<< コンフェデレーションズカップ、今、日本はイタリアと戦っている | main | 軽妙な話術で渋谷の大騒ぎを鎮めた「DJポリス」に警視総監賞が授与された >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
イタリアに勝てそうだったのに・・・・

コンフェデレーションズカップイタリア戦、前半終了までTVで観戦、2対1で勝っていた。

出勤して会社の手前で携帯電話のワンセグTVをみると、なんと3対4で敗戦していた。

 

7時試合開始。立ち上がりの日本チーム非常にいい!

ボールはほとんど日本チームがコントロールしていた。

本田圭佑のPKで先制して迎えた前半33分、セットプレーのこぼれ球を拾った日本は

MF香川真司が反転シュートでゴール右隅に蹴り込み追加点を奪った。

このシュート素晴らしかった!!!

2−0 いいぞ!   前半終了間際に コーナーキックから1点入れられたが

勝てる雰囲気を与えてくれた。

前半を終えたところで、出勤時間となったので家を出た

勝つことを信じて・・・・・


ita
 

結果は

立ち上がりの50分、吉田のミスからエリア内でボールを奪われ決定機を招くと、

内田のオウンゴールで追い付かれる。

さらに直後の52分には長谷部がエリア内でハンドを犯してPKを献上。これを

バロテッリに決められ、後半開始わずか7分で逆転を許した。

リードを奪ったことで守備を固めたイタリアに対し、日本はボールは回わるものの

決定機を作るまでには至らない。それでも、迎えた69分、右サイドでFKを得ると、

遠藤のキックに岡崎がニアを合わせ、3対3と試合を振り出しに戻した。

さらに、75分には吉田のオーバーラップから長谷部が強烈なミドルを放ったが、

惜しくも枠外。

82分には決定的なチャンスを迎えたが、岡崎のシュートはポスト、こぼれ球を狙った

香川のシュートもクロスバーに弾かれた。このまま一気に勝ち越したい日本だったが、

86分、DFラインのギャップを突かれマルキージオに抜け出されると、

ジョヴィンコに決められ痛恨の4失点目。

直後に吉田がネットを揺らしたが、無情にもオフサイドの判定で同点ゴールとはならず。

猛攻も及ばず惜しくも3対4で敗れ、
残念ながらグループリーグでの敗退が決まった



 
| スポーツ | 12:41 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:41 | - | - | pookmark |
コメント
パリパリに焼いたかば焼きが評判のうなぎ店「うな嘉(うなよし)」(伊勢市岡本、TEL 0596-28-3358)が、今年4月28日から提供している特大うなぎ1本を丼に載せた「極上丼『極みの一本』」(2,600円)が話題を集めている。

伊勢のうな嘉の「極上丼 極みの一本」特大のパリパリうなぎ1匹が反りはみ出る
老舗のうなぎ店がひしめき合う伊勢地域において2009年5月オープンと後発の同店。店主の中西一輝さんは「パリパリの食感を大切に心を込めて焼いている。『パリパリのうなぎなら、うな嘉』といってもらえるような店を目指している」と話す。

 「国産うなぎを使用し産地にはこだわらないのがこだわり。その時一番おいしいうなぎに、伊勢市の山間部・横輪地区と小俣町で採れた粘りが少なくタレを掛けたときにおいしく馴染(なじ)むコシヒカリを仕入れている」と中西さん。

 話題の「極上丼」は、焼いた時点で200グラム以上ある特大サイズのうなぎが切らずに1匹そのまま丼の上に載る。「パリパリうなぎ」ならではの特長として、丼に載せても折れることなく反り返る。小鉢とサラダ、肝吸い、漬物が付く。「子どものころ肉厚ステーキとか独り占めしてかぶりついたときは幸せだったな〜と思い、うなぎのかば焼きも丸々1匹をかぶりつけたら幸せになれるのでは? と思ったのがメニュー化のきっかけ」と打ち明ける。

 同店をよく訪れるという地元・伊勢出身の廣垣大毅(ともたか)さんは「初めて食べたときは、うなぎ200グラムがどれくらいのものなのか?丼が小さいから大きく見えるのでは?と思ったが、丼は小さいというよりむしろ、やや大きめ。そこから両側にはみ出たうなぎ。正直、どこから手をつけていいかわからぬまま、端からガブリと食らいついた(笑)。ここまでうなぎを堪能できるうな丼はない」と断言する。

 中西さんは「もっと食べたい人には『極みの一本半(3,500円)』『極みの二本(4,300円)』もあるのでお試しいただければ。伊勢西インターチェンジを降りてちょうど、伊勢神宮内宮(ないくう)と外宮(げくう)の真ん中にあるので、参拝前・後でお立ち寄りいただければ」とアピールする。廣垣さんは「今度は『極みの二本』に挑戦したい」と約束する。

 そのほかのメニューは、極上丼と同じサイズのうなぎを半分に切って重にした「極上重」(2,600円)、「ひつまぶし」(2,300円)、「ミニひつまぶし」(1,800円)、通常のうな丼は「小、2切れ」(1,000円)、「並、3切れ」(1,400円)、「中、4切れ」(1,700円)、「上、5切れ」(2,000円、以上肝吸い・漬物などが付く)。平日のランチタイムには1,300円以上の料理で「うなぎ屋オリジナルプリン」(100円)をサービスする。

 営業時間は11時〜14時30分、16時〜20時、火曜定休。
| るんるん | 2013/06/20 6:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH