<< フィジーでデング熱、感染者1万人超す | main | さて「デング熱」とは >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
マレーシア航空機ハイジャックされた可能性も・・・

昨日東京は大雨、帰宅時だったので

自宅に到着したらズボンは雨でグッショリ、革靴もひどい状態になってしまった。

ところで、3月8日に行方不明となったマレーシア航空機

未だに所在がつかめないというのは、ありえないことである。

 

私も個人的に、マレーシアへ英語留学をしたいと考えていたこともあって

マレーシア航空に3月乗る可能性もあった。(骨折で変更した)

ここまで捜査しても不明というのは、ハイジャックもあるのではないかと思っていた。

 

本日、マレーシャの運輸省代行が下記のコメントをだした。

行方が分からなくなっているマレーシア航空機は、管制レーダーのスクリーンから

消えた後、西へ向かって飛行を続けていたもようだ。

捜索に関わる関係者らが明らかにしたもので、何らかの犯罪の可能性が出てきた。

 

マレーシア航空370便の消失について調査している航空専門家らによれば、

今までに集められた証拠は同機がマレー半島を横切って西方へ数時間飛び

続けた可能性を示唆している。関係者らは匿名を条件に語った。

 

マレーシアのヒシャムディン・フセイン運輸相代行はエンジンのデータが

最後に地上に送られた後、同機が「しばらくの間」飛行を続けた可能性が

あるという報道は正確ではないと述べた。

情報が集まるにつれ、消えた飛行機の謎はさらに深まっている。

239人を乗せて8日にクアラルンプールから北京に向かった同機がマレー半島の

周辺で墜落した痕跡は見つかっていないと関係者らは述べている。

マレーシア航空の広報担当者はこれに関する情報を持ち合わせていないと述べた。

 

関係者によると、370便はベトナムに向け北に進路を取っている状態で

トランスポンダーを切り、それから航路を外れて西へ向かった。

エンジンの状態を示すデータを送信する自動システムが引き続き機能していた

可能性があり、同機が検知されることを避けて飛行しようとしていたことが

うかがわれると関係者は指摘。

 

この場合、ハイジャックの可能性も考えられる。

関係者の1人は米当局が犯罪への疑いを強めていると述べた。

マレーシアは捜索を縮小してはおらず、むしろ強化したと運輸相代行が述べた

 
| ニュース | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:36 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH