<< 経堂でマラソンの谷川真理さんのトークショー | main | トヨタ「レクサス」の自転車、世界限定100台で価格は100万円 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
震災地殻変動で東北の火山、5〜15センチ沈降
東日本大震災を引き起こした巨大地震による地殻変動で、蔵王山(山形・宮城県)

など複数の東北地方の火山が部分的に5〜15センチ沈み込んだことが、

京都大防災研究所地震予知研究センターの高田陽一郎助教と福島洋助教の

研究で分かった。

 

地下のマグマや周辺の岩石が地震後に引っ張られて平たく変形し、地表が沈降したらしい。

英科学誌ネイチャージオサイエンスで1日発表される。

jisin
 

日本の観測衛星「だいち」のレーダーで観測した詳細な地形データを解析した。

蔵王山や秋田駒ケ岳、栗駒山、吾妻山、那須岳の5火山で、それぞれ南北方向に

20〜30キロの範囲で最大5〜15センチの沈み込みを確認した。
衛星利用測位システム(GPS)のデータには、地震発生直後の沈み込みもあった。
 

沈み込みは、噴火後にできる火山中央部のくぼみ(カルデラ)や地下水が高温の

場所の範囲とほぼ一致。

地下5キロより浅い地殻にマグマだまりや数百度の高温の岩石が存在し、地震後に

東北地方がある陸側プレートが東西方向に引っ張られたことで、軟らかい高温の

岩石が横方向に広がり、上下方向には縮まって、地表を沈降させたらしい。
 

高田助教は「噴火や群発地震を起こさなくても火山が巨大地震の影響を受けた

ことが分かった。火山活動への影響は分からないが、火山の地下構造が分かることで、

今後の観測や活動予測に役立つ」という。

| 大災害 | 07:51 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:51 | - | - | pookmark |
コメント
三重交通(津市)は7月3日、伊勢神宮内宮(ないくう)と外宮(げくう)、伊勢市駅前を結ぶ外宮内宮線1系統の路線バスとして、かつて伊勢市内を走っていた路面電車「神都線」をイメージした路面電車風デザインのバス「神都バス」を新たに導入し、1日5往復の運行を始めた。
1903(明治36)年から1961(昭和36)年の期間に伊勢市内を運行していた路面電車「神都線」は、伊勢神宮の参拝者や伊勢・二見地区の観光客の移動手段として利用されていた。その後モータリゼーションの波に押され、バスに置き換わっていった。同社は、今年式年遷宮を迎えること、神都線開業から110周年、来年同社設立から70周年を迎えることを記念して、新車のバスを改造し約7,000万円をかけた。
神都バスは、当時の東邦電力が大阪鉄工所で1937(昭和12)年10月製造の車両(神都線モ541形式543号車)をベースに改造。金属板をつなぎとめるリベットや2段式窓枠、ガーランド型ベンチレーター(通風器)や木を基調とした内装、真ちゅう製のパイプ、本革のつり革、室内灯などを再現。集電ポールや取り外し式ヘッドライトは、そのままでは車検を通らないがもあえて再現、運行時はポールを折り畳み、ヘッドライトは取り外して走行する。さらに上着は濃紺で折り襟、夏季は開襟シャツと、当時の制服も再現した。再現には当時の写真や同社OBからの聞き取り、現存する当時の設計図などを元にした。
車両開発に携わった同社の竹原史郎さんは「バスの幅が2.49メートルで改造可能な幅は残り数センチしかなく、違反改造車とならないようにしなければならないため苦労した。6月25日にあった予備車両検査で合格し、三重の陸運局での車検をパスし無事この日を迎えることができた」と話す

私も昔「神都線」路面電車によく乗ったことがあるが、懐かしい。ただ、1回700円はちと高い気がする。
なにはともあれ、伊勢の観光の目玉が増えたのは喜ばしい限りではある
| るんるん | 2013/07/04 5:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH