<< 「幸せな国」上位10カ国のうち私自身は半分の5カ国に、行ったことがある。 | main | 赤坂氷川神社「赤坂氷川祭」が開催された >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
コンラッドが「ランボルギーニ付き」3泊4日で5,000万円宿泊プラン

コンラッド東京(港区東新橋1、TEL 03-6388-8000)が、高級スポーツカーの

ランボルギーニや高級腕時計が付いた5000万円の宿泊プランを発売し話題を呼んでいる。

conrad

ヒルトングループ日本進出50周年を記念して企画された同プラン。

宿泊はロイヤルスイートルーム3泊4日で、夕食3回と朝食3回付き

料金は2人までの部屋売りとなっており、1人利用でも2人利用でも

5,000万円(税・サービス料込み)

プランには、「ランボルギーニ ガヤルドLP560-4」1台、

ブランパンの腕時計「トゥールビヨン ラージデイト」1本、

50年ものポートワイン1本、グレンフィディックによる50年もの

ビンテージウイスキー1本、特別設定のスパコース(240分)、

すし職人と行く築地市場への買い物ツアーが含まれるほか、

プライベートバトラー、滞在中の外出用専用車として「アウディA8」と運転手、

50輪のバラを使った「ローズバス」、プール利用無制限のサービスも付く。

夕食3回のうち1回は、宿泊するロイヤルスイートでのエグゼクティブシェフと

ソムリエによる「究極のディナー」。ゲストを招き、最大6人でディナーが楽しめる。

2回の夕食は、館内の好みのレストランで上限なしで料理を注文できる(ドリンク別)。

朝食3回は全てルームサービス。

うち1回は、築地市場ですし職人と購入した魚介を使ったすし(材料の購入料金は

利用者負担)。職人が部屋を訪れ目の前で握る。

同ホテル広報担当者によると、1,500万円相当の腕時計と2,800万円相当の車、

1泊60万円相当の部屋(以上、想定価格)など、「総合すると大変お得な料金?」だという。

現在「予約はまだないが、問い合わせは数件あるそうだ。

プラン内容については、お客さまのご都合に合わせ、フレキシブルに対応したい」とも。

予約は電話のみでの受付で、支払いは事前クレジットカード決済。

キャンセル料金は、チェックイン日の180日前0時より宿泊料金の100%が発生する。

2014年3月31日まで(予約は同2月28日まで)。

 

3泊ですが、いかがですか・・・

 
| 非日常 | 07:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:09 | - | - | pookmark |
コメント
内容も凄いですが、支払いが「事前クレジットカード決済」
のみ、というのが興味ありますヨね。
100万、200万円ならいざ知らず 5000万円と言う金額で、
カード会社へ事前承認申請して果たして、オーソリがおりるものなのでしょうかね・・
限度額無制限の、一部の超富裕層対象のブラックカードじゃないとダメなのでしょうネ?

| るんるん | 2013/09/17 12:22 AM |
第二伊勢道路が早速生活道路として役に立っているようです
一度、伊勢へ帰ったときにでも走破してみたいものです

 志摩−伊勢間を結ぶ生活道路でもある「伊勢道路(県道32号伊勢磯部線)」が9月16日、台風18号の影響で通行止めとなり、9月14日に供用開始したばかりの「第二伊勢道路(一般国道167号)」が早くも迂回ルートとして市民や観光客に効果をもたらした。
第二伊勢道路は、鳥羽南・白木インターチェンジ(鳥羽市白木町)から伊勢二見鳥羽ライン松下ジャンクション(伊勢市二見町)までの延長約7.6キロ、幅員車道3.25メートル×2車線(4車線計画の暫定2車線)の自動車専用道路。事業費は約315億円。既存道を走るよりも約18分時間短縮することができ、近年の交通量増加による交通渋滞の緩和、交通事故の減少、巨大地震や災害時の避難道路として、またその際の緊急輸送道路として建設。7日には開通記念ウオーキングイベントがあり約2700人が汗を流し、14日には鈴木英敬三重県知事らが出席した開通の記念式典が行われたばかり。
伊勢道路(伊勢市宇治館町〜志摩市磯部町恵利原、延長11.5キロ)では1時間あたりの雨量40ミリ以上、もしくは連続雨量150ミリ以上の雨が降ると通行止めとなる。広域伊勢志摩圏内でも台風18号の影響で大雨・暴風警報が発令(15日19時30分ごろ〜16日朝方まで)。伊勢道路を管理する三重県伊勢建設事務所(伊勢市勢田町)は、連続雨量が200ミリを超えたため16日3時50分〜12時30分までの時間、通行止めとした。
そのため、伊勢方面を目指す市民や観光客を乗せた車は、「第二伊勢道路」か「サニーロード(県道169号玉城南勢線)」で、伊勢道路を迂回するコースを走らざるを得なかった。伊勢志摩経済新聞記者が9時ごろ、志摩から伊勢道路へ向かうと、通行止めとなっているにもかかわらず伊勢道路を目指す車が目立った。サニーロードへ左折する車も約4割あった。続いて志摩から鳥羽方面へ走る車を調べたところ、普段は伊勢道路へ進む車の方が鳥羽方面へ行く車よりも多いのに、この日の9時30分ごろは全体の7割が鳥羽方面へ。さらに9時45分ごろから10分間、白木インターチェンジ前で調べたところ、第二伊勢道路へ入る車が約8割を占めた。
一方、伊勢道路の通行止めを知らせる案内板は、志摩市磯部町に3カ所(伊勢道路入口に1カ所)で、伊勢道路に進む道路に進入してからでないと分からない場所に設置されているため、事前に通行規制があることを知らないドライバーは途中でUターンを余儀なくされていた。この日も大型の観光バスがUターンのため狭い道路で立ち往生していた。

 今後第二伊勢道路は、白木インターチェンジから磯部町恵利原まで延長する予定だが、三重県志摩建設事務所(志摩市阿児町)によると明確な完成予定日は定かではない。
| るんるん | 2013/09/17 12:26 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH