<< ウォン、6年半ぶり安値 10月7日のソウル外国為替市場 | main | 多摩川戦隊「コマレンジャー」見参! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「想像を絶する株価下落」麻生首相談
 

8日の東京外国為替市場では、円買い・ドル売りの流れが加速して円相場が急伸、
約半年ぶりの高値水準となる1ドル=99円台に突入した。
米欧の金融不安を背景に、投資家のリスク回避姿勢が一段と強まり、
ドルを売って円を買う動きが鮮明になった。
午後3時現在は1ドル=99円97〜98銭と、前日比2円70銭の円高・ドル安。

円はユーロ、オーストラリアドルなどの高金利通貨に対しても買いが優勢で、
円の独歩高となっている


輸出は大変なことになるだろう。
doru

<東証>終値は952円58銭安の9203円32銭


 8日の東京株式市場は、前日の米国株価が急落したことなどを受け、
取引開始直後からほぼ全面安の展開となった。
日経平均株価は5営業日続落、一時、前日終値比996円09銭安の9159円81銭まで
値下がりした。
終値は同952円58銭安の9203円32銭だった。
終値で1万円を割り込んだのは03年12月以来4年10カ月ぶり。
この株価水準は03年6月30日以来約5年3カ月ぶりの安値水準。

 

麻生首相は8日午後の衆院予算委員会で、
日経平均株価が下落率で戦後3番目の大幅安となったことについて
「普通じゃない。想像を絶するほどだ」と強い懸念を示した。
その上で「先行き不安がものすごく出てきている。
それを何とかするための対策をきちんとしないといけない」と述べ、
追加の経済対策の必要性を重ねて強調した。
| ビジネス | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:06 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH