<< 今年の流行語年間大賞は、史上最多4つのワード | main | せっかくの紅葉の京都なので、大徳寺高桐院に立ち寄った >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
船岡山から「左大文字」が間近かに見えました
dai

京都でお盆の時期8月に行われる「大文字の送り火」ですが・・・「大」だけでなく

「大」の字が2つ、妙、鳥居型、舟形の五つの山で灯る送り火なのです。


daimonnji
 

現在の送り火

大文字

お盆の8月16日の夜に、五つの山々に灯る送り火の一つ、それが大文字です。

今も昔も送り火の中心として考えられており、江戸末期には送り火の総称として

「大文字焼き」と言われていました。

明治になると「送り火」と称される事が多くなり、最近になり「大文字の送り火」という

総称が使われるようになりました。

場所は銀閣寺の奥、左京区東山如意ヶ嶽(正確には如意ヶ嶽の前山となる大文字山

465メートル)にあり、昔から地元の浄土寺の人たちが執り行う行事でした。

 

五つの送り火と点火時刻

8月16日の夜午後8時、京都市内のネオンがいっせいに消されると左京区東山

如意ヶ嶽の「文字送り火」に火が灯ります。

その後に続き、同10分 左京区松ヶ崎の「法送り火」、

15分 北区西賀茂の「船型万燈籠送り火」、

15分 北区大北山の「左文字送り火」、

20分 右京区鳥居本の「鳥居形松明送り火」、と、

京都の町をぐるりと取り囲む山々に反時計回り(左回り)に次々と火が灯って

いきます。それぞれの送り火が燃えている時間は、約30分と昔から変わらない

そうです。

これらの五つの送り火を総称して「五山の送り火」とも言われていますが、

江戸末期頃は、全部で十の山々で送り火が灯されていたそう。

明治から昭和初期にかけて現在の五山になりました。


daimonji
 

お盆のいわれ

もともとお盆とは中国から伝来された仏教行事のひとつ盂蘭盆(うらぼん)の略で、

日本では盂蘭盆会(うらぼんえ)とも言われています。

語源は梵語のウランボーナで、逆さ吊りの苦しみをあらわします。

ある時、釈迦の十六弟子の一人である目連は、自分の生母が餓鬼道に落ち、

逆さ吊りに苦しんでいる事を霊感しました。そこで7世代前までの父母の霊を

救うために百種の供物をしたというのが盂蘭盆の始まりとされています。
| 京都 | 07:37 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:37 | - | - | pookmark |
コメント
 丸亀製麺、家の近所にもあり時々行くが安くて、トッピング自由で、ネギとかテンカスなどの具も入れ放題。
行列ができ皆が昼時に殺到するのも納得です。 るんるん。


セルフ式うどんチェーンの「讃岐釜揚げうどん『丸亀製麺』」を展開するトリドール(兵庫県神戸市)が11月7日、国内764店舗目(12月3日現在772店)、三重県内13店舗目になる「伊勢店」(伊勢市川端町、TEL 0596-28-1733)をオープンさせ、間もなく1カ月が経過する。

「オープン後の最初の週末には、1日1000人を超えるお客さまが来店。正直びっくりした。オープン初日も800杯くらいは出たのでは?」と話すのは県内の店舗を総括するエリアマネジャーの段泰宏さん。「伊勢うどんの聖地・伊勢に出店するのは、どのように受け入れられるか分からなく、とても心配だった」と打ち明けるが、ふたを開けてみると大勢の地元客が押し寄せた。「県内でも1、2位の売り上げで、1日1000人以上の記録は、これまで神戸や北陸地方で新規店の開店に関わってきたが初めて」と補足する。

 同店は、打ちたて、ゆでたて、締めたてにこだわり、「コシ」が勝負の讃岐うどんをセルフ式で提供する。全店で国産の小麦粉から製麺し、大釜でゆで上げ、基本的に出来上がった麺が20分以上たったら提供しないなど麺へのこだわりを徹底。「看板」の釜揚げ麺は、麺がゆで上がるほんの数分前のものしか提供しない。

 翻って伊勢は、コシがなく柔らか極太麺に黒い独特のうどんタレを掛けて食べる「伊勢うどん」の聖地。伊勢(周辺)に住む人たちは、コシを重視する讃岐うどんとは真逆の位置にある伊勢うどんが、昭和の後半まで世間一般に言われる当たり前の「うどん」だと認識していたほどだ。その結果、独自のうどん文化を構築してきた。

 段さんは「オープンして、『(麺を)柔らかくして』というリクエストがほかの地域に比べて2〜3倍多いのには納得だった。その場合もおいしく食べていただけるように釜揚げ麺に近い状態で提供するようにしている」と伊勢ならではエピソードを披露。「伊勢うどんに敬意を表しつつ、讃岐うどんの文化も伊勢の人に知っていただければ」とも。

 メニューは全国共通、釜揚げうどん(並280円、大380円、特480円)、ぶっかけうどん、かけうどん、ざるうどん(以上、並280円、大380円)など。
| るんるん | 2013/12/03 6:35 PM |

三重県菰野町の御在所ロープウエイが十四〜二十五日、御在所岳(一、二一二メートル)で冬季限定のナイター運転をする。
四年目を迎える人気企画で、昨年は十日間に約千人が乗車。今年は十四、十五日と二十一〜二十五日の七日間実施する。山上には、ロープウエーのゴンドラなどをイメージした職員手づくりのイルミネーションもある。
ナイター運転は午後四時からで、上りの乗車は午後八時まで。乗車券を割引販売し、往復で中学生以上が千五百円、四歳〜小学生が七百五十円。駐車料金も無料になる。
また二十三〜二十五日の日中にはクリスマス記念企画として、御在所岳に生息するニホンカモシカとサンタクロースの着ぐるみを着た職員らが山上公園駅に登場し、来場者たちを楽しませる。

問い合わせは、同社=電059(392)2275=へ。
| るんるん | 2013/12/03 6:36 PM |
創立五十周年を迎えた鳥羽ロータリークラブ(松田音壽会長)が、「市民の心に残る事業を」と考えた記念事業「鳥羽歴史と文化のシンポジウム」を、一日に開いた。広島大学大学院の三浦正幸教授による「蘇る鳥羽城天守閣」と題した講演会やまちづくりを考えるシンポジウム、夜には城跡に鳥羽城のイルミネーションを点灯した。
松田会長は「城下町として栄えた鳥羽で、市民が中心となって天守閣の再現を目指す活動を続けていきたい」と、話した。
講演会で三浦教授は、鳥羽城天守閣の復元図などを基に「三間半に三間一尺」という記述から、「関ヶ原の戦い以降の構造と考えられ、築城は九鬼嘉隆だが、天守閣は息子の守隆の時代に手掛けた」とし、「鳥羽城は日本名城百選に選ばれるほどの名城だと考えられる。郷土の宝として誇りに思ってほしい」と話した。パネルディスカッションでは、市立鳥羽小学校の六年生二人と市民代表の四人がパネリストを務めた。児童二人は学年で考えたまちづくりに関する六つの提案と、「美しい自然を未来に残し、おもてなしの心を持ちたい」と発表した。
夜には海抜三十九メートルの鳥羽城跡に高さ七・八メートル、幅七メートル、実際の鳥羽城の六割程度の大きさで再現した天守閣レプリカのイルミネーションが点灯された。午後六時に松田会長、木田久主一市長らが城を眺める海岸沿いの「かもめの散歩道」で、点灯の合図を告げる花火を打ち上げた。合図と同時に九千個のLED(発光ダイオード)で装飾されたレプリカが青白く浮かび上がると、市民からは歓声が上がり「こんなふうに城が見えていたんだ」と話していた。
イルミネーションは来年一月十二日まで、午後五時から深夜零時まで点灯。夜の町で鳥羽城の姿を映し出す。

| るんるん | 2013/12/03 6:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH