<< お正月に初めて「神田明神」にお参りした | main | 平将門の結界 平将門魔方陣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
神田明神と平将塚
masakado4
 

平将門を祀る「神田明神」を参拝したら、平将門の首塚にお参りしなくては、

いけないと思い帰りに大手町で下車して「将門塚」(まさかどづか)にお参りしました。

別名「平将門の首塚」。

皇居お堀のすぐ脇、オフィス街の真ん中、三井物産別館の横、ビルの間にあるのだ。

ここが江戸城を平将門の怨霊から護るために据えられた塚である。

神田明神も江戸時代はこの近くにあった。


masakado5

masakado1
 
masakado


平将門の首塚

平将門は、10世紀前半承平5年(935)関東の武将。父の残した領地と女性問題を

巡り一族の内紛が勃発。
この際、叔父や親戚の3人の子供を殺すなどの所行に及ぶが、

結局938年にこの内紛を収めることに成功するのを、きっかけにして反乱を

起こし関東を制覇し、新皇と称し公然たる朝廷の反逆者となり、

天慶3年(940)平清盛と藤原秀郷の連合軍の前に敗退し、

流れ矢に当たって討たれた(天慶の乱)。
その後首は、京都都大路でさらし首となったが首はいつまでたっても腐らず、

その首は目を閉じることがなく、そればかりか噛みつきそうな形相でわめき続けた。
その後3日目には怪光を放ちながら夜空に舞い上がり、

胴体を求めて東の空に飛んでこの地に落ちたという民間英雄伝説は、

鎌倉時代の末期には成立していた。
石燈篭は、首塚の上に将門の墓と称されて置かれていたものが現在に伝わります。

| - | 19:01 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:01 | - | - | pookmark |
コメント

「竹光庵(ちっこうあん)」(度会郡玉城町、TEL 0903152-3704)で1月4日、稲穂や稲わらを筆代わりにして書く「浄心流雲龍(じょうしんりゅううんりゅう)」稲わら書画の書き初め会が行われた。
| c | 2015/01/05 9:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH