<< 明日12月15日(日)と16日(月)「世田谷ぼろ市」が開催されます | main | 日本の多い名字は、「佐藤」、「鈴木」、「高橋」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
武蔵野は冬の寒さだが、秋を見つけた
musashi
 

天気がよかったので野川を遡って自転車で走った

武蔵野公園の木々は葉を落とし冬の装いだが

自然観察園内には、真っ赤な秋色の葉が・・・・・

musashi1

musashi2

| 武蔵野 | 07:06 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:06 | - | - | pookmark |
コメント
真珠イカダ浮かぶ英虞湾を臨む丘で、伸び伸びと自由に創作活動を続けるダウン症の作家たちが描いた絵の展覧会が現在、大王美術ギャラリー(志摩市大王町)2階展示室で開催されている。12月23日まで。
佐藤肇さんと妻の敬子さんが1990年に、自然豊かな環境で作家たちのもつ感性をより引きたたせようと英虞湾に落ちる夕日がきれいなともやま公園(同)の近くに「アトリエ・エレマン・プレザン」(同)を開設。1993年には アトリエ・エレマン・プレザン東京(現在世田谷区)を開設し現在に至っている。
作品は、既成概念にとらわれない自由なものばかりで独特の色使いが入館者を楽しませている。商業ポスターに絵の具で色を載せたものや、描いた絵をネパールでタペストリーに仕上げたものなど、絵画38点、立体創作物9点を展示する。
同アトリエと多摩美術大学(東京都世田谷区)芸術人類学研究所が今後進めようとしている「ダウンズタウン プロジェクト」のメンバーで佐藤さんの娘にあたるよし子さんは「作品を見ていただき、そのままを感じていただきたい。そして少し立ち止まって、ダウン症という病気についても知っていただきたい」と話す。

開館時間は9時〜17時、火曜・水曜、12月28日〜1月4日休館。観覧料は、大人=200円、高校生・大学生=100円、中学生以下無料。19日〜23日は入館無料。
| るんるん | 2013/12/15 5:30 AM |

伊勢市東豊浜町の高羽江社(たかはえやしろ)で14日、来年のえとの午(うま)を描いた高さ2.5メートル、幅4メートルの巨大な絵馬がお披露目された。
神社の氏子らでつくる実行委員会が毎年作り、道路に面した入り口付近に飾っている。11月初旬から準備を始め、地元有志の女性が草原を力強く駆ける馬を描いた。
この日は委員ら約20人が設置作業に当たり、絵馬の周囲も門松や花で飾り付けた。来年1月中旬ごろまで飾られる。
高羽江社は来年、本殿の修復工事に伴う20年に一度の遷座祭を迎える。実行委員長の古野正浩さん(68)は「節目の年に地域がよりいっそう元気になれば」と話していた。
| るんるん | 2013/12/15 5:32 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH