<< 腫瘍の手術は、ステージ気離ンであった | main | 食事だけでなく、適度の運動(スポーツ)も必要です >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ある本を読んでいたら「再発の危機が高い2年間は、牛、豚肉を控えよ」とあった

「ガンになった人は再発の危機が高い当初2年間は、牛肉・豚肉を控える」

ある本に、こんな文章をみつけた。


まず基本として、ガン細胞とは何なのだろうか?
元々はまっとうな正常細胞なのです。これが変質したものなのです。
人間には、1日5,000個ほど、この変質細胞が発生し、そのガン細胞を
免疫細胞が破壊することで身体を維持しているのです。
しかし、年齢を重ねると自然に免疫力は低下します。加えて肝機能の低下
ストレスや喫煙など、免疫力を落とす要因があれば免疫細胞はガン細胞を
見逃し、発ガンの可能性が高まるのです。

ガンになった身体にやさしい食べ物とは

鶏肉と鶏卵、魚貝類、甲殻類、軟体動物(たこ、いか、なまこ)

海藻、野菜、キノコ、果物は、免疫細胞にやさしい。

野菜では、キャベツ、なす、大根、ほうれん草、キュウリなど

果物では、バナナ、すいか、ぶどう、なし、パイナップルなど

 

それで思い立ったのは、魚中心のランチに変えることであった。

 

今までほとんど肉中心の食生活であった。

トンカツ大好き、ステーキ大好きである。

ガンの再発の危機が去るまで、2年間がまんしてみようと決めた。

赤坂でのランチも今までほとんど肉中心であった。

 これを魚中心に大変換することに決めた。


新しいお店を開拓する毎日の楽しみが出来たと考えることにした。


 
| 健康 | 07:40 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:40 | - | - | pookmark |
コメント
二代目桑名はまぐり大使の就任式が十六日、東京都中央区の三重テラスであり、伊藤徳宇桑名市長からお笑いコンビCOWCOWの二人に任命状が手渡された。

 伊藤市長は桑名市について「人口が増えてきている元気な町。昔からはまぐりが有名で、縄文時代の貝塚の貝はほとんどがはまぐり。縄文時代から食べられていた地域」と話し、COWCOWを大使に選んだ理由を「老若男女問わずいろんな方に親しみを持ってもらえる方にはまぐりをはじめ桑名市をPRしていただきたいという事でお願いした」と説明した。
| c | 2014/10/18 10:37 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH