<< 「第54回FECJ賞」授賞式No.3「特別賞」草間彌生さん、三宅一生さん | main | 12月15,16日の両日「世田谷ボロ市」が開催された。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「第54回FECJ賞」授賞式No.4「特別賞」芦田多恵さん原由美子さん

「第54回FECJ AWARDS」『特別賞』受賞された

芦田多恵さん、原由美子さんのお二人には以前お会いした事がある。


芦田多恵さんには、私が以前お父様の芦田淳先生とお仕事をさせていただいて

代官山の事務所に通っていたときであった。今回受賞式の後のパーティで

久しぶりにお話させていただきました。この日、ご主人の山東さんもいらっしゃったので

いっしょにお話が出来ました。


ashida
 
芦田多恵さん

今年ファッションデザイナーの芦田多恵さんが自身の名を冠した

新ブランド「TAE ASHIDA(タエ アシダ)」を立ち上げデビュー作となる

2013年春夏コレクションを発表。

芦田さんは昨年、既存ブランド「MISS ASHIDA(ミス アシダ)」のデザイナー

として20周年の節目を迎えたが、「さらにパワーアップするために(ブランド創設を)

決心した」という。「新ブランドは、よりクリエーティブでモードな服を目指し、

実験的な試みも取り入れていきたい」と話す。

芦田淳氏の娘ということでなく、名実共に日本を代表するデザイナーである。

 

hara  

原由美子さん

ファッションの歴史にこの人あり、スタイリストの草分け的存在として憧れの的で

ある原由美子さん

その経歴は『アンアン』創刊に参画、スタイリストとして『エルジャポン』

『マリ・クレール日本版』『フィガロジャポン』など数多くの雑誌を担当の後、

ディレクターとしても活躍するなど本当に多岐にわたります。

童顔というコンプレックスから「きちんと見える服」を意識してきた原さんの歩みは、

日本の女性の自立と重なる。

ファッションの多様化は歓迎しつつも、場をわきまえない崩れた装いが気になる。

「こんな時代だからこそ、スタイリストが再び必要になるかもしれない」

1960年に創刊、一昨年ウェブに移行した雑誌「ハイファッション」からデザイナーの

インタビューを集めたのが、『ハイファッション デザイナーインタビュー』(文化出版局)。

一線の約60人が登場、創作に込めた思いや自らの生き様について語る本も注目だ。  
| 芸術 | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:55 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH