<< 原節子さんのご冥福をお祈りいたします | main | 原節子のデビュー作品「新しい土」について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
当時、原節子さんの土地を購入したのは、電力中央研究所だった
 

1994年その売却価格は、14億円だったといわれている。

土地の広さは、六百坪と広大であった。

この年の長者番付(100位以内)75位に原節子さんの名前がある。
私が狛江に越してきたのは、1990年なので、この次点ではまだ原節子さんの

土地であった。


hara3

最近までそのままであったが、今は、マンションが2棟建てられている。

電力中央研究所は、東北大震災、福島第1原発事故で大きな被害を出した

東京電力が母体となっているため、東電はこの施設を閉鎖することにしている。

(神奈川にある他の電研施設と統合される)

そのため、現在大手デベロッパーによるマンション建設が進んでおり、10月に

137邸の大きなマンション(三菱地所レジデンス)が建てられすでに売り出されている。

(ここは、以前電力中央研究所のテニスコートがあった場所である。それだけで

これほど大きなマンションが建てられるのである)

話が、それてしまいました。

明日、原節子さんの最初の出演作品「新しい土」について書きます。

| 映画 | 07:35 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:35 | - | - | pookmark |
コメント
日本映画の巨匠、小津安二郎監督(一九〇三〜六三年)を顕彰する「飯高オーヅ会」の例会が六日、松阪市飯高町宮前の市飯高老人福祉センターであり、小津監督の足跡を残そうと奮闘した、ゆかりの人々をテーマに語り合った。
| c | 2015/12/07 9:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH