<< 昭和30年代に伊勢を走っていた電車「神都線」が、バスで復活 | main | 日本橋三越本店の「三越イタリアフェア」に行ってきた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
放射能汚染の怖さ、福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ
 

福島市や全村民が避難を余儀なくされている福島県飯舘村など、

福島第一原原子力発電所からの放射性物質で汚染された地域で、

動物や植物に異常が多く見られることが研究者による調査で明らかになった。

 

通常のウグイスなら、見たこともない「おでき」が…

石田准教授らは、福島県阿武隈高地の中でも特に放射線量が高く、現在、

「帰還困難区域」に指定されている浪江町赤宇木地区(福島第一原発から

25キロメートル)で2011年8月に野生のウグイス4羽を捕獲したところ、

「うち1羽から今までに私自身、ウグイスでは見たこともないおできが見つかった」

これまで350羽あまりを捕獲した経験のある石田准教授が驚くほどの病状で、

このウグイスには血液原虫も寄生していた。また、捕獲したウグイスの羽毛を

持ち帰って放射線量を測定したところ、セシウム134と137を合わせて最高で

53万ベクレル/キログラムもの汚染が判明した。

石田准教授はその後も自宅のある埼玉県横瀬町と福島を15回にわたって行き来し、

鳥類の定点観測や自動録音による野生動物のモニタリングを続けている

(東京大学大学院農学生命科学研究科の石田健准教授)

また、ニホンザルでも

「特に気になったのが2011年3月の原発事故以降に生まれた子どもの

サル(0〜1歳)。汚染レベルと相関するように白血球の数が減っている。

造血機能への影響が出ているのではないかと思われる」という。

(羽山伸一・日本獣医生命科学大学教授)

すでにこのような状況となっているのに、さらに汚染された水漏れがどんなことを

起こすのか・・・・・心配である

| 原発 | 07:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:17 | - | - | pookmark |
コメント
九鬼水軍尾帆揚げる 鳥羽城跡に畳50畳分

戦国時代の水軍の将、九鬼嘉隆が築いた鳥羽城跡の城山公園に十二日午後、九鬼水軍の旗艦「日本丸」の帆が上がった。鳥羽湾を見下ろす高台で薫風を受ける帆は、五月十日ごろまで掲げられる。

 九鬼水軍しろやまフェスタ実行委員会が九鬼家ゆかりの城下町を楽しんでもらおうと、九鬼家の定紋「三巴紋」が描かれた畳約五十畳分(上辺八メートル、下辺六メートル、縦十一メートル)の帆を準備。

 大型の重機を使って約十五メートルの杉の柱を立て、風を受けても破れないよう化繊で作られた帆を四方からロープを張って固定した。

 同実行委は城山公園周辺で一日から一カ月間、「嘉隆マンスリー」を開催中。クーポンで観光施設や飲食店などがお得に利用できたり、ガイドボランティアらの案内で町歩きが楽しめるイベントを実施している。今後、ライトアップも予定しており、「城山周辺の散策を楽しんでほしい」と、話していた。



| るんるん | 2013/04/15 10:51 AM |
4月15日
東京ディズニーランド開園記念日
1983年のこの日、千葉県浦安市に東京ディズニーランドが開園した。

| るんるん | 2013/04/15 10:56 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH