<< 26年前に出版されたガイド本「お伊勢さんへの道」にそって巡る | main | 江戸時代から続く伊勢の河崎問屋街がTVで紹介されました。 >>
さて「お伊勢さんへの道」No2です。

さて「お伊勢さんへの道」No2です。

宮川堤(中島1丁目)

miya

miya1

宮川はその源を大台ケ原に発する延長およそ130キロメートルにも及ぶ、

三重県最大の河川です。古くは渡会大河、渡会川、豊会川とも呼ばれました。

下流では古来しばしば氾濫を繰り返し、住民はそのたびに洪水の被害を

うけていました。

平安の昔、平清盛の築堤伝承をはじめ、近世徳川幕府からの巨額の援助を仰ぐなど

両岸住民の堤防の修築保全には、たび重なる努力が続けられていました。

miya2

 

寛永10年(1633年)たび重なる宮川の洪水の被害から人々を護るため、

自ら人柱となったのが庄屋・松井孫右衛門です。

その後は宮川堤が決壊したことがないと伝えられています。

宮川橋の辺りは桜の渡しとも呼ばれ、古くから桜の木が多くありました。

 

| お伊勢さんへの道 | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:26 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://peaceman.jugem.jp/trackback/4109
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH