<< インテリアや生活に活かす骨董コレクション 23 | main | 舛添氏、元首相ら“秒殺”で新都知事に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
インテリアや生活に活かす骨董コレクション 24
イギリス・コッツウォルズで買い求めた「藍染のティーカップ」

シンプルな色使い。薄く焼かれた磁器のカップである。


teacap
 

chip

ロンドンから100kmほど北の街、チッピング・カムデンを車で訪れたとき

1627年に建てられた古いマーケットホールの前にあるアンティークショップに

並べられていたカップである。


teacap1teacap2

中世には羊毛取引の中心地として栄えたチッピング・カムデンは、裕福な

羊毛商人たちの支援を受けて大いに栄えた。

ハイストリートには、コッツウォルズストーンの名で知られるこの地方の特産の

蜂蜜色の石灰岩で造られた建物が並び、素晴らしいこの土地特有の建物が

売りである。

この通りの中程に立つのが、1627年に建てられた豪華なマーケットホールである。

このカップで紅茶をいただくたびに、英国の旅を思い出させてくれる。

co

| 骨董 | 07:12 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:12 | - | - | pookmark |
コメント
三重県は六日、鈴木英敬知事が十日上京し、鳥羽・志摩の海女漁の文化財保護と漁業振興について国に要望活動をすると発表した。「早急な国重要無形民俗文化財指定」と「将来のユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載」を求める。下村博文文部科学大臣▽青柳正規文化庁長官▽林芳正農林水産大臣▽本川一善水産庁長官―と面談する予定。

 要望書では、国内約二千人の海女のうち、鳥羽・志摩で九百七十八人(平成二十二年)が携わる一方、従事者の半減とアワビ漁獲量の激減を指摘。先月二十三日に県教委が全国で初めて県無形民俗文化財に指定し、同二十四日には八県で全国海女文化保存・振興会議を設立したと説明して、国重要無形民俗文化財指定と、ユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載を求めている
| るんるん | 2014/02/09 2:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH