<< 再度DVDで「かもめ食堂」を観なおしてみた | main | 小林聡美主演の映画「プール」について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今回のオリンピック東京招致は、高円宮妃と佐藤真海さんのスピーチが決定づけた気がする。

東京の演説の前に、高円宮妃久子さまが壇上に立ち、

「IOCの支援は日本の子どもや若者たちに希望をもたらしてくれた」と

東日本大震災への支援への謝意から語り始め、

「日本に深い同情の念を表していただき、感謝の気持ちは一生忘れません」と

フランス語で述べた。

スピーチは途中から英語に。IOCが被災地の若い選手たちを支援した

「TSUBASAプロジェクト」に言及し、「子どもたちに笑顔を、若い選手たちに希望を

もたらしてくれた」と述べた。この高円宮妃の凛とした姿は、まさに日本の皇室を

代表するものであった。フランス語も英語も完璧で堂堂としていた。


         1964 ぜひ、素晴らしいポスターを
 

続いて、陸上女子走り幅跳びでパラリンピック3大会連続出場の義足ジャンパーで、

震災で宮城県気仙沼市の実家が津波被害に遭った佐藤真海(まみ)選手が登場。

私には、誰???という感じであった。

しかし、話を聞いていく内に引き込まれてしまった。説得力がある。

 

「復興五輪」で被災地を勇気づける「スポーツの力」を強調。

東日本大震災で宮城県気仙沼市の実家が津波で被災した体験を交えながら、

障害者として、被災地出身者として「スポーツの力」を世界に訴えた。

 

「いま、私がここにいるのは、私がスポーツに救われたからです」と笑顔で前置きし、

自らの体験を語り始めた。

早稲田大のチアリーダーだった2001年、右足に骨肉腫を発症し、翌年に膝下を

切断した。未来を見失いかけた時、障害者スポーツと出合った。

陸上の世界に誘ってくれたのは義肢装具士の臼井二美男さん(58)。

本格的に練習を始めて1年でアテネ・パラリンピック代表に選ばれ、日本人女子の

義足選手として初めて世界最高の舞台に立った。

 

「スポーツをしなければ免疫力が低下し、命がなかったかもしれない。

スポーツの素晴らしさを伝えたい」。そう訴える佐藤さん。

11年3月11日に発生した震災も、佐藤さんの生き方に大きな影響を与えた。

津波に襲われた実家の両親と連絡が取れず、同16日にやっと無事を確認。

<6日間でしたがこのような苦しい思いをした身として 自分にできることを探しながら

歩いて行こうと思います>。ブログにそうつづり、練習の合間に古里に帰っては

母校などで講演をしたり、支援物資を届けたりした。

 

もちろん、演上に立ったすべての皆さんのスピーチは、素晴らしかったが

最初のお二人で決まったと思う。

演出したプロデューサーの腕に感服する。

 
| オリンピック | 12:52 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:52 | - | - | pookmark |
コメント
松阪牛協議会(会長・山中光茂松阪市長)の理事会は八日、松阪牛の定義について、肥育地域に導入する子牛の月齢を十二カ月までとするなど、新たな規定を加える改正案を承認した。協議会は年度内の最終決定を目指し、関係団体や生産者との協議を進める方針。
松阪牛の定義が改正されれば、平成十四年の定義策定以来初めて。協議会は現行の定義に定めのない肥育期間についても規定するなど、さらなる改正も視野に関係団体や生産者の理解を得る考えだ。
現行の定義は、松阪牛の肥育地域で飼育された期間が最長かつ最終などと定める。改正案は、この肥育地域に導入する子牛を月齢十二カ月までとし、導入後の牛の移動はこの肥育地域内に限ると加える。
同市川井町の橋西地区市民センターで開かれた理事会で、山中市長は「これまで十分に定義付けがなかったのは事実」などと指摘し、改正案への承認を求めた。理事十六人が採決し、全会一致で承認した。
協議会によると、松阪牛の肥育地域に導入された子牛は昨年度で七千九十八頭。うち約二割の一千六百十三頭が月齢十三カ月以上だった。協議会は「施行までには十分な移行期間を設けたい」としている。
| るんるん | 2013/09/10 12:12 PM |
いにしえの湯宿 伊久
9月1日にグランドオープンしました

伊勢神宮のお膝元に全室露付の"いにしえの湯宿"が、遷宮の夏"開棟"
内宮まで歩いて約15分。「お膝元」だから愉しめる伊勢があり
静寂の中の「早朝参り」や「夕間詰め」など、昼間の「観光」では味わえない「お伊勢参り」を。
泊まらなければ出逢えない、伊勢もある。
| るんるん | 2013/09/10 12:19 PM |
同市川井町の橋西地区市民センターで開かれた理事会で、山中市長は「これまで十分に定義付けがなかったのは事実」などと指摘し、改正案への承認を求めた。理事十六人が採決し、全会一致で承認した。
| 財布 ボッテガ | 2013/11/22 11:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH