<< 恋ヶ窪「姿見の池」へ行く | main | 老舗果物店「万惣」元社員が赤坂にホットケーキパーラー「フルフル」を開店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
世田谷文学館でみつけた、からくり芸術品「ムットーニ」
「上を向いて歩こう展」を観にいったことを書きましたが、ここの一般展が1階で

ムットーニ展が開催されていた。

カラクリ人形箱が並べられているだけだった。

 

2階で開催された「上を向いて歩こう展」の鑑賞のあと、1階に下りていくと

箱の前に何人かの観客が座り見ていた。

さっき見た箱が動いているのだ。それも音楽を鳴らしながら・・・・


muto
 

「自動カラクリお話し玉手箱」なのだそうだ。

作家は、ムットーニと記載されている。

作品はすべて小説を題材にしたもので、夏目漱石、村上春樹、フランスの

幻想小説家ジュール・シュペルヴィエル、SF小説家レイ・ブラッドベリ、

ミュージシャン宮沢和史、など、バラエティに富んでる。

村上春樹の短編「眠り」を題材にした「眠り」。鏡に写る女性が本体と別に動き出す

幻想的なカラクリ。

ムットーニとは、イタリア人のイメージをかってにもってしまっていたので

解説が日本語、音楽も日本のミュージック

不思議だなあと思いながら家にもどり、調べてみたら

 

「ムットーニ」とは、アーティスト武藤政彦の別名であり、

彼が作り出す作品そのもの」の事でもあります。

その作品は、立体のカラクリ箱であり、動き・光り・そして音楽などの要素が

絡み合った、小さなストーリーボックス。
ということが判った。


muto1 ムットーニこと武藤政彦
 

素晴らしい作品だった。

展示されているのが 10作品ほどあった。

観れたのは 3作品だけだった。

じっくり全ての作品を鑑賞したいと改めて思っている。

 

ムットーニ オフィシャルサイト

http://www.muttoni.net/

| 芸術 | 07:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:54 | - | - | pookmark |
コメント
日本神話「天孫降臨」で、邇邇芸尊(ににぎのみこと)らを先導したと道先案内人とされる猿田彦大神を祭る猿田彦神社(伊勢市宇治浦田)で5月5日、三重県無形文化財のお田植え祭り「御田祭(おみた)」が行われた。
五穀豊穣、大漁満足を祈願する同祭は、鎌倉時代から続くとされる。八乙女(やおとめ)が玉苗を植方(うえかた)に運び、田植えが始まる。楠部町の男8人女8人の植方、2人の植綱(うえづけ)の計18人が桃山時代の風俗を残した装束を着て一列に並び、一苗一苗を丁寧に挿苗する。囃方(はやしかた)は作業終了まで、笛や太鼓による田楽を奏で、祭りを盛り上げる。

 田植えが終わると神田の中央に、長さ約3メートル、直径約1.15メートルの大きのうちわを持った植方2人がその年の豊漁、豊作を占う「団扇角力(うちわずもう)」をとる。

 団扇角力が終わると、場所を同神社拝殿前に移動し、「ハエーヤハエ、ハエーヤハエ」と掛け声をかけながら踊る「豊年踊り」が植方らによって行われる。最初の「ハエ」には「生える・早く大きくなれ」、後ろの「ハエ」には「栄える」という願いが込められているという。踊りが終わると団扇角力で使用したうちわを破る「団扇破り」が行われ、参列者らはうちわの紙片を取ろう一目散にうちわに群がった。紙片を持っていると、健康や火除けのお守りになるという。

 神田は、約500平方メートルで、うるち米(コシヒカリ)ともち米(カグラモチ)の2種類の苗を植え、8月下旬に刈り取る予定。11月23日の新嘗祭(にいなめさい)に初米を奉納後、うるち米は同神社猿田彦大神への毎日の神撰として、もち米は元旦の鏡餅として使用される。同神社では、伊勢神宮式年遷宮のお白石持ち行事への参加するための「浜参宮」が土日を中心に増加している。

| .るんるん | 2013/05/07 12:18 AM |
http://www.jp-copy777.com
┣ブランド時計コピー
┣ルイヴィトン 財布コピー
┣グッチ 財布コピー
┣シャネル財布 コピー
┗エルメス財布 コピー
全物品運賃無料(日本全国)
不良品物情況、無償で交換します.
弊店は誠実で、信用を守って、経営しております。お客様の利益を守るため、2013年4月15日から、商品は到着します, 送金(銀行振替)
スーパーコピー 代引き: http://www.lvcopy777.com/
http://w.livedoor.jp/rolex-lvcopy/
以上 宜しくお願い致します
| コピーブランド | 2013/05/14 4:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH