<< 元大関「琴欧洲」引退 | main | 仏TGV、衝突死した遺体が車両に張り付いたまま走行 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
雑誌「DIME 2月号」で「日常が変わる 腕時計選び」という特集がされていた

dime1


その巻頭のページ 「機械式」の「ミドルライン」

ウオルサムのムーブメントが1ページで掲載されていました。


dime
 

その説明文によりますと

 

1900年代初頭に製造・販売されたウオルサムのポケットウオッチ。

1世紀近い年月を経た今も、実直に時を刻み続けている。そんな愛すべき1本

をぜひ見つけてほしい。・・・と

 

この写真のウオルサムは、シリアルNo22604723

2千200万台である。ウオルサムは1854年 N0.100からスタートして

3500万番まで連綿と、製作番号が刻印されていて、この番号から

この時計は、1919年製造された時計であることがわかります。

95年前に作られた時計が、今でも動くことが奇跡でしょう。

ウオルサムは

何年に製造された、どの大きさの、どのムーブメントかが、すべてわかるのです。

 

| waltham ウオルサム | 07:25 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:25 | - | - | pookmark |
コメント
三重県無形民俗文化財の海女漁について、県教育委員会は二十一日、志摩庁舎で本年度の海女習俗調査結果を発表した。海女漁の民間信仰に世代間で意識の違いがあることや、潜水時間の平均値などを報告した。調査は平成二十二年度から始まり、本年度で終了する。
県教委は本年度、鳥羽市内六地区と志摩市内六地区の三十―八十歳代の海女約五十人に聞き取り調査を実施。海女の技術伝承や海女小屋での過ごし方、漁場、潜水漁を始めた動機など十七項目を調査した。

 調査結果によると、漁の安全を願って身に着ける魔よけの呪符「ドーマン」と「セーマン」について、六十―七十歳代の海女が使用にこだわっているのに対し、三十―四十歳代の海女は「呪符を身に着ける意味を知らないので、なくても気にならない」と話し、世代間の意識の違いが浮き彫りになったという。また海女の潜水時間は、五十秒前後とする回答が多かったと説明した。
| るんるん | 2014/03/22 6:28 PM |
これは世界に名をとどろかして150年余りのかばんの第1贅沢品のブランド、そのブランドの金の純度は天下のその他のいかなる1つのブランド所が匹敵することができないので、グッチスーパーコピーはとっくに1種のシンボルを行って、まるでマヤの部落の中の神聖なトーテム、全世界の流行する人物の心の中の神です。グッチスーパーコピー
| グッチスーパーコピー | 2014/03/25 1:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH