<< 荒井由美さんの「ひこうき雲」が主題歌に起用された映画「風立ちぬ」 | main | 「風立ちぬ」の主人公堀越二郎の設計したゼロ戦は百田尚樹の「永遠の0」でも主役 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
芥川賞は、藤野可織さん(33)の「爪と目」、直木賞は、桜木紫乃さん(48)の『ホテルローヤル』に

第149回芥川賞(日本文学振興会主催)は、藤野可織さん(33)の「爪と目」

(「新潮」4月号)に決まった。

17日夜、東京・築地の料亭「新喜楽」で選考委員の島田雅彦さんが会見し、

選考経緯について説明した。概要は次の通り。

「第149回芥川賞は、藤野可織さんの『爪と目』に決定いたしました。

「いきなり、あなたへの呼びかけから始まる二人称小説で、過去にこの不安定な二人称を

使った小説がないわけではないですが、成功例が実は少ない。

その中で、『爪と目』は非常に二人称が功を奏しているという意見があった」

 「(受賞作は)父とその愛人、後に義母になる女性と3歳児からの語り手と

その関係の変容を語っている。2人の女性の微妙な距離感を計るとき、

あるいはストーカー的と言ったら大げさかもしれないが、独特のまなざしで父の愛人を

見つめていく。そのプロセスの中で語り手自身も成長していく。

あなたと呼ばれる義母のことを描いていて、義母との関係を通じて自分が成長し変わり、

義母をより深く理解していくプロセスも描けているということで、二人称を使いながらも、

自画像を同時に重ね合わせているという読み方もできる。非常に強烈な自己批評が

作中に含まれていました」


また第149回直木賞(日本文学振興会主催)は、
桜木紫乃さん(48)の「ホテルローヤル」
決まった。

17日夜、東京・築地の料亭「新喜楽」で選考委員の阿刀田高さん(78)が
会見

「今回は難しい選考になるのかと思っていましたが、比較的早い段階で桜木さんの

作品がいいんじゃないかという声が高かった。まず文章が非常によい。

そして、ところどころに素晴らしい表現がある。『ホテルローヤル』という、

どこがローヤルだと言いたくなるような(笑)ラブホテルを舞台にしながら、

決して豊かではない、だが日本人の中にたくさんいるに違いない人たちの、

色々な喜びや悲しみ、どうしようもない生きざまみたいなものが表現された作品です。

ラブホテルを舞台として、いくつかの短編を全部趣向を変えながら、しかしホテルと

いうものに集約されるようなストーリーを作っている。これは本当に見事なことです。

連作短編集は中心となるアイデアからあまり離れてもいけないし、みんな同じ小説に

なってもつまらない。その辺のあんばいを非常にうまく計算して作られた小説かなと

思いました。

つらい小説で、読んでいても明日が明るくなる感じではありませんが、

これだけきちんとした文章でこれだけのストーリーを作り、

連作短編集として仕上げた以上、直木賞は当然だろうなというのは選考委員会の

基本的な考えでした」

| 芸術 | 07:47 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:47 | - | - | pookmark |
コメント
 多気郡明和町は今年度から、松阪木綿の名で知られる「御糸(みいと)織り」で作ったシャツを町長はじめ職員、議会議員の夏の制服として採用した。町役場職員は7月10日から毎水曜日をみいと織りのシャツを着る
同町は、古代から平安時代に天皇に代わって伊勢神宮に奉仕する斎王(さいおう)が住んでいたとされる斎宮(さいくう)跡が残る。松阪市と伊勢市に挟まれた位置にあり、伊勢神宮125社に数えられる内宮の所管社「神服織機殿神社(かんはとりはたどのじんじゃ)」(松阪市大垣内町)、「神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)」(松阪市井口中町)は行政区は松阪市になるが、昔から神宮との関わりが深い地域。江戸時代には、三井財閥を築いた「三越(越後屋)」(東京都中央区)の創始者・三井高利、今の「松坂屋」(愛知県名古屋市)の名前の由来になった上野で開いた松坂屋の創始者・太田利兵衛は共に伊勢商人(松坂商人)で、江戸で松阪木綿の販売をきっかけに成長していった。
明和町は、2013年3月の議会で「みいと織り」のPRを目的に一般会計から135万円を予算化(シャツ139着分=125.1万円)、町政55周年記念も兼ねた。かつて1000近くあった松阪木綿の織物工場は現在、手織りする数社と機械織り生産する1875(明治8)年創業の「御絲織物(みいとおりもの)」(明和町養川、TEL 0596-55-2217)1社のみ。
みいと織りは、鮮やかな藍色と縦縞が特徴で江戸時代に一世風靡(ふうび)したファッションだったがライフスタイルが、和服から洋服へとシフトしたことが原因で衰退していった。今回の取り組みを中井幸充明和町町長は「松阪木綿、実は『みいと織り』なんです」と生産地=明和町をさりげなくPRしながら、さらに松阪木綿の消費拡大につなげようとする。

 制服は、男性用に3種類、女性用に6種類の柄を用意。デザイン、縫製などについては両者で協議しながらオリジナルを作った。同町の斎宮跡・文化観光課文化観光係の小山隆伯さんは「役場の職員が着用しているものと同じデザインのものがご希望であれば、御絲織物へ直接問い合わせてもらえれば。1着約14,000円(注文生産になるので、納品までに時間がかかる)」と説明する。

 みいと織りの商品が購入できるところは現在、斎宮歴史博物館横「あざふるさと」、いつきのみや歴史体験館横「いつき茶屋」。「今後、このシャツを各イベントや行事で、町長、議会議員、職員が積極的に着用することで、さらなるPRをしていきたい」とも。
| るんるん | 2013/07/18 10:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH