<< タイ全土に戒厳令=陸軍司令官が発表 | main | 赤坂で世界を食する「タイ料理・アナンダ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
赤坂で世界を食する「トルコ料理・サライ」
 

トルコの旅日記、ひとまず終わったところで久しぶりに「赤坂世界のランチ」を

ご紹介しようと思う。今まで赤坂では、トルコ料理店には行ったことがなかったが、

トルコを訪れたことで、親しみを感じ食べてみようと思い立った。


saray
 

500店舗以上のレストランがある赤坂であるが、いがいにトルコ料理店は少ない。

今回、千代田線赤坂駅のそばの「サライ」でランチをいただいた。

歌の題名にあるサライ、トルコ語だとは思わなかった。

考えてみると「キャラバンサライ」は、トルコにあった。

この言葉の意味は、もともとペルシャ語で「旅の宿」なのだそうだ。

 

トルコ料理は14世紀から20世紀の初めまでのオスマン帝国の支配を反映し

中央アジアからもたらされたトルコ民族の伝統料理の要素とギリシャ、グルジア、

シリア地方の料理の要素とが混じり合って独特の発展を遂げたもので、

フランス料理、中華料理とともに「世界三大料理」のひとつに数えられます。

 

「サライ」のランチメニューはA〜Fの6種で800円〜950円。
 
スープはジャガイモのポタージュスープ。
続いてサラダ。

saray1

saray2
5分ほどで料理とピタパン1枚ずつが提供されます。
歯ごたえがあるピタパンは厚手で温かい。

料理はビーフと羊肉のハーフの合わせで
トルコらしい異国情緒を感じます。 
ソースもエスニック調のピリ辛で美味しいかったです。

 

このお店、夜にはベリーダンスも観れるのだそうである。

チャイをサービスしていただいた。
cyay

| 赤坂ランチ | 07:57 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:57 | - | - | pookmark |
コメント


コカ・コーラのラベルに自分の名前などを印字した「ネームボトル」を作ることができるイベントが5月23日、志摩スペイン村(志摩市磯部町)パルケエスパーニャで行われる。

| るんるん | 2014/05/22 10:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH