<< 陽気なチンドン屋さん | main | 原節子さんのご冥福をお祈りいたします >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
9月5日に日本の大女優「原節子」さんが死去していた

hara

何故か私は9月に「紀子三部作」が気になって、「東京物語」と

「晩春」の2作品をDVDで見直していた。

以前から、私が住んでいる狛江市に原節子さんが住んでいたこともあり、

ほとんどの作品はDVDで観ている。

魅力的な女優さんで、狛江の後に住んだ鎌倉のお兄さんの家にも訪ねたこともある。

昭和の大スター、元女優の原節子(はら・せつこ、本名・会田昌江=

あいだ・まさえ)さんが9月5日、肺炎のため神奈川県内の病院で死去した

ことが11月25日分かった。

95歳。横浜市出身。

1963年(昭38)の映画出演を最後に表舞台には出ず、その後の生活は

ほとんど知られていなかった。

 

原さんは1920年(大9)6月17日生まれ。実家の生活苦のため、

女学校を中退し、35年(昭10)に日活多摩川撮影所に入社。

同年の映画「ためらふ勿れ若人よ」でデビュー。

役名「節子」をそのまま芸名にし「原節子」となったという。

日本とドイツが急接近しつつあった37年、ドイツのアーノルド・ファンク監督

による初の日独合作映画「新しき土」のヒロインに抜てきされると、

日本人離れした容姿は国内だけでなく外国でも話題となり、一気にスターとなった。

 

その後東宝へ移籍。戦時中は「ハワイ・マレー沖海戦」、「決戦の大空へ」、

「勝利の日まで」など戦意高揚映画に数多く出演した。

 

戦後も化粧品会社のカラーポスターで暗い世相を明るくすると、黒澤明監督の

戦後初の作品「わが青春に悔なし」に出演。

47年には東宝を離れフリーとなる。「安城家の舞踏会」「青い山脈」

「お嬢さん乾杯」など戦後を代表する作品に出たが、

49年に初めて小津安二郎監督と組んだ「晩春」に出演。

61年の「小早川家の秋」まで小津作品に計6本出演した。

 

「永遠の処女」など、さまざまなキャッチフレーズが付けられたが、何度か

体調不良が伝えられ、そのたびに引退がささやかれたが、

62年の「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」が最後の映画出演となった。

 

63年に小津監督が亡くなり、その通夜に出席したのを最後に表舞台から

遠ざかった。神奈川・鎌倉で妹夫婦と生活しているとされ、写真週刊誌などが

何度も“スクープ”を狙ったが、50年以上その姿をとらえたものはなかった

| 映画 | 23:45 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:45 | - | - | pookmark |
コメント
来年のえと「丙申(ひのえさる)」の「えと守」箱詰め作業が伊勢市宇治館町の神宮司庁頒布部第二奉製所で最盛期を迎えている。

 昭和二十四年からの恒例行事。えと守は神宮林のクス材を使用した一刀彫。愛知県岡崎市の彫刻家山下清さん(61)が「風雪を耐え忍び、春の陽光を待つ姿を表現した」。伊勢市などの彫刻師二十人が四月からつくってきた。頒布部の職員が九月から、モミ製の箱に詰め、作業は年内いっぱい続く。

 高さ百二ミリ、奥行き八十七ミリの特製えと(一万円、八百五十体)と、高さ六十九ミリ、奥行き六十二ミリの一般えと(二千五百円、二万四千七百体)の二種類ある。十二月一日から、伊勢神宮内宮と外宮の神楽殿などで授与する。
| c | 2015/11/26 9:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH