<< 「ツール・ド・フランス2014」うれしいことに今年も新城幸也が5度目の出場! | main | 超大型台風8号が日本に迫ってきている >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今日は、「七夕」ですが雨

どうして七夕=たなばた と読むのだろうか?

日本では機で織った布を祖霊や神にささげたり、税として収めたりしていました。

旧暦の7月はお盆や稲の開花期、麦などの収穫期にあたります。

そこで、お盆に先立ち祖霊を迎えるために乙女たちが水辺の機屋にこもって

穢れを祓い、機を織る行事が行われていました。


水の上に棚を作って機を織ることから、これを
「棚機」(たなばた)といい、

機を織る乙女を「棚機つ女」(たなばたつめ)と呼びました。

笹竹には、神迎えや依りついた災厄を水に流す役目がありました。

やがてこの行事と中国の乞巧奠(きっこうでん)が交じり合い、現在のような

形に変化していきました。


そして、7月7日の夕方を表して七夕(しちせき)と呼ばれていたものが、

棚機(たなばた)にちなんで七夕(たなばた)という読み方に

変わっていったのだそうです。 
| - | 08:15 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:15 | - | - | pookmark |
コメント
昨年合歓の郷ホテル&リゾート(志摩市浜島町)の敷地内で開催された「伊勢志摩・里海トライアスロン」が7月6日、新たに規模を拡大し「大矢浜海水浴場」(同)をメーン会場に海岸沿いを走るコースに変更して開催された。
| るんるん | 2014/07/07 7:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH