<< 「食は広州に在り」中国・広州・香港の旅<10> | main | 円上昇 106円台 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「食は広州に在り」中国・広州・香港の旅<11>
最後の夕食は、いい店でとることにする。
広州酒家
「食在広州」(食は広州にあり)という有名な言葉の代弁者として君臨してきた店。
1937年オープンの「西南大酒家」が前身。39年より「広州酒家」となり現在にいたる。
「世界厨王」(世界のトップシェフ)と呼ばれた梁賢氏、「南国厨王」鐘権氏、また
梁瑞氏など名シェフを輩出し続け、名実ともに広州を代表するレストランである。
kousyu23kousyu24kousyu25
この日は、結婚式が行われており、センターテーブルは披露宴となっていた。
自慢料理の子豚の丸焼きがいっせいに出されて、壮観な雰囲気であった。

kousyu22
なんとか、油っこくない野菜中心の料理を選んで食べたが、
濃い目の味付けで美味しかった。
写真の4品(スープは飲んでしまった)で支払いは2500円ぐらいだった。
(やはり、安い!!)
香港で食すれば1万円で食べられない。
調子が良ければいろいろ食べられたのに・・・本当に残念
また、来てたべればいい。

明日は、帰国である。
広州の印象は、まだまだ奥があると思う。面白い街だった。
また、物価が安い点楽しめる。
ホテルの代金も今回正月なのに1泊朝食付で 2万円。1人1万円だ
ちなみに香港コンラッドは、1泊 5万円だった。旅行代理店に問い合わせた時
1泊8万円といわれた。自分でインターネットで予約してこの5万円という価格だ。
やはり経済的にも中国は魅力的だ。
| 世界の旅・中国 | 07:47 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:47 | - | - | pookmark |
コメント
濃い目の味付けで美味しかった
| セクシー下着通販 | 2010/11/17 10:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH