<< 中国の都市名の読み方に疑問を呈す | main | 譚璐美さんの書いた「阿片の中国史」(新潮新書)を読んだ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
プラチナも27年ぶりの超高騰 どこまで上がる?
「プラチナ」の価格が、金をもしのぐ勢いで高騰している。
田中貴金属工業が2008年1月17日に発表した2007年の年間投資用プラチナ地金
取扱量によると、07年12月月間平均価格の1グラムあたり5428円は、
昨年最も高値を記録した月となった。
また1980年4月以来27年ぶりの高水準だった。
いったい、どこまで上がるのか。
pt
2007年のプラチナ地金の平均価格は1グラムあたり4996円と5000円に迫った。
前年比で1000円を超えて伸びた06年には及ばなかったものの、07年も664円上昇。
金地金と同様に2001年以降のいずれの年間平均価格を上回る結果となった。

田中貴金属工業では、特に10月以降の価格上昇が目立ち、12月27日には年間最高値
1グラム5990円を付け、月間平均も5428円の高水準だった。
買取量と販売量の比較では、買取量が販売量を約1.3倍上回っており、
「価格の高騰で、売却して利益を確定するお客さまが多かったといえます」と話す。

プラチナ価格の高騰の原因も金と同様、原油相場の上昇や、サブプライム問題を
きっかけに混乱する株式市場の資金が商品相場に流れ込んできたため。
加えて、「プラチナの主要な産出国の南アフリカでの供給懸念が影響している」
とみている。

ちなみに、田中貴金属工業での1月18日現在の買取価格は5539円、
販売価格は5664円になっている。
| ビジネス | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH