<< 狛江「電力中央研究所」移転の工事が始まったとお知らせしたが・・・ | main | 5月24日知人が東京から初めて伊勢神宮参りにいらっしゃったのでご案内した >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
認知症の人の列車事故 720万円損害賠償命令で波紋呼ぶ

認知症の男性が線路に立ち入って列車事故で死亡。

遺族に代替輸送の費用など約720万円を支払うよう命じた判決が出た。

 

高齢の認知症の男性が平成19年12月、線路内に立ち入って列車事故で死亡し、

男性の親族が鉄道会社へ代替輸送などにかかった費用約720万円を

払うよう命じられた判決が今年8月、名古屋地裁であり、関係者に波紋を呼んでいる。

 

判決などによると、JR東海の線路内で列車にはねられ、死亡したのは愛知県内に

住んでいた当時91歳の男性。

同居の妻(当時85)は要介護度1で、横浜市に住む長男の嫁が2級ヘルパーの

資格を取って近隣へ転居。通いで老々介護を支えていた。

 

事故は男性が通所介護から帰宅後に起きた。妻と嫁の3人でお茶を飲んだ後、

男性が居眠りしたのを見て、嫁は片付けに立ち、妻もまどろんだ隙に男性は

いなくなった。その後、線路内に立ち入り、列車にはねられ死亡した、との知らせが来た。

 

事故後、JR東海は男性の妻と4人の子供たちに振り替え輸送などにかかった費用

約720万円を請求した。同社は「今回は痛ましい事故で気の毒な事情は承知している。

ただ、輸送障害が発生すれば、特急券の払い戻しをしたり、振り替え輸送の費用を

他の輸送機関に払う金額が発生したりする。

列車の遅延が第三者に起因するときは必ず損害賠償請求はする。

しかし、相続放棄をされていて訴訟に至らないケースもある」とする。

 

訴訟では、本人の責任能力と親族の監督責任が問われ、名古屋地裁は本人の

責任能力を「認められない」としたうえで、長男を「事実上の監督者」と認め、

妻については「目を離さずに見守ることを怠った過失がある」とし、

2人に請求額を払うよう命じた。

 

親が事故で亡くなっただけで悲しいのに、賠償請求されるとは・・・

これから超高齢者時代、認知症に対する国としての何らかの対策が必要であろう。

 
| 日常 | 07:44 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:44 | - | - | pookmark |
コメント
花びらが細長く垂れ下がった花を咲かせる松阪ナデシコにちなんだ「松阪撫子(なでしこ)どんな花?祭り」が二十四日、松阪市中心市街地で始まった。三十一日まで。
| るんるん | 2014/05/25 6:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH