<< 今、金、プラチナが高い。近年プラチナ族のパラジウムが注目されている。 | main | パラジウムに注目! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「お月見」という素敵な風習をしなくなって、どれぐらい経つだろうか?
tsuki1
 

本日は、満月、「十五夜お月さま」だ。

最近の若い女性に、十五夜、十三夜といったら「何のこと?」と言われました。

「十三夜」? なにか怖い話?とさえ。

「十五夜」も知らないのだ。

さらに、「お月見」って何?といわれてしまった・・・・・・

 

私の子供の頃「十五夜お月さん」という野口雨情作詞の歌があった。
私は「雨降りお月様 雲の上」の曲と混同していまうのだが・・・・

まず、月の形から説明しなければわからないのだろうか・・・


tsuki
 

十五夜の月をめでる

日本では、古くから秋の名月を鑑賞する「お月見」の風習がある。

お月見というと旧暦八月十五日の十五夜がもっとも有名であるが、

日本では古来もうひとつ旧暦九月十三日の十三夜もまた美しい月であると

重んじられていた。

中秋の名月(十五夜)はもともと中国で行われていた行事が日本に

伝来したものだが、この十三夜の月見は日本独特の風習だそうで、

一説には宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、

醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦919年)に開かれた観月の宴が

風習化したものとも言われています。
一般に十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものともされていた。

これは十五夜だけでは、「片月見」といって嫌われていたからです。

旧暦8月15日は十五夜。この日の月は「中秋の名月」として知られており、

お月見をするのがならわしとなっている。

今年の「中秋の名月」は9月30日であった

月は新月から満月まで約15日の周期であり、満月の時は月の引力の関係で

大潮となる。

 

先日の「深大寺十三夜」、何故 9月28日に行わず、10月27日の十三夜に

行われたのだろうか?

| 自然 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH