<< 上空の気温差により、回転する巨大積乱雲が発生か | main | ハイブリッドカー、実はECOではないのです >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
陽に当ると皮膚がんになるというは、日本人には、あてはまりませんヨ

陽に当ると皮膚がんになるという情報が怖くて、日光浴を抑えていましたが

これは、間違いだったようです。

よかった!私、今年は結構直射日光に当っていました

 

日光浴で皮膚がんが増えると言われますが、白人に対してはそうであっても、

有色人種の日本人にはあてはまりまらないようです。

 

1978年、旧国立がんセンター(現・国立がん研究センター)が

「がんを防ぐための12カ条」を提唱しました。

これは長く日本のがん予防の指針になっていましたが、その第10条に

「日光に当たりすぎない」という項目がありました。

しかし、2011年に更新された「新12カ条」では、日光の項目がなくなっています。

むしろ、日光を浴びるとビタミンDによって骨が強くなるほか、大腸がんなどを

予防しますから、多少は日光に当たった方が良いためです。

 

日光と皮膚がんの関係に近い誤解が、飲酒による発がんでもありました。

喫煙が、がんの原因のトップで、受動喫煙でもがんを増やすことは広く知られるように

なりましたが、飲酒のリスクは軽視されています。

 

1996年に米ハーバード大のがん予防センターから発表された米国人の

がん死亡の原因は喫煙が30%、食事が30%、運動不足が5%となり、

飲酒は3%でした。

一方、日本人を対象とした研究では、男性の発がん原因の9%、男女合わせても

6・3%が飲酒によるものとなり、米国に比べて日本人の方がアルコールの発がんへの

関与が高いという状況です。

このような結果になる理由は、日本人が「酒飲み」だからではありません。

欧米と比べて日本のアルコール消費量はずっと少ないのですが、東洋人の4割が

お酒で顔が赤くなり、これは白人には見られない現象です。

アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドを処理しきれず、体内にたまることで

起きる状態で、「アジアン・フラッシュ」と呼ばれます。

このアセトアルデヒドが発がんの原因になるため、白人ではあまり問題にならなくても、

日本人は飲酒による発がんのリスクを無視できないのです。

 
| 健康 | 07:38 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:38 | - | - | pookmark |
コメント
伊勢市八日市場町の伊勢理容美容専門学校の生徒九人が、十一月に神戸市で開かれる全国理容美容学生技術大会(理美容甲子園)に出場する。一校から九人の出場は東海地区で最多。伊勢市の鈴木健一市長を訪ね、抱負を語った。
九人は理容科と美容科で学ぶ県内在住の一、二年生で、年齢は十五〜二十四歳。短髪のカット技術の正確さを競う「ミディアムカット」、独創的な髪形をつくる「チャレンジアートヘア」など六部門に挑む。
理美容甲子園は唯一の学生の全国大会で、六百人が競い合う。九人は東海四県の理美容学校から七百人が出場した七月の東海地区大会で各部門の優秀賞を受賞し、全国への切符をつかんだ。
つけ爪に模様を描くネイルアート部門に出場する理容科一年で志摩市浜島町塩屋の赤松真里那さん(18)は、地区大会では妖精などをデザインした幻想的な作品で一位に輝いた。「知らないことも多いので、全国の仲間を見て学びたい。結果は三位以内が目標」と意気込んだ。
| るんるん | 2013/09/05 10:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH