<< チェンマイの寺院巡りNo2 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
チェンマイの寺院巡りNo3

ハリプンチャイ王国の王女「チャーマ・ティウィー」は、

クメールのドヴァーラヴァティ王国の王女だった。

大変な美女であり、国民に慕われていた。

wat7

 

その王女が8世紀に創建した重要な寺院が

「ワット・チャーマ・ティウィー」である。

日本の平安京時代以前のことである。

wat7

 

ここにあるチェディが、チェンマイにある

「ワット・チェディ・リアム」の元となった仏塔だ。

多層式四角錐の表面に60体の仏像が納められた

高さ21mの古い石造仏塔が目を惹く。

8世紀の建立当時は金色の装飾で覆われていたそうだが、

現在は煉瓦むきだしである。

wat6

 

チャーマ・ティウィーは、この仏塔を建てたハリプンチャイ王国の

初代女王の名前である。

台座には彼女の遺骨が納めらえている。

| 世界の旅・タイ | 10:25 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:25 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH