<< 原節子のデビュー作品「新しい土」について | main | 三重テラスで鈴木三重県知事による「第3回トークライブ」が開催されました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
女優原節子が出演した映画リスト
ここで原節子の出演した映画を調べてみました
 
『ためらふ勿れ若人よ』(田口哲監督、1935年) 節子
『深夜の太陽』(倉田文人監督、1935年) 君江
『魂を投げろ』(田口哲監督、1935年)女学生(現存する最古の原節子作品とされる。
『緑の地平線』前篇(阿部豊監督、1935年)ゆかり (原節子初のトーキー作品)
『緑の地平線』後篇(阿部豊監督、1935年)ゆかり
『白衣の佳人』(阿部豊 監督、1936年) 由紀子

『河内山宗俊』(山中貞雄監督、1936年)お浪
『嫁入り前の娘達』(吉村廉監督、1936年) 杉浦美枝子
『生命の冠』(内田吐夢監督、1936年) 有村絢子
『丹下左膳 日光の巻』(渡辺邦男監督、1936年) おまつ
『検事とその妹』(渡辺邦男監督、1937年) 明子
『新しき土』(アーノルド・ファンク監督、1937年)大和光子
『東海美女伝』(石田民三監督、1937年) お由利
『母の曲』前編(山本薩夫監督、1937年) 桂子 (原作は吉屋信子)
『母の曲』後編(山本薩夫監督、1937年) 桂子
『巨人伝』(伊丹万作 監督、1938年)千代 (主演は大河内伝次郎、『レ・ミゼラブル』の翻案。)
『田園交響楽』(山本薩夫監督、1938年)雪子 (アンドレ・ジッドの同名作の翻案。)
『将軍の孫』(渡辺邦男監督、1938年) 笹野南枝
『冬の宿』(豊田四郎 監督、1938年) 三宅和子
『美はしき出発』(山本薩夫監督、1939年) 都美子
『忠臣蔵』前後編(滝沢英輔、山本嘉次郎監督、1939年) おてる
『上海陸戦隊』(熊谷久虎監督、1939年)明珠 (義兄熊谷久虎の作品への初出演)
』(山本薩夫 監督、1939年)苑生
『女の教室』前編(学校の巻・七つの俤)(阿部豊監督、1939年) 陳鳳英
『女の教室』前編 中後編 (阿部豊監督、1939年) 陳鳳英
『東京の女性』(伏水修監督、1939年)君塚節子
『光と影』前後編(島津保次郎監督、1940年) 桂佐保子
『東遊記』(大谷俊夫 監督、1940年) 女優 (満州映画協会と東宝映画の提携作品。)
『嫁ぐ日まで』(島津保次郎監督、1940年)生方好子
『蛇姫様』第一編(衣笠貞之助監督、1940年)琴姫
『女の街』(今井正 監督、1940年)いね子
『二人の世界』(島津保次郎監督、1940年)さち子
『姉妹の約束』(山本薩夫監督、1940年) 幸子
『兄の花嫁』(島津保次郎監督、1941年)原田昌子
『大いなる感情』(藤田潤一監督、1941年)高田篤子
『結婚の生態』(今井正監督、1941年)中村春子
『指導物語』(熊谷久虎監督、1941年)瀬木邦子
『希望の青空』(山本嘉次郎監督、1942年)千鶴子
『青春の気流』(伏水修監督、1942年)槙子(脚色は黒澤明)
『若い先生』(佐藤武 監督、1942年)平山富美子
『緑の大地』(島津保次郎監督、1942年)上野初枝
『母の地図』(島津保次郎監督、1942年)岸桐江
『ハワイ・マレー沖海戦』(山本嘉次郎監督、1942年)立花きく子
『阿片戦争』(マキノ正博監督、1943年) 愛蘭
『望楼の決死隊』(今井正監督、1943年)高津由子
『若き日の歓び』(佐藤武監督、1943年)穂積泰子
『決戦の大空へ』(渡辺邦男監督、1943年)村松杉枝
『熱風』(山本薩夫 監督、1943年)平沼久美子
『怒りの海』(今井正 監督、1944年)平賀光子 
『勝利の日まで』(成瀬巳喜男監督、1945年) 
『北の三人』(佐伯清 監督、1945年) 
『緑の故郷』(渡辺邦男監督、1946年) 栗山マキ
『麗人』(渡辺邦男 監督、1946年) 菊小路圭子
『わが青春に悔なし』(黒澤明監督、1946年)八木原幸枝
『かけ出し時代』(佐伯清監督、1947年) 智田美也子
『安城家の舞踏会』(吉村公三郎監督、1947年)
『女だけの夜』(倉田文人監督、1947年) 由利しげ子
『三本指の男』(松田定次監督、1947年)白木静子
『誘惑』(吉村公三郎 監督、1948年)孝子
『時の貞操』前編 (吉村廉監督、1948年)森しづ江 
『時の貞操』後編(吉村廉監督、1948年)森しづ江
『颱風圏の女』(大庭秀雄 監督、1948年)佐藤久里子
『幸福の限界』(木村恵吾監督、1948年)高松由岐子
『殿様ホテル』(倉田文人監督、1949年)長岡アキ
『お嬢さん乾杯』(木下惠介 監督、1949年)池田恭子 (原節子唯一の
木下惠介監督作品。)

『青い山脈』(今井正 監督、1949年)島崎雪子
『続青い山脈』(今井正監督、1949年)島崎雪子
『晩春』(小津安二郎 監督、1949年)紀子 (初の小津安二郎監督作品。)
『白雪先生と子供たち』(吉原廉監督、1950年)雨宮加代子
『女医の診察室』(吉村廉監督、1950年)田島文子
『野生』(沢村勉 監督、1950年)ユキ (沢村勉監督の第一回監督作品。)
『七色の花』(春原政久監督、1950年)柏木照子
『白痴』(黒澤明 監督、1951年)那須妙子
『麦秋』(小津安二郎 監督、1951年)間宮紀子
『めし』(成瀬巳喜男 監督、1951年)妻・三千代 (本作は1951年度の日本映画
文化賞作品賞、世界映画社賞作品賞、毎日日本映画コンクール日本映画賞
(『麦秋』との共同受賞)など多くの賞を得る。)
『風ふたたび』(豊田四郎監督、1952年)久松香菜江
『東京の恋人』(千葉泰樹監督、1952年)ユキ
『恋の風雲児』(山本嘉次郎監督、1953年)雪子
『白魚』(熊谷虎久 監督、1953年)上村幸子
『東京物語』(小津安二郎 監督、1953年)紀子 
(小津安二郎監督の代表作にして原節子の代表作。)
『山の音』(成瀬巳喜男 監督、1954年)尾形菊子 (川端康成原作作品。)
『ノンちゃん雲に乗る』(倉田文人監督、1955年)お母さん
『美しき母』(熊谷虎久監督、1955年)光代
『驟雨』(成瀬巳喜男 監督、1956年)並木文子
『愛情の決算』(佐分利信監督、1956年)勝子
『婚約三羽烏』(杉江敏男監督、1956年)松川女史 (原節子初のカラー作品。)
『女因と共に』(久松静児監督、1956年)杉山保安課長
『兄とその妹』(島津保次郎 監督, 1956年) 妻・あき子
『大番』(千葉泰樹 監督、1957年)森可奈子
『東京暮色』(小津安二郎 監督、1957年)沼田孝子
『智恵子抄』(熊谷久虎監督、1957年)智恵子(高村光太郎の同名詩集を基にした作品。)
『続大番 風雲編』(千葉泰樹監督、1957年)森可奈子
『最後の脱走』(谷口千吉監督、1957年)看護婦・とみ子 (初のワイドスクリーン作品。)
『続々大番 怒涛編』(千葉泰樹監督、1957年)森可奈子
『女であること』(川島雄三監督、1958年)佐山市子
『東京の休日』(山本嘉次郎監督、1958年)ファッション協会理事長
『大番 完結編』(千葉泰樹監督、1958年)森可奈子
『女ごころ』(丸山誠治監督、1959年)伊曽子
『日本誕生』(稲垣浩 監督、1959年)天照大神(アマテラス大神)
『路傍の石』(久松静児監督、1960年)吾一少年の母
『娘・妻・母』(成瀬巳喜男 監督、1960年)曽我早苗
『ふんどし医者』(稲垣浩監督、1960年)蘭方医の妻・いく
『秋日和』(小津安二郎 監督、1960年)三輪秋子
『慕情の人』(丸山誠治監督、1961年)三浦聡子
『小早川家の秋』(小津安二郎監督、1961年)小早川秋子
『娘と私』(堀川弘通 監督、1962年)千鶴子 (獅子文六の自伝の映画化。)
『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(稲垣浩監督、1962年)大石内蔵助の妻りく 
(原節子最後の出演作品。)
映画から引退したとき彼女は、まだ42歳であった。

 
| 映画 | 07:56 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:56 | - | - | pookmark |
コメント
三重県の文化や魅力を首都圏に知ってもらおうと県立文化施設が企画した第二回「みえの文化セミナー」がこのほど、東京都中央区日本橋の三重テラスで開かれ約五十人が訪れた。県出身のコラムニストで伊勢うどん大使も務める石原壮一郎さんと、フードライターの小石原はるかさんが、「うどん」をテーマに、伊勢うどんをはじめ全国にあるうどんや食から見えてくる三重の魅力について対談した。

 石原さんは「伊勢うどんはお伊勢参りの参拝客に親しまれた伊勢のおもてなしの心が詰まった食べ物」と紹介。「伊勢うどんの発展の次のステップとして、地元の人にも通ってもらいたいという思いがあるようだ」と話した。

 小石原さんは、お薦めの讃岐うどん屋や讃岐うどんの魅力について説明し、「地元の方も外食でうどんを食べに行く人が多い」と語った。

 ほかにも来年伊勢志摩サミットが行われることを受け、各国の料理や郷土食の紹介がされ、石原さんは「サミットではぜひ各国首脳に伊勢うどんを食べてもらいたい。また人間もうどんも多様化が大事。コシがあるうどんだけでなく伊勢うどんも応援してほしい」と訴えた。

 小石原さんは「讃岐うどんも好きだが、伊勢うどんの魅力も知れたのでこれからどちらも応援していきたい」と
| dontutu | 2015/12/09 2:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH