<< 2月22日(金)今日は 猫の日だそうです | main | ビルマ滞在No2 ラングーン市内のスナップ写真(ビルマの竪琴) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ビルマ滞在記(ビルマの竪琴)
私が訪ねたのは、ミャンマーが、まだビルマと呼ばれていた時期である。
「エンポーリアム」というビルマ政府が開催する「国際宝飾展」に参加したのだ。
これは、ビルマで産する「ヒスイ」「ルビー」「南洋真珠」を1年に1度集結し
世界中から限られたバイヤーを招待し、国際入札会をひらくのである。
なんとこの政情不安定な国に世界中からバイヤーが集まるのだ
イギリス、フランス、オランダ、アメリカ、タイ、香港、台湾、日本などから・・
(この内容は、また機会があったら書きます)
myanmer
ビルマの印象は
まず、タイからミャンマー航空に乗る際のショックである
フォッカーという古い英国製の機体であった。
あるタイの業者の方の話で、ここ2年ぐらいで何機か墜落しており
あまり機体を持っていない(IATAに所属していないし、軍事政権で公にしない)
すこしビビリながら飛び上がった。途中で食事がでた。
パサパサのサンドウィッチ。なにか分からないジュース。
なんでも食べる私が食べられなかった。

後で聞いたのだが、ミキモトさんのグループ 5人ぐらいは、来ると食事は
すべて、インスタントラーメンなどを持ち込みホテルの食事もとらず、
すべて自炊をしているとのことだった。
(初めて来た年に、食あたりでひどい目にあったそうである)
わたしは、ホテルでは食べたが、問題なかった。カレー風味でおいしかった。
myanmer1
無事ラングーン(今はヤンゴン)空港着陸
歩いて空港事務所へ、イミグレーションでは、財布の中身までチェックを受ける。
もちろん持ち金の金額まで登録される。カメラ、CD、パソコンなどナンバーまで
登録された。
これは、売ることをさけるためのようだ。
| 世界の旅 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH