<< スリランカは、2000年前から宝石産地 | main | 世界一周堂の主催する「世界一周スクール」に参加してきました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
雑誌「Pen 10月1日号」に「美しい文房具」が特集されていた
pen
 

思わず手に取りたくなる、

美しい文房具。

いつの時代でも人が手に触れ、扱う道具というものは、

使い込むほどに味わいを増し、愛着も湧いてくる。

中でも文房具やステーショナリーと呼ばれる品は格別だ。

ライフスタイルにひとつ加わるだけで悦びを感じ、

豊かな気分にさせてくれる、温かきアイテムたち。

デジタルデバイスを駆使する現代だからこそ、

まるで時代を逆行するようなアナログ的なツールに、

われわれは強く惹かれるのかもしれない。

           ― Penの34ページよりー


pen1
 

私も文房具が好きである。文章を書くのは、今でも万年筆を使う。

もちろんパソコンでwordで直接打つ場合もあるが、凝った文章は

やはり万年筆で紙に書くほうがいい。


Penに紹介されているなかでカランダッシュのボールペンが出ていたが

同じものを私も昔から愛用している。

愛用している万年筆は、やはりモンブラン、パーカーが主体となる。

ペリカン、パイロットも持っているが。

手帳は、前はファイロファックスだったが、今は、モレスキーを使っている。

万年筆、ボールペン、手帳は、男にとって剣(つるぎ)のようなものである。

| 用の美 | 07:31 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:31 | - | - | pookmark |
コメント
世界の高校生が料理の腕を競う「高校生国際料理コンクール」の大会が二十七日、三重県・多気町の県立相可高校で開かれ、日本代表の同校食物調理科三年、岡本なつ実さん(18)と佐野竜也君(18)は六カ国の九チーム中で最高の評価点を獲得し、一位に輝いた。同コンクールで日本代表が一位となるのは初めて。
大会終了後の表彰式で、一位のトロフィーを受け取った佐野君は「言葉が出ないぐらい、とにかくうれしいです。一生の思い出になります」と涙ながらに語った。岡本さんは「優勝を目指して練習してきたので本当にうれしいです。この気持ちをお世話になった皆さんに伝えたいです」と笑顔で話していた。
同校は平成十九年から出場。昨年まで四年間は百点満点中九十点以上のチームに贈られる「金賞」を連続受賞してきたが、一位となったことはなかった。佐々木智子監督(22)は「味だけでなく、見た目の華やかさや味付けのバランスなど、細かい所にこだわったことが評価されたと思う」と、大会を振り返った。
相可高校の二人はこの日の大会で、ヒレ肉の筋を包丁で丁寧に切り取ったり、桜型の添え物を作ったりと、手際よく作業を進めた。制限時間の四分前に「牛フィレ肉のステーキプロバンス風 焼きリゾットを添えて」を完成させると、「これまでで一番良くできた。後は結果を待つだけです」と話していた。


| るんるん | 2013/09/29 7:16 AM |
三重県の情報を首都圏で発信する拠点となる「三重テラス」が二十八日、東京都中央区日本橋室町の商業ビル「ユイト・アネックス」内で開業した。食品や伝統工芸品など千点を並べた物販コーナーと、松阪牛や伊勢湾の魚介などの地元食材を提供するイタリア料理のレストランで、誘客と県産品の販路拡大を図る。
アンテナショップにとどまらず「三重県そのもの」を売り込む営業拠点として、鈴木英敬知事の肝いりで準備を進めてきた。多目的ホールを備え、県内自治体や商工団体などが行事や商談会にも活用する。
ビルの一、二階部分約四百五十平方メートルを賃借し、運営は民間に委託。県の投資額は五年間で約六億円。二十八日の式典で鈴木知事は「豊かな文化に触れてもらうおもてなしの場にしたい」と語った。
東京・日本橋で二十八日開業した県の首都圏営業拠点「三重テラス」。地元と都内の関係者らを招いた式典で、鈴木英敬知事は「旬の三重を発信する。おいしい食や歴史ある文化を予感できる旅の入り口にしたい」と抱負を述べた。
江戸歌舞伎が誕生した日本橋にちなんだゲストとして、歌舞伎役者の中村福助さんが招かれ「三重と日本橋の文化が融合した素晴らしい場所。大勢の人でにぎわって」と祝った。
開場のテープカットは午後三時すぎ。三重テラスが入居するビル周辺には二百人近い行列ができ、一階の物販エリアでは入場制限をした。洋菓子や伊勢エビ風味のせんべいなどを買い求めた都内の女性会社員(30)は「品数が豊富で、伝統工芸を使った内装もおしゃれ。今度はゆっくり訪ねたい」と話していた。
二十九日以降、二階多目的ホールを中心にイベントを開催する。十月十三日までは伊勢神宮をテーマにした浮世絵や写真の展示や対談企画などがあり、誘客に向けた情報発信を本格化させる。地下鉄東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅に直結。年末年始を除き無休で、営業時間は物販が午前十時〜午後八時、レストランが午前十一時〜午後十一時。問い合わせは三重テラス=電03(5542)1035=へ。
| るんるん | 2013/09/29 7:22 AM |
志摩市磯部町的矢の的矢大祭り実行委員会は二十七日、東日本大震災の被災地の人に元気になってもらおうと、同地区で使用していた子ども用のみこし一式を、地元の特産品「的矢かき」の種カキ仕入れで縁の深い宮城県石巻市にある大宮神社へ送った。
的矢地区は今春、市立的矢中学校が閉校するなど、少子化が進んでいる。実行委では今月上旬に毎年十月二十二日の的矢神社例大祭に合わせて子どもみこしや餅つき、的矢音頭などを開催していた「的矢大祭り」の中止を決定した。
そこで十年前に地域の寄付で購入した子どもみこしと台車、法被、放送機器などの活用を検討した結果、「被災地へ送っては」という意見が出た。委員らは話し合い、的矢湾で養殖している「的矢かき」の種カキを購入している縁で「宮城県で役立ててもらえないか」、ということになった。
これを受け、実行委代表世話人の橋本征郎さん(69)らが、市社会福祉協議会などを通して、石巻市社会福祉協議会へ連絡。十九日には石巻市大宮町にある大宮神社の大国龍笙宮司(67)と連絡が取れ、同神社への寄贈が決まった。
運送手段については、宮城県方面へこの時期に種カキの仕入れに行くという志摩市阿児町鵜方の運送業者「マルカ運輸」の上紺屋柾志社長の厚意で、荷台にみこしを載せて神社へ届けてもらうこととなり、この日、的矢区民センターに保管されていたみこしなど一式を、実行委ら二十人が運び出した。みこしは高さ一二五センチ、幅九〇センチ、重さ約六〇キロあり、数人で持ち上げて荷台に積み込んだ。
橋本さんは「石巻の子どもらに喜んでもらえるように使ってほしい。これを機にカキだけでなくお互いの交流ができれば」と、話していた。大国宮司は電話取材に対し、「志摩市からみこしを送ってもらったことを形あるものとして子どもらに伝えたい」と、喜んでいた。
みこしは二十八日の午前中に神社に到着予定。
| るんるん | 2013/09/29 7:24 AM |
伊勢高校野球部が、56年ぶりに東海大会出場へ

第六十六回秋季東海地区高校野球県大会の準決勝二試合が二十八日、県営松阪球場であった。夏の甲子園出場校の三重がいなべ総合に1−0で辛勝、伊勢は延長十一回の末に津田学園を8−7で破り、それぞれ決勝進出を決めた。三重は二年ぶり二十八回目、伊勢は五十六年ぶり二回目の東海大会出場権も手にした。

 二十九日には県営松阪球場で、決勝と三位決定戦の二試合がある。試合開始は三位決定戦が十時、決勝が午後零時三十分の予定。上位三校が、来春の甲子園選抜の出場選考の参考となる東海大会への出場権を得る。

◆伊勢8−7津田学園

伊勢が粘る津田学園を振り切り、延長戦を制した。

伊勢は十一回、1死三塁で、滝が中前適時打を放ち勝ち越しに成功。直後の守りでは、先発の滝が2死二塁のピンチを抑え、完投した。

田学園は九回に4点差を追いつく粘り強さを見せたが、及ばなかった。
| るんるん | 2013/09/29 6:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH