<< 石原裕次郎さんからまき子さん宛てラブレター初公開 | main | 昨日の赤坂ランチ 「赤坂 あじさい」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
スペイン脱線事故、80km制限の場所を190kmで走行が原因

スペイン北西部ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステラ市で起きた高速鉄道

脱線事故から一夜明けた25日、死者は州政府などによると80人、

負傷者は130人以上に達した。

地元メディアによると、2人乗務していた運転士のうち1人が事故直前

「時速190キロ出ている。脱線する」と叫ぶ録音記録が残っていた。

このカーブの制限速度は80キロで、速度超過など人為ミスの可能性が強まっている。

spain

国鉄総裁は地元メディアに対し事故前、車両に技術的な問題はなかったと証言。

地元紙は、事故を起こした列車が定刻より5分遅れていたと伝えた。

現場の監視カメラの映像では、13両編成の列車のうち中間の数両が外側に脱線し、

防護壁に激突。

 

2両目の電源車両がバランスを崩し、横転した。

日比谷線のカーブ脱線事故を思い出した。


現場区間には速度を制限する

自動列車制御装置(ATC)は設置されていなかったという。

私も海外では現地の電車やバスに乗ることも多い。日本の感覚で信じていられるのは

いつのことだろうか・・・・

 
| 日常 | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:28 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH