<< 小金井・美術の森「オーブン・ミトン・カフェ」のランチ | main | 「トルコ10日間の旅」日記乾ッパドキア >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「トルコ10日間の旅」日記灰ッパドキア
ギョレメ野外博物館
 gyo1
カッパドキアでは4世紀ごろから多くのキリスト教徒が住むようになっていたが、
9世紀頃から強まったイスラムの圧迫から逃れる為、岩を掘って教会や
修道院を造った。 
その中心となった場所がギョレメでかつては400〜500もの教会があったという。
gyo  
現在は約30の教会が野外博物館として公開されている。 
幾つかの教会には多色のフレスコ画を見ることができる。
思っていた以上に規模が大きく驚かされた。
 
| 世界の旅・トルコ | 07:46 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:46 | - | - | pookmark |
コメント
天照大御神(あまてらすおおみかみ)の衣を織り始める「神御衣奉織始祭(かんみそほうしょくはじめさい)」が5月1日、伊勢神宮内宮(ないくう)所管社の「神服織機殿神社(かんはとりはたどのじんじゃ)」(松阪市大垣内町)と「神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)」(同井口中町)で行われた
| るんるん | 2014/05/02 5:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH