<< 新しくオープンした丸の内「KITTE」内のグルメレストランをご紹介します | main | 銀行ATMなどの「フォークならび」を誰が提案したか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
日本映画を見直す黒澤明監督「七人の侍」

7samurai

やはり黒澤作品では、これ「七人の侍」だろう。

上映時間、3時間半。1954年(黒澤監督44歳)に公開された、

世界映画史に燦然と輝く『七人の侍』

農民達が野盗(野武士)の襲撃から村を守るために雇った七人の侍の物語。

集団を映しながらも一人一人の生命の重さを描き切った傑作。

雨、汗、泥、血、それら全てが画面全体から客席へ雪崩れ込み、

大地が割れんばかりのパワーが冒頭から最後までみなぎっている。

映画を見たというより体験したという感じ。

 

同年、公開から半年後に『七人の侍』はヴェネチア国際映画祭の銀獅子賞に輝いた。

7samurai1
物語は

戦国時代。貧しい農村が収穫時に盗賊に襲われるのを防ぐために七人の侍を雇って

村を防衛する。

出演は、野生児 三船敏郎。知将の志村喬。ストイックな剣豪の宮口精二など

多彩な人物の性格のおもしろさと人馬が入り乱れての戦闘シーンが圧巻である。


kurosawa
 

当時の一般映画7本分の制作費にあたる総制作費2億1千万円をかけた大作。

まさに大映の総力をあげた作品であった。

 
| 映画 | 07:31 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:31 | - | - | pookmark |
コメント
伊勢市円座町の市指定史跡「米山新田」にある横輪桜の木の枝が、何者かに無断で切断されていたことが、十日までに分かった。歴史ある田園の中で毎年、見事な花を咲かせてきた木の無残な姿に、地元住民らは心を痛めている。

 横輪桜は一昨年、日本花の会の調査で「今までに知られていない新しい桜の園芸品種」と判断され話題となった。今年は本場である近くの伊勢市横輪町で開花が不調だったが、同町から苗木を移植して約二十五年になる米山新田では、見事に八重咲きの花を付けていた。

 被害は、木のある土地を管理している円座町自治会の上村明政会長(63)が今月一日、近所の住民から知らされ確認した。

 枝の幾つかが切られ、折れた跡も見つかった。被害は二十本余に及ぶという。直径四センチ程度の部分を丸く切り落とした面もあり、道具を使ったとみられるが、誰がして、枝がどこへ行ったのかは分かっていない。

 同自治会は回覧板で注意を促し、伊勢署は相談を受けて現場に警戒中の看板を立てた。桜は無事に花を付けたが、上村会長は「咲いたのを見ても寂しい。(どう切られたかは)臆測だが、度が過ぎていて怒りが湧いてくる」と、やり場のない思いを語る。

| るんるん | 2013/04/12 7:55 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH