<< インテリアや生活に活かす骨董コレクション 26「長火鉢」 | main | インテリアや生活に活かす骨董コレクション27「ユーリス・ナルダン」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
昨年遷宮の伊勢神宮参拝者、何とプロ野球セ・リーグの観客動員数を上回った
ise
 

昨年、20年に一度の式年遷宮が行われた伊勢神宮(三重県伊勢市)は、

パワースポット巡りブームも手伝って、大変なにぎわいに包まれました。

2013年の参拝者数は1420万人という過去最高を記録。

この数字は、国民的人気スポーツであるプロ野球のセリーグの観客動員数

1220万人を軽く上回りますから、その人気ぶりがうかがえます。

 

伊勢神宮の事務を行う神宮司庁によると、2013年の参拝者数は、

1420万4816人

記録が残る1895年以降で、最も多い数字だったといいます。

それも、これまでの過去最高だった約883万人(2010年)を倍近く上回る数字

だったわけですから、いかに昨年のにぎわいがすごかったかが分かります。

ですが、2014年のお正月になり、少し様子が変わりました。


伊勢市観光企画課がまとめた年末年始の統計によると、元日の

伊勢神宮内宮の参拝客数は15万645人。

過去5年で最も少なく、2010年の20万9350人と比べると、

3割近く減っているのです。

1月の一ヶ月間で見ると、平年並みか、それより多めの219万人に達しましたが、

これからも昨年の勢いを維持し続けるのは、簡単ではないでしょう。


昔の御師のような組織を造り、定期的に「伊勢神宮」へ参拝を促す活動やPRも

必要だと感じております。

| 故郷「伊勢」 | 07:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:45 | - | - | pookmark |
コメント
神宮の1月の参拝客数の減少は たぶん ご遷宮の時に”あまりにもたくさんの参拝客数”の報道が出た影響などがあって、、
この分だと、お正月と1月は とんでもないことになるのでは(車の渋滞など)!?、、、と参拝の出控えがあったのではないかと想像されます。
でも確かに 昔のような御師制度のような組織があったほうがいいのかもしれませんね、、、
ご提案ありがとうございます。

伊勢の情報として 
3月10日に伊勢市倉田山公園球場にて「伝統の巨人阪神戦80周年企画」があります!
(詳しくは、”澤村栄治”HPをご覧ください。     チケットは すでにチケットぴあなどで発売開始と同時に売り切れる、、、ほどの人気!
我が社も何か貢献しようと 澤村投手生家跡地(自社所有)記念碑の所に生家の写真を拡大したパネル(1200×900)を 3月10日までに取り付けようと思っています。
| 静順 | 2014/02/27 10:35 AM |
日本の神社を全100号を掛けて特集するデアゴスティーニ・ジャパン(東京都中央区)の「週刊『日本の神社』」が1月28日に創刊されたが、その紙面で使用される神社の社殿などを撮った写真のほとんどを伊勢出身の写真家・中野晴生さんが手掛けている。
現在、創刊号(発売日1月28日)「出雲大社」、2号(同2月10日)「伊勢神宮(内宮)」、3号(同2月18日)「熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)」、4号(同2月25日)「厳島神社」が発売された。

毎週火曜日発売、A4変型判オールカラー(創刊号48 ページ、2 号以降32 ページ)の同シリーズは、全国各地の「一度は訪れたい神社」を毎号約1社取り上げ、神社全景のCG 鳥瞰図、境内探訪、注目トピック、四季と祭り、門前旅情、縁起とご祭神、神社の基礎知識などの情報を網羅、お守りやお札、開運グッズ、授与品などの「ご利益コレクション」も紹介する。
中野さんは、18歳でカメラマンになることを決意し大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ大阪校)に入学。在学中に東アフリカを旅しながら写真撮影する仕事を引き受け同学校を中退。その後、ヨーロッパ、中南米で約5年間、海外を撮影。帰国後はフリーカメラマンとして独立。実家が伊勢神宮に神饌を納める鮮魚商だったことから、幼少の頃は伊勢神宮外宮が遊び場だったという。伊勢神宮をはじめ全国の神社、仏閣などを取り続けている。
中野さんは「これまで日本の代表的な神社のほとんどを撮っているので、デアゴスティーニさんのお仕事が来たのもそのおかげなのかも。今回全100号で取り上げる神社の中には少しだけ行ったことがない神社もあったが、これまでカメラマンとして仕事を続けさせていただいた感謝の気持ちと初心に帰る思いで、もう一度撮り直そうとお礼参りを兼ねて臨んでいる。約2年間掛かるが楽しい旅になりそうだ(笑)」と思いを打ち明ける。
これまで同社は「日本の歴史を巡るマガジンシリーズ」として、「週刊『日本の城』」、「隔週刊『日本の古寺・仏像 DVD コレクション』」などを創刊する。
価格は、創刊号=290 円、2 号以降=590 円。同シリーズは、全国の書店と同社ホームページで発売中。
| るんるん | 2014/02/27 7:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH