<< 伊勢にバリスタ常駐「マックカフェ」併設マクドナルドが本日開店 | main | 「京都市考古資料館」が堀川今出川通り沿いにあった >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
平安京の宮城(大内裏)跡を歩く
平安京の造営はまず宮城(大内裏から始められ、続いて京(市街)の造営を

進めたと考えられます。

都の中央を貫く朱雀大路の一番北に、皇居と官庁街を含む大内裏が設けられて、

その中央には大極殿が作られた。

後方の東側には天皇の住まいである内裏が設けられた。

 

「大内裏」とは、いわゆる宮城で、王宮・官衙(役所)が建ち並んでいた。

正庁である朝堂院をはじめ、宴を催すための豊楽院(ぶらくいん)、内裏、

民部省、宮内省、兵部省、左右近衛府、中和院、真言院、大蔵など、

重要な官衙施設があった。

「内裏」とは、内裏の中にある天皇の私的な居住空間。

正殿の紫宸殿をはじめ日常の生活の場であった清涼殿などがある。

(現在の京都御所は、江戸時代まで天皇の居所(内裏)であったが、

場所は、まったく異なる。かつての内裏は現京都御所より南西へ4劼曚

行った千本出水辺になる。)

今回はこの平安京の内裏があった地域を訪ねた。

 

1895年の平安遷都千百年紀年祭に際して、歴史学者・湯本文彦氏の

提唱により、京都府は平安京条坊、大内裏殿舎の位置、大極殿跡(現在の碑の

地点)などを確定したのだそうで、その位置に碑が造られていたので幾つか探し

当てられた。


kairoukairou1
平安京内裏内郭回廊跡


jyoukou
 
平安京内裏承香殿跡


kouki 

seiryou
平安京内裏弘微殿跡


seiryou 

平安京内裏清涼殿跡

| 京都 | 07:35 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:35 | - | - | pookmark |
コメント
三重のローカル季刊誌「NAGI(凪)」55(冬)号が12月1日から、三重県内の書店などで発売される。今号の特集は「ご遷宮と伊勢のまち」。8年に及ぶ遷宮行事を地元メディアの視点で取り上げる式年遷宮記念号。発行は「月兎舎(げっとしゃ)」(伊勢市馬瀬町)。
10月2日に内宮(ないくう)、5日に外宮(げくう)でそれぞれ「神様のお引っ越し」遷御(せんぎょ)が執り行われた。特集は、遷御当日の様子をリポート(序章)、2005年5月2日に行われた山口祭から遷御までをダイジェストで(第1部)、神宮の祭りを通して見える日本人とコメとの関わり(第2部)、唯一神明造りの社殿の造営(第3部)、遷宮を契機に新しくできた飲食店など25店や土産品など(第4部)を紹介する。
そのほか、赤福(伊勢市宇治中之切町)前社長・現会長の浜田益嗣(ますたね)さんに2007年にインタビューした記事を遷宮特集に合わせて掲載した。前回の遷宮(1993年)に合わせてオープンさせたおかげ横丁(同)や2007年オープンの「新五十鈴茶屋」などへの思いについてまとめた。
編集人の坂美幸さんは「原発事故、TPP、尖閣諸島…激動の現代日本において、1300年間粛々と続けられてきた遷宮の営みには、今こそ日本人が見つめるべき『本質』がひそんでいる。今号では神宮の営みが語り掛けてくるメッセージを伝え、20年に一度の慶事を節目に発展してきた伊勢のまちの『今』を紹介する」と話す。
| るんるん | 2013/11/30 7:13 AM |
伊勢市の伊勢神宮内宮で、敷地内を流れる五十鈴川沿いの紅葉が見頃を迎えている。式年遷宮で社殿が新しくなった新宮に手を合わせるとともに、参拝者は清流と紅葉の織り成す景色に見とれている。
宇治橋から上流の風日祈宮橋(かざひのみのみやばし)まで約五百メートルにわたって、川沿いのイロハモミジやサクラなどが赤く色づいている。
参拝前に川で身を清める御手洗場(みたらし)では、紅葉が水面に映り込む風景も見られる。
二十九日に参拝に来た鹿児島市の無職入木重保さん(75)は「この景色もお伊勢参りの演出なんですね」と感心しきりだった。神宮によると、見頃は十二月上旬まで続く見込みだ。
| るんるん | 2013/11/30 7:14 AM |
伊勢市の伊勢市駅前広場と宇治山田駅前広場で二十七日夜、イルミネーションの点灯が始まった。市の観光事業の一環で、七月に改修を終えたばかりの伊勢市駅前での実施は初めて。鳥居の周辺にある七本の木に六千四百個のLED(発光ダイオード)を取り付け、青白い光を瞬かせてムードを演出している。
宇治山田駅前広場では四年目で、今年は植え込み内の外灯の支柱などにLED四千三百個を設置した。
いずれも来年二月二十日まで、午後五時半―午前零時にともす。
| るんるん | 2013/11/30 7:16 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH