストラスブルグで寝るだけである。
宿泊は、ホテル・メゾン・ルージュである。
ホテルの前の通りは、町並みを保存するために車の乗り入れは、
禁止で路面電車が走る。
そのためホテルは静かで、19世紀のステンドグラスなど趣のある調度品で
落ち着いた雰囲気。
| 世界の旅 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH