<< ブラジルサッカー試合中に…審判が選手刺殺、観衆が審判殺害 | main | 明日7月15日祝日は、何の日でしょう? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
中国、大気汚染の為、淮河(わいが)の北は5.5年寿命が短い
 

さまざまなことが次から次に起こる中国

新華社電によると、中国四川省成都市都江堰の村で7月10日、暴雨のため

地滑りが発生、住宅11戸が下敷きとなり、2人が死亡、21人が行方不明となった。

市消防当局はチームを現場に派遣し、救助作業を進めている。
 

このほか同省では7日以降降り続いた大雨による洪水などで成都市などで

145万人が被災し、計7人が死亡、31人が行方不明となっている。 

 

四川省と雲南(Yunnan)省では住宅300棟が破壊され、住民3万6800人が避難した。

また、一部の主要河川では「過度の水位上昇」が確認されているという。

中国、大気汚染の為、淮河(わいが)の北は5.5年寿命が短い

 

中国を東西に流れる淮河(わいが)より北の地域では、PM2・5を含む

全浮遊粒子状物質(TSP)の大気中の濃度が南側より格段に高く、

住民の平均余命は南側より5・5年短いことが米中などの共同研究で分かった。

淮河の北で暖房整備を重点的に進めた政策により、大気汚染が進んだ影響と

みられるという。

北京大や米マサチューセッツ工科大などの研究チームは、

1981〜2000年の中国90都市のTSPのデータと、

1991〜2000年の全国125都市約50万人の死亡統計を分析した。

すると、TSPの濃度は淮河を境に激変。北側は南側より1立方メートルあたり

184マイクログラム、55%高かった。

北側の住民の死因は南側に比べて心臓病や脳卒中、肺がんなどが多かった。

TSP濃度が1立方メートルあたり100マイクログラム高くなると、平均余命は

3年減る計算という。

中国の一部地域では、石炭燃焼による大気汚染で住民の寿命が

1990年代に5年以上短くなったと見られる


中国・・・・ズウタイガ大きすぎて全てに目が届かない。
3つの国に分割して、統治しないと無理なのではないだろうか・・・・

| 自然 | 07:27 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:27 | - | - | pookmark |
コメント
養殖真珠発明記念日」の十一日、鳥羽市のミキモト真珠島で同島の海女や観光客ら六十人がアコヤ貝一千個を海へ放流した
御木本幸吉氏が三十五歳の時に世界で初めて真珠養殖に成功し、今年で百二十年目に当たる。同社では平成十五年から「養殖真珠発明記念日」に合わせ、豊かな恵みをもたらしてくれる鳥羽の海がいつまでも美しくあり続けてほしいという願いを込め、真珠の母貝となるアコヤ貝の放流を始めた。

 観光客らは二年目のアコヤ貝を両手に持ち、海女船の警笛に合わせて次々と海へ投げ入れた。

 東京から観光で訪れたという黒田裕梨さん(34)は「養殖真珠が日本で発明されたことに驚きました。自分たちが今、手にすることができるので、本当にすごいことだと思います」と、話していた。

| るんるん | 2013/07/13 10:37 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH