<< アルザス物語33「コルマールNo1」 | main | 安倍首相が突然の辞任会見(14時) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
アルザス物語34「コルマールNo2」
alsace37
新石器時代にすでに人類が住んでいたことが証明され、青銅器時代と鉄器時代の
遺品も発掘されているが、コルマールの名前が歴史上に登場したのはかなり後に
なってからである。
9世紀当時、町は「コロンバリア」と呼ばれていたが、それはカロリング朝の
封士の名前であった。
alsace39
10世紀から13世紀初めコルマールは、自治都市になりその後皇帝の直属都市となり、
十都市同盟もメンバーとなった。
16から17世紀30年戦争の結果コルマールはフランス王国の領土に併合されたのです。
| アルザスの旅 | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:06 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH