<< 狛江の「電力中央研究所」移転がいよいよ具体化 | main | 「トルコ10日間の旅」日記24サフランボル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「トルコ10日間の旅」日記23サフランボル
世界遺産の街「サフランボル」
トルコの首都アンカラからおよそ北200キロメートルに位置。
町の歴史は11世紀に遡ります。
1994年、UNESCOの世界遺産に「サフランボル市街」の名で登録。

sekai
 
サフランボルの名前の由来は、香料サフランの集積地として発展した歴史に
あります(ギリシア語名はサフラムポリス、Saframpolis, Σαφραμπολις)。
サフランボルには、先史時代の遺跡及びローマ時代の墓や橋梁も現存していますが、
歴史の表舞台に立ったのは、11世紀以降でした。
 
世界遺産に登録されているサフランボル旧市街は、乾燥した峡谷に位置しており、
旧市街は、旧市街の約2km東に位置している。
サフランボル旧市街には、多くの古い建築物が保存されています。
私立の博物館が1つ、25のモスク、5つの霊園、8つの歴史的な噴水、
5つのトルコ式浴場、3つの隊商宿(キャラバンサライ)、1つの歴史的な時計等、
1つの日時計及び数百に上るイスラーム建築によって建設された住居である。
 
この市街地にあるホテルに1泊しました。
懐かしさを感じさせる美しい街である
saf
| 世界の旅・トルコ | 07:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:19 | - | - | pookmark |
コメント
伊勢市黒瀬町の県立宇治山田商業高校(勢力稔校長)野球部の二年生部員の一部が、一年生部員らに暴行したり金品の要求をしていたことが発覚し、同部は十一日から活動を自粛した。同部は部員数四十四人。春一回、夏三回の甲子園出場歴がある。

 同校によると、一年生部員の一人が九日、担任教諭に相談して分かった。部内調査の結果、四月下旬から大型連休中に複数件の暴行があったと判明した。合わせて二年生部員四人が加害者となり、一年生部員六人が被害を受けていた。うち一件では二年生の一部が一年生らに「面白いギャグをやれ」と言い、断った相手の腹や肩を殴っていた。

 金品の要求は五件あり、二年生部員三人から、一年生部員全員の十三人が被害に遭っていた。二年生部員の一人は、一年生部員の間から約三千円を集金させて帽子を買ったり、一人に対し約五千円の服を買わせるなどしていた。

 加害者側の部員と保護者は十日、同校で被害者側の部員と保護者に謝罪し、勢力校長や中居誠監督、里路雅信部長らも謝った。

 勢力校長は取材に対し、「学校として本当に申し訳ない。原因を分析して練習方法などを洗い直し、二度とこのようなことがないようにしたい」と述べた。

 県高野連には十日に口頭で伝え、報告書をまとめている。活動自粛の期限や今後の大会出場は、県高野連の指示を見て判断する。

 県立四日市中央工業高野球部は部内暴力で昨年九月から六カ月、県立菰野高野球部は昨年八月から三カ月、それぞれ対外試合禁止処分が下されている。
| るんるん | 2014/05/13 7:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH