スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
1昨日、英国映画「炎のランナー」、続いて昨日米国映画「マンハッタン」を観た
manha1 


1979年公開の「マンハッタン」は、ニューヨーク・マンハッタンを舞台にウディ・アレン

演じる2度の離婚歴がある中年作家アイザックと17歳の恋人、そして元妻や

友人ら、都会で生きる人間の恋模様を描いた物語。


manha
 

全編にジョージ・ガーシュインの音楽を用いたことでも注目された。

 

アレン扮する中年男アイザックは、TVライターとしては売れっ子だったが、シリアスな

小説に転向しようと産みの苦しみの最中。

彼は小粋なレストランで友達と共にテーブルを囲むのは大学教授のエール

(M・マーフィ)と妻のエミリー(A・バーン)。そして、現在、彼が同棲中の17歳の

高校生トレーシー(M・ヘミングウェイ)。どちらかと言えば彼女の方が夢中で、

アイザックはこれ以上深みにハマるのを彼は恐れている。

 

過去に二度の結婚に失敗している彼。現在の彼の最大の悩みは2度目の妻が

彼との生活を暴露した小説を書こうとしていること。ある日、彼はMOMAを見物中の

エールが連れていた浮気相手のメリー(D・キートン)に恋をする。

雑誌のジャーナリストの彼女の似非インテリ臭さは鼻持ちならないが、再びパーティで

出合った二人は完全に意気投合。夜が白み始めるまでマンハッタンを散策する。

高校生のトレーシーと別れる。

しかし、相手メリーは友人エールとよりをもどす。

最後、トレーシーを訪ねにマンハッタンを走りに走る、その姿は哀れを誘う。

G・ウィリスの白黒撮影が秀逸だ

| 映画 | 07:04 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
懐かしい洋画を観たくなったにで、昨日「炎のランナー」DVDで
1924年、第8回パリ・オリンピック出場の際、勝つだけでなく、人種、宗教を

考えさせられるドラマだ。

ずっと以前に観ている映画なのだが、今観ると違う面がみえてくる。


honoo

「炎のランナー」(Chariots of Fire)は、1981年公開のイギリス映画

監督はヒュー・ハドソン

第54回アカデミー賞作品賞受賞作品。

当時の時代背景の中で権威主義的排他的なイギリスを描きながらもイ

ギリス的尊厳を彫り込んだ作品になっている。


honoo1

ハロルドとエリックたちケンブリッジ大の学生がオリンピック選手に選ばれた。
ハロルドは100mと200m、エリックは100m、アンディは400mとハードル、

ストラードは1600m、オーブリーは障害物競走などである。

 

ユダヤ人であるハロルドは、人種偏見に打ち勝つために走る。

敬虔なクリスチャンであるエリックは、俊足を神の贈り物と受け止め、『神のために走る』。
かし、敬虔なクリスチャンのエリックにとって、オリンピック出場が危ぶまれる事態が起こった。
100m走の予選が安息日である日曜日に行われるというのだ。伝道師の立場としてエリック

出場を辞退する。

アンディが部屋に入って来た。彼はすでにハードルで銀メダルを獲得していた。

そして彼の400m出場の権利をエリックに譲ると申し出たのだった。

| 映画 | 07:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
映画の舞台は、HIV孤児生活施設バーンロムサイが運営する「hoshihana village」

バーンロムサイは両親をエイズで亡くし、自分たちもHIVに母子感染した

孤児たちの生活施設なのです。

ジョルジオ アルマーニ ジャパン社の資金協力を得て、1999年12月に

タイ北部のチェンマイ市郊外に開設されました。

2012年1月現在、1歳から18歳まで30名の子ども達が暮しています。


barn

映画「プール」の舞台となった施設は

バーンロムサイと隣接する土地にある「hoshihana village」。


運営費を寄付だけに頼らず、自分たちでも生みだしていきたいという思いと、

将来子どもたちが自ら運営していけたらという願いを込めて営まれています。

現在、バーンロムサイの子どもたちは抗HIV療法のおかげでエイズを発症する

不安はほぼなくなりましたが、いまだ進学や就職での差別と偏見は根強く残っています。


子どもたちが何か好きなことを見つけ、それを仕事にして自立できればという思いで

サポートしていますが、 30人すべてが社会に出て希望通りの職に就くということは

容易ではありません。将来子どもたちの働く場を近くに設けたいと考えていたところ、

この考えに賛同いただいた支援者の方たちがコテージ4棟を寄付してくださいました。

hoshihana village」の宿泊料はバーンロムサイへの支援となります。


また、日本国内では、俳優の柴俊夫さんと奥様が主体となって
一般社団法人「こどものための柴基金」を設立、多くの子供たちのために援助活動を
行っていらっしゃいます。
私も友人からの紹介で、その活動のお手伝いとして、イベントなどでチャリティとして
品物を提供してその売上を寄付する活動を何年かに渡り行っております。 
| 映画 | 07:48 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
小林聡美主演の映画「プール」について

pool6

「プール」
は、2009年9月12日公開されました。

漫画家・桜沢エリカが映画化を前提に書き下ろした原作を基に、

監督・大森美香が撮りました。

 

キャッチコピーは「理由なんて、愛ひとつで十分だ」。

タイチェンマイを舞台に、プールがあるゲストハウスに集った5人の

6日間の物語。

撮影された場所は、「バーンロムサイ」である。

小林聡美も主演を務めている映画「めがね」「かもめ食堂」から多くのスタッフを

引き継いでいる。

また、小林は劇中歌「君の好きな花」を作詞、作曲、ギター演奏と歌に初挑戦し、

本編中でもギターの弾き語りで披露。

「かもめ食堂」の主題歌は井上陽水さんが歌った「セクシーラブ」だった。


pool2
 

「プール」には、特に大きな物語はなく、
タイのチェンマイを舞台にゆるやかな生活を送る面々。
4年前自分を置いてタイで暮らし始めた母・京子(小林聡美)を、
久しぶりに訪ねてきたさよ(伽 奈)が空港に到着するところから、
この映画は静かに始まる。
京子は何不自由なく、ゲストハウスで共同生活を送っていた。
その光景が少し気に食わなく、
さよは夕食に混じらずにそのまま部屋に入った。
この映画では少しだけ登場人物たちの背景が映る。


pool
 

ゲストハウスのオーナーの菊子には、もたいまさこ。
京子の仕事を手伝っているやんわりとした青年・市尾には加瀬 亮。
そして、母親を探し続けて一緒に住んでいる現地の子供・ビー。
この不思議な共同生活に馴染めず、
自分を置いてこのチェンマイで見知らぬ人たちと、
そして、ビーという子供と暮らすことを選んだ母親が許せない、さよは
素直になれずに戸惑いを感じ、自分を表に出さない。
そんなさよも次第にこの空気に心を開かれてゆき、
最後にはゆったりとした気持ちを取り戻して帰国する。
その6日間を切り取った映画である。

大好きなチェンマイを舞台に撮った映画ということだが

チェンマイの街がほとんど出てこない。

少し市場が出ただけで、舞台のプールのある「バーンロムサイ」だけで

撮影されたのだろう。

チェンマイには魅力的な場所が数多くある、それを映すだけでも心を癒すことができる。

少しもったいない感じがする。

 

ただし、撮影の舞台「バーロムサイ」について私は、前から知っていて少し援助活動も
していました。

 
| 映画 | 07:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
再度DVDで「かもめ食堂」を観なおしてみた

コピ・ルアクが映画「かもめ食堂」の中で出てきたのは覚えているが、

どのような形で出てきたか、はっきりしていないので、昨夜映画を見直してみた。

 

前の店主が、コーヒーを美味しく淹れるのに、挽いたコーヒー豆に

指をいれ「コピ・ルアック」と唱えるとコーヒーが美味しくなるといいながら

コーヒーの淹れかたを教えるシーン。

 

kamome4
 

そして、店に残した焙煎器を盗みにはいって捕まったが許され、そのおわびに

本物の「コピ・ルアック」をサチエ(小林聡美)に贈り、

食堂の皆で飲むシーンがある。


kamome
 

「ルアック」がジャコウ猫を意味するのだ。

 

この映画本当に「ほんわか」していて独特の流れがある。

サチエ、ミドリ、マサコのキャラクター。

小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ この3人のリズム
全てが気持ちいい。
そしてちょっぴり不思議だ。
コメディ的な会話も要素もテンポが良くて小気味いい。
そしてそれらを全体に包み流れる空気が、ゆるやかで優しく心地よい。
温かい。

同じような映画に同じく小林聡美主演のタイのチェンマイを舞台にした
「プール」がある。
 
この映画「プール」について明日書いてみます。
| 映画 | 07:05 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
「風立ちぬ」の主人公・堀越二郎は実在の人物だった
horikoshi
 

堀越二郎(ほりこし じろう)

本作の主人公。子供のころから飛行機に憧れ、東京の大学で航空工学を学んだ。

その後、ドイツへの留学を経て、航空技術者として数々の戦闘機を設計する

ことになる。

七試艦上戦闘機の開発では、初めて設計主務を任されるが、同機は飛行試験中に

垂直尾翼が折れて墜落した。失意の中、休暇で訪れた長野県北佐久郡軽井沢町

菜穂子に出会う。その後、九試単座戦闘機の試作一号機に逆ガル翼を採用するなど、

独創的な設計を行い、その非凡な才能を開花させる。

実在の人物である航空技術者の堀越二郎をモデルとしている。


horikoshi2
                                            本人と口元のイメージがそっくりだ

里見 菜穂子(さとみ なおこ)

本作のヒロイン。療養のため訪れた軽井沢町にて、二郎が作った逆ガル翼の

紙飛行機が縁で知り合いになり、のちに交際するようになる。

本作オリジナルの架空の人物である。

名前の由来は堀辰雄の小説「菜穂子」に因む。

 

堀辰雄の小説「風立ちぬ」が映画の筋ではなかったのだ

| 映画 | 07:47 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
荒井由美さんの「ひこうき雲」が主題歌に起用された映画「風立ちぬ」

hikouki1

「スタジオジブリ」最新作、宮崎駿監督の映画
「風立ちぬ」

 

実在の人物でゼロ戦の設計者として有名である堀越二郎モデルに、

その半生を描いた作品であるが

堀辰雄小説「風立ちぬ」からの着想も盛り込まれている。

そのため映画のポスターには両名の名を挙げており、2012年に公表された版では

「堀越二郎と堀辰雄に敬意を表して」、

翌年公表された版では「堀越二郎と堀辰雄に敬意を込めて」と記されている。

 

実際のエピソードを下敷きにしつつもオリジナル要素を盛り込んだストーリーが

展開されるため、堀越の遺族に対して事前に相談し了解を得ている。

主人公の性格など人物像にもオリジナル要素が盛り込まれているが、

その点についても堀越の息子は「そんなことは無論構わない」]と快諾した。

 

あらすじ

航空技術者として活躍した堀越二郎が、主人公のモデルとなっている。


hikouki
 

七試艦上戦闘機九試単座戦闘機零式艦上戦闘機設計などを手掛けた、

堀越二郎の生涯が描かれている。

東京名古屋ドイツを舞台に、二郎の10代から30代までを中心に物語が

展開され。航空技術者としての活動とともに、オリジナル要素であるヒロイン

との恋愛シーンも盛り込まれている。

 

舞台は1930年代。飛行機にあこがれる少年、堀越二郎は上京し、旧制一高から

東京帝大の航空学科へ進学する。関東大震災に遭い、

そこでヒロインの菜穂子と運命の出会いを経験。

航空機製造会社に就職後は、初めて設計した七試艦上戦闘機を完成させる……。


当時の世相や震災の惨状などを背景に、堀辰雄の恋愛小説「風立ちぬ」を織り交ぜ、

二郎の成長していく姿を描くフィクションで、これまでのファンタジックな

宮崎アニメとは一線を画した作品。 
| 映画 | 07:20 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
日本映画を見直す缶擴七嘆雋篤帖崙鷭住佑瞭掘
24e
 

木下恵介監督の「二十四の瞳」を観た。

1954年9月14日に封切られた「二十四の瞳」(にじゅうしの ひとみ)は、

1954年(昭和29年)に公開された松竹大船撮影所製作、

木下惠介監督・脚本、高峰秀子主演による日本映画だ。

 

日本が第二次世界大戦を突き進んだ歴史のうねりに否応なく飲み込まれていく

女性教師と生徒たちの苦難と悲劇を通して、戦争の悲壮さを描いた作品である。

1952年(昭和27年)に発表された壺井栄の小説『二十四の瞳』が原作であり、

この2年後映画が公開された。

 

木下惠介監督生誕100年となる本年、テレビ朝日でも

日本中が泣いた不朽の名作を
松下奈緒主演でこの夏ドラマ化!


24
 

一人の教師、十二人の生徒、
二十四の瞳に、平和を願う心を託す。

木下惠介生誕100年、平凡な一女教師の笑いと涙を通して
理想の教師像、人間の幸福と平和を見つめる。

1954年木下監督作品に出演していた12人の子役は
現在も同窓会を開いているということが報道されていた。
いい映画は、いい友達をつくるのだなあ・・・


| 映画 | 07:06 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
日本映画を見直す殻擴七嘆雋篤
木下恵介

静岡県浜松市伝馬町で食料品店を営む父・周吉、母・たまの8人兄弟の四男

として生まれる。周吉は一代で財を成した立志伝的な人物であった。

浜松工業学校(現浜松工業高等学校)紡績科を卒業後上京。

1933年(昭和8年)松竹蒲田撮影所に入って島津保次郎監督の撮影助手となり、

1934年(昭和9年)には新たに作られた松竹大船撮影所に移り、島津監督の

下助監督となる。1940年(昭和15年)に徴兵され、中国を転戦したが、翌年に

戦傷のため内地送還され帰国した。

1943年(昭和18年)に監督となり、「花咲く港」で山中貞雄賞を受賞し、華々しく

デビューした。

同年、黒澤明も監督デビューし、終生のライバルとして日本映画界を支えてゆく

こととなる。またいわゆる「木下組」からは小林正樹、川頭義郎、松山善三、

勅使河原宏、吉田喜重、山田太一など、多数の映画人が巣立っていった。

1951年(昭和26年)に「カルメン故郷に帰る」で戦後初の長編カラー映画を発表する。

同作は、NHK映画ベストテン第1位、日本映画文化賞を受賞する。

1954年(昭和29年)「二十四の瞳」で、ブルーリボン賞、ゴールデングローブ賞

外国語映画賞などを受賞。同年の「キネマ旬報ベストテン」では同作と「女の園」

黒澤明の「七人の侍」を抑えて1位・2位を独占する。

その後、「戦場の固き約束」などが、興行上の採算性に対する疑義で松竹側から

お蔵入りにされるなどの不遇に遭い、撮影所の不正経理を指弾したことなどから

会社との関係が悪化する。1964年(昭和39年)に松竹を退社し、テレビ界にも

進出してテレビドラマも製作した。


1964年に木下恵介プロダクション(現在のドリマックス・テレビジョン)を設立する。

TBSに「木下恵介アワー」「木下恵介・人間の歌シリーズ」などの固定枠を提供されて

多くのテレビドラマを制作、一部は脚本や演出を手がけた。

また、1969年には黒澤明、市川崑、小林正樹と共同プロダクション「四騎の会」を

設立した。4大巨匠揃い踏みということで注目を集めたが、当初発表された

4人共同監督による映画は結局実現しなかった。

1977年(昭和52年)紫綬褒章を受章、1984年(昭和59年)には勲四等旭日小綬章

を受章、1991年(平成3年)に文化功労者に選出される。


1948年(昭和23年)から晩年近くまで、神奈川県藤沢市辻堂熊の森に住んでいた。

1998年(平成10年)12月30日、脳梗塞のため東京都港区の自宅で死去、86歳だった。

生涯にメガホンをとった映画は49作品。死後その功績に対し、

エランドール特別賞が贈られた。

| 映画 | 07:13 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
日本映画を見直す閏防正行監督「終の信託」

終の信託、
それは 命の終わりを 信ずるものに 託すこと

tui

周防正行監督の
最新作「終の信託(ついのしんたく)」をDVDで観た。

作品を発表するごとに、そのユニークなテーマが話題を集める周防監督だが、

今回、周防監督が選んだのは、現役弁護士・朔立木氏の同名小説。

 

終末医療の現場に おける、愛と死に直面した人間の数奇な運命を、冷静な視点で

描き出すラブストーリーである。

人間の生死をめぐる問題、知られざる取調室での聴取など、重厚かつ息詰まるような

内容で一気にみせる本作。

「Shall we ダンス?」以来16年ぶりのコンビとなる草刈民代、役所広司の共演も

息の合ったものだ。


物語は

1997年、天音中央病院。折井綾乃(草刈民代)は、患者からの評判も良い、

呼吸器内科のエリート医師。

しかし、長い間、不倫関係にあった同僚医師の高井(浅野忠信)に捨てられ、

失意のあまり自殺未遂騒動を起こしてしまう。

そんな綾乃の心の傷を癒したのは重度の喘息を患い入退院を繰り返していた

江木秦三(役所広司)の優しさだった。綾乃と江木は心の内を語りあい、医師と

患者の枠を超えた深い絆で結ばれる。
しかし、江木の病状は悪化していった。自分の死期が迫っていることを自覚した

江木は綾乃に懇願する。「信頼できるのは先生だけだ。
最期のときは早く
楽にしてほしい」と
2か月後、江木は心肺停止状態に陥る。
江木との約束通り延命治療を中止するのか、患者の命がある限り延命の努力を

続けるのか…。
「愛」と「医療」の狭間に揺れる綾乃は、チューブを外すことを選択する。


3年後、その決断が刑事事件に発展する。

検察官・塚原(大沢たかお)は綾乃を殺人罪で厳しく追及。綾乃も強い意志で

その追及に応える…。

しかし、本人との口頭のみの約束事が法に通ずるわけがなく、綾乃は逮捕される。

 

映画の中でチューブを外す行為は、同調できたのだが、外したとたんに患者が

苦しみ、暴れた。これは、まだ回復の可能性を秘めていたのでは・・・・

そんなことも感じられた。

 

終末医療であれば、チューブを引き抜いたら、患者は静かに息をひきとるであろう。

この映画のように最後にかなり苦しみ暴れることでは、まだ生きているという証だ。

やはり、客観的にみて早すぎた医療行為で、殺人行為とも取れることとなろう。


tui1
 
| 映画 | 07:29 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH