<< 船岡山から「左大文字」が間近かに見えました | main | 大徳寺から堀川通りを南に下っていくと陰陽師安倍晴明を祀る「晴明神社」があった >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
せっかくの紅葉の京都なので、大徳寺高桐院に立ち寄った

koutouin

このお寺の門から参道が私は好きで、たびたび訪れている。

船岡山の北側に降りるとすぐ近くに大徳寺がある。

「高桐院」は大徳寺の4つの塔頭の1つで、この寺院の紅葉は素晴らしく

私の京都の好きなお寺の1つである。

塔頭であるが

これは、たっちゅうと読む。

本来、禅寺で、祖師や大寺・名刹の高の死後、その弟子が師のを慕って、

(祖師や高僧の墓塔)の頭(ほとり)、または、その敷地内に建てた小院である。

塔の中で首座にあるところから「塔頭」と呼ぶ説もある。

それから転じて、寺院の敷地内にある、高僧が隠退後に住した子院のことも塔頭と

呼ぶようになった。


koutouin1
 

高桐院(こうとういん)は、

京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の寺院。

大本山大徳寺塔頭のひとつである。

開基(創立者)は細川忠興(三斎)、開山(初代住職)は玉甫紹(ぎょくほじょうそう)である。

戦国時代に智将として名を馳せ、茶人としては利休七哲の1人として知られる

細川忠興(三斎)が父・細川藤孝(幽斎)のために慶長7年(1602年)建立した寺で、

玉甫紹を開山とする。創建については慶長6年(1601年)とも言うが、創建に際して

春屋宗園が与えた偈(げ)に「寅十月十七日」とあり、干支の関係から慶長7年の

創建とみられる。

正保2年(1645年)に83歳で没した忠興は、遺言によりその遺歯が高桐院に埋葬され、

以後細川家の菩提寺として庇護される。

墓所 本堂西側庭園奥には忠興とガラシャ夫人の墓塔となっている春日灯籠がある。

忠興が生前こよなく愛し,自ら墓標に指定したといわれる。

細川家墓地から藪を挟んだ裏手には非公開の墓地があり、

忠興とガラシャの嫡男で追放された細川忠隆こと長岡休無や、出雲阿国

名古屋山三郎森鴎外の著作「興津弥五右衛門の遺書」で有名な

興津弥五右衛門などの墓がある。

 
| 京都 | 07:30 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | pookmark |
コメント
本格的な冬を迎え、国土交通省北勢国道事務所は二日、名阪国道の守田雪氷基地(上野IC)で、作業車の出動式を開き、冬期の安全確保を誓った。

 基地には、除雪する排雪板付きの散水車や、凍結防止剤散布車、側溝清掃車、パトカーなど七台が集結した。

 式には国交省や県警高速隊、業者ら約三十人が参加。田邊千秋北勢国道事務所長は、「名阪は物流の大動脈。通行の安全確保に万全を」などとあいさつした。

 名阪国道では昨年度、最大降雪日数が二十三日あり、除雪作業や凍結防止剤の散布などに延べ七十九回、出動している。二十二、二十三年度には最大十三センチ、雪が積もったという。

 同事務所では「冬期道路情報」を発行。加太トンネル、関トンネルなど山間部を通るため、冬用タイヤの装着など冬装備をドライバーに求めている。

| るんるん | 2013/12/04 4:41 AM |
名張のご当地アイドル「縁夢寿美(えんむすび)ガールズ」が一日、同市中町の特設舞台でデビューした。近くの中町集議所前で縁結びの石像の除幕式があった。亀井利克市長は「ここはカップルになれる縁結びゾーン」とPR。若者が住みやすいまちづくりを誓った。

 縁夢寿美ガールズは、空き店舗が目立つ商店街の店主らでつくる実行委員会(中西崇雄会長)の公募に応え、オーディションをパスした五人組。いずれも十代で名張の魅力発信に一役買う。

 デビューのライブでは、よし笛奏者でもある中西さん作詞作曲の「恋する_にんにん」を踊りながら歌った。忍者をイメージした網タイツの衣装と、笑顔いっぱいのステージに、詰め掛けた約百人は大きな拍手を贈って期待した。

 リーダーの徳本望未さん(19)=近大高専四年=は「五人で力を合わせ、名張盛り上げに頑張りたい」と話した。

 「縁結び」の石像は高さ約九十センチ、幅約六十センチ。男女が抱き合った姿や_マークを前後に彫っている。

 建立した中町商栄会の梅田平八会長(66)は「縁結びのパワースポットが生まれた。名張活性化のシンボルにしたい」と話した。地元では中町商店街を「縁結び通り」として売り出していく考えだ。

| るんるん | 2013/12/04 4:42 AM |
◇伊勢市で「皇學館大学月例文化講座」
 7日午後2時―3時半、皇學館大学4号館431教室。同大学現代日本社会学科教授の橋本雅之さんが「神話から見る現代社会の課題」と題して講演する。問い合わせは同大学筍娃毅坑供22)8600。

◇伊勢市で「クリスマスおはなし会」
 23日午後2時から、伊勢図書館2階視聴覚室。クリスマスにちなんだ絵本や紙芝居の読み聞かせ、工作など。定員50人(先着順)。参加希望者は事前に申し込む。申し込み・問い合わせは同図書館筍娃毅坑供21)0077。

■ 電車とバスの旅 ■
 ◆「楽」サンタ号で行く!合歓の郷でメリーXマス!日帰りの旅
 14・15日。午前9時32分、近鉄津駅を貸し切り電車で出発。車内ではサンタ、トナカイとのふれあいを楽しみながら賢島へ。その後、貸し切り船で合歓の郷へ。昼食バイキング、宝探し、ゲーム、餅つきなどのイベントを楽しむ。津駅午後5時33分帰着予定。定員各日共150人。津駅からは大人8380円、小人5750円。沿線の主要駅からも参加可(津駅以北)。7日までに申し込む。問い合わせは近鉄津駅営業所筍娃毅后複横横后烹僑毅械機
| るんるん | 2013/12/04 4:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH