<< 友人のブログ「豆柴ももたんのLOVELY DIARYでちゅ♪♪」をご紹介します | main | 運慶の仏像に12億円超=三越が落札 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ミラノ散策・レオナルド・ダ・ヴィンチの壁画「最後の晩餐」を見る
カステッロ・スフォルツェスコから西南方へ1キロ足らず、マジェンタ大通りの
なかほどに、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』で名高い
サンタ・マリア・デッレ・グラツィェ(恩寵の聖母マリア)教会がある。
milan14
ドメニコ派修道院付属の聖堂として造られ、1490年に完成した。
『最後の晩餐』の壁画はこの教会の中ではなく、左手の別の入口から入った所、
元の修遣院の食堂にあるのだ。
予約で申し込み、指定された時間に並び15分だけしかみることができない。
ルドヴィーコ・イル・モー口の依頼によりレオナルドがこの絵を描いたのは
1495年から98年にかけて。
戦争中の爆撃で建物は屋根がぜんぶ吹っ飛んでしまうほど壌れたのに、
milan15
『最後の晩餐』が描かれていた壁は鉄材の支えと砂袋に守られて奇跡的に助かった。
爆撃直後の惨状を示す写真が室内に展示されている。
画面では、光は左前方から差し込んで、イエスと十二弟子たちの顔を静かに照らして
いる。背景に三つの窓が描かれており、遠近法の絶妙な効果によって、そこからも
光が差し込んでいるかのように感じられ、イエスの光背の役を果たしている。
「あなた方のうちの一人がわたしを裏切ろうとしている」と爆弾発言を発すのだ。
| 世界の旅・イタリア | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:29 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://peaceman.jugem.jp/trackback/612
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH