<< 民主惨敗!信頼を失う怖さを感じる | main | 「第54回FECJ賞」授賞式No.4「特別賞」芦田多恵さん原由美子さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「第54回FECJ賞」授賞式No.3「特別賞」草間彌生さん、三宅一生さん

「第54回FECJ AWARDS」『特別賞』の受賞者がまた凄い方達だ

最初に登場されたのが先日NHKで特集されていた草間彌生さんだった。

番組ではお元気だったが、この日は車椅子での登場となった。

受賞の挨拶は独特の草間ワールド炸裂だった。


kusama
 

草間彌生さん

プロフィール

長野県松本市出身。幼少時代より絵を描き始める。1958年に渡米し、

16年間ニューヨークに滞在。93年ヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表、

98年台北ビエンナーレ、2000年シドニー・ビエンナーレに参加。

99年東京都現代美術館において大規模な個展を開催。

2004年には「KUSAMATRIX」展を森美術館と札幌藝術の森美術館で開催。

2000年第50回芸術選奨文部大臣賞受賞、2001年朝日賞受賞、

2003年フランス芸術文化勲章オフィシェ受勲、2004年信毎賞、

2006年高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。

 

幼いころから草花やスケッチに親しむ。その一方、少女時代より統合失調症を病み、

繰り返し襲う幻覚や幻聴から逃れるために、それら幻覚や幻聴を描きとめる絵を

描き始める。草間は現在に至るまで水玉(ドット)をモチーフに制作する事が多いが

(ドット・ペインティング)、これは耳なし芳一が幽霊から身を守るために全身に

経で埋め尽くした様に、彼女が恐怖する幻覚や幻聴から身を守るために、

作品全体を水玉(ドット)で埋め尽くす儀式でもある、とされる。


miyake
 

さらに三宅一生さんであるが、残念ながらご本人は海外出張で欠席だった。

三宅一生プロフィール

広島市東区に出生。1945年7歳の時に広島市への原子爆弾投下により被爆。

同じく被爆した母親を放射能障害のため3年経たないうちに亡くした。

「破壊されてしまうものではなく、創造的で、美しさや喜びをもたらすもの」を

考え続けた末、衣服デザインを志向するようになった。

高校卒業後上京、多摩美術大学図案科に入学。

在学中から装苑賞の第10回(1961年)、第11回(1962年)と2年連続で現在の

佳作にあたる賞を受賞、頭角を現した。

1回コレクションは1963年に発表した「布と石の詩」。

当時の環境に苛立ちパリに渡り、パリ洋裁組合学校「サンディカ」で学ぶ。

1966年にギ・ラロッシュのアシスタントとなり、その後ジバンシィ

デシナトゥール(完成した服を絵にする仕事)になる。

日本に帰国後の1970年、「三宅デザイン事務所」を設立。翌年2月には

ニューヨーク市内のデパートに「イッセイ・ミヤケ」のコーナーを開設した。

1973年、「イッセイ・ミヤケ秋冬コレクション」でパリ・コレクションに初参加。

1993年、フランスレジオン・ドヌール勲章、イギリスロイヤル・カレッジ・オブ・アート

名誉博士号授与。1998年、文化功労者に顕彰、

1999年には米週刊誌『TIMEアジア版において、「今世紀最も影響力のあった

アジアの20人」に選出され、

2005年、第17回高松宮殿下記念世界文化賞(彫刻部門)、

2006年第22回京都賞(思想芸術部門)など数々の賞を受賞。

2007年3月、東京六本木に誕生した複合施設「東京ミッドタウン」内に併設された

デザイン拠点「21_21 DESIGN SIGHT」(トゥーワン・トゥーワン・デザインサイト)をオープン。

2008年度より朝日賞選考委員も務めている。

2010年11月文化勲章皇居にて鈴木章安藤忠雄蜷川幸雄らと並び、受勲した。

まちがいなく日本のファッションシーンを牽引した第一人者だと思う。

 
| 芸術 | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:28 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH