<< タイ・チェンマイ旅行記No13「首長族の村」 | main | タイ・チェンマイ旅行記No14 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「からくりどーる」さんと「清水良太郎」さんにお会いしました


karakuri

デブでーす
マジシャンの「からくりどーる」でございます


インチキでーす!!(笑)

 

このコメントで有名なマジシャン「からくりどーる」さん

その個性溢れるキャラクターは、マジック界の中でも
一際目立つ存在であり、また多くの方より愛されている。

イベントに清水良太郎さんとお二人にお願いしていたため、控室でご挨拶しました。

TVの印象より大きい方だった。

ちょっと声がおばさん(失礼)ぽい。

とてもご丁寧に対応していただきました。


simizu
 

「ものまね四天王」の一人として君臨してきたタレント、清水アキラさんの

三男で、同じくタレントの清水良太郎さん(24)。

 

昨年末ものまね番組で、お父さんに勝ちましたねと話したらみててくれたんですか

ありがとうございます。とにっこり。しかし、このことは舞台では話さず、歌うまタレント

として優勝したことを話しながら素晴らしい歌唱力をみせてくれた。

好青年だ。 
| いろんな方とお会いしました | 07:26 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:26 | - | - | pookmark |
コメント
卓球男子シングルス日本一は今年も高校生
 
男子シングルス決勝で、世界ランク22位の丹羽孝希(18=青森山田高)が同10位・水谷隼(23=ビーコン・ラボ)を4―3で撃破。ロンドン五輪代表同士の激突で1―3と追い込まれたが、執念の逆転劇で初優勝を果たした。

 男子シングルスでの高校生の日本一は史上3人目で4度目。06年に青森山田2年の水谷隼が史上最年少で優勝。水谷は翌07年も連覇。昨年は野田学園3年の吉村真晴が優勝している。水谷は06、07年に岸川聖也と組んだ男子ダブルスも制しており、高校生で2冠を達成した。また女子シングルスでは88年に京浜女子商(現白鵬女子)2年の佐藤利香が史上最年少で制覇。石川佳純も四天王寺3年時の11年に優勝した。

素晴らしい高校生がでてきたものである
中国勢に対抗できるのは水谷準ではなく、速さ・力強さを持っている丹羽選手かもしれない

| るんるん | 2013/01/21 12:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH