<< 新撰組の発祥の地「壬生村」を訪れる | main | 背番号「10」、本田イタリアの名門ACミランに移籍 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
実は新撰組局長 近藤勇の生家は私の自転車コースにありました

京都で鬼のように恐れられた新撰組近藤局長は、多摩郡上石原村、現在の

東京都調布市野水生まれなのです。


kondou1
龍源寺前にある近藤勇の銅像

野川を上流に行くと、水車のある美しい大沢地区。

川をクロスして人見街道がある。

この通り沿いに、近藤勇の生家があったのだ。


kondou2

kondou

豪農であり、篤農家であった近藤勇の実父、宮川久次郎は、この広い屋敷に

寺子屋や天然理心流武術の道場を持ち、勇ら子息の他、近在の子らを集めて

学問と武術を指導していた。

末弟であった勇は近藤周助に見込まれ、16才で天然理心流宗家に養子に入った。

そして、武士をめざして腕をみがき新撰組局長として京都の街を震撼させていった。

屯所は、壬生で、墓は東京三鷹にある曹洞宗大沢山龍源寺。

新選組局長近藤勇の生家宮川家の菩提寺である。

| 武蔵野 | 07:48 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:48 | - | - | pookmark |
コメント
鳥羽市教育委員会の斎藤陽二教育長は十日、離島を除いた市内の学校給食を調理する中央調理場で、職員がホウレンソウに長さ約十センチのナイロン製の糸くずが付着しているのを発見したため、同日の副食「ほうれん草のサラダ」の配膳を中止したと発表した。

 市教委によると、給食は二回に分けて調理されており、糸くずが見つかったのは二回目の調理の際という。糸くずを発見した時点で一部の学校へは給食の配送が終了していた。

 そのため、校内行事の関係で給食の時間が早まった市立加茂中学校だけは配膳されてしまい、生徒一人が口に入れる前に糸くずを発見。全て食事中に回収した。同校の全校生徒と職員計百十一人から体調不良などを訴える声は出ていないという。

 市教委は糸くずの混入経路について調べている。斎藤教育長は、「学校給食に異物が混入したことで、生徒や保護者の皆さんに不安を抱かせてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪した。今後は、納品時の検品などを徹底するという。

 市役所で記者会見を開き、報道陣の質問に答えた。

| るんるん | 2013/12/12 4:49 AM |
鳥羽市浦村町の海の博物館は十日、同館で開催している特別展「海と伊勢神宮〜グルメな神さまたちの理想郷」に合わせた体験ツアーを実施した。

 「伊勢神宮と神さまの食卓」と題して三月三十一日までの会期中に三回実施するうちの初回。同館の企画展と伊勢志摩から神宮にアワビや塩などを供える海産物のふるさとを巡るツアーで、この日は名張市の美旗市民センターが主催する「学び体験セミナー」の四十四人が参加した。

 参加者は伊勢市の二見興玉神社を訪れた後、同館に到着。石原義剛館長と特別展を企画した縣拓也学芸員から、神様の食事である「神饌(しんせん)」についての話を聞いた。

 展示会場では石原館長から、神饌の半分が海産物であることなどの説明を受けた。国崎町では寒風が吹き付ける中、伊勢神宮に献納する熨斗(のし)あわびを作る「御料鰒調製所」や海士潜女(あまかづきめ)神社など、神宮ゆかりの地を巡った。

 杉中和子さん(63)は「博物館も国崎も初めて訪れた。神饌についてよく分かった」と、話していた。

| るんるん | 2013/12/12 4:51 AM |
熊野古道を県内外にPRし、東紀州への観光誘客促進に取り組む「熊野古道世界遺産登録十周年事業三重県実行委員会」「同市町実行委員会」は十日、熊野古道のキャッチコピー「幸(さち)結びの路」を発表した。実行委は今後、関西圏や中京圏などで広報活動する。

 PR活動では、熊野古道の各峠のウオーキングコースや伊勢と熊野を結ぶ「路」に焦点を当てるとともに、熊野の地の神秘性や東紀州の食を大々的に取り上げ、女性層を中心に新規来訪者獲得を目指す。

 サブテーマ「山の幸、川の幸、海の幸、心の幸。伊勢から熊野へ続く道は、人々の祈りと幸せを結ぶ路」で、自然の恵みや特産物、温かいおもてなしなどの「幸(さち)」と、古来多くの人が熊野の神々の救い「幸(しあわせ)」を求めて訪れたことを表現。キャッチコピーと合わせ東紀州の魅力をアピールする。

 PR活動に当たり、熊野古道の石畳をイメージした丸形のロゴデザインのほか、B1サイズで馬越峠▽花の窟(いわや)神社▽七里御浜―を背景とした三種類のポスター計六百枚、各峠や東紀州の食、交通情報などを紹介するA4サイズ、全十二ページのガイドブック七万部を製作。来年三月まで、県内外の各種観光展や、近鉄大阪難波▽大阪上本町▽JR・近鉄名古屋―の各駅、百貨店、サービスエリアなど関西圏と中京圏でポスター掲示やガイドブック配布などを行うという。
| .るんるん | 2013/12/12 4:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH