<< 静嘉堂文庫美術館の隣に「岡本八幡神社」があった | main | 「国立天文台」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
三鷹にある「国立天文台」を初めて訪ねた
tennmon
 

「天地明察」を読んで以来、渋川春海(=安井算哲)に興味を抱いている。

「国立天文台」に春海の資料があることを雑誌「東京人」で読んでいた。

また、サイクリングコースに交差して天文台通りがあり、国立天文台が近くに

あることは知っていた。なかなか行く機会がなかったが今回初めて訪ねた。


tenchi2
  奉納 内宮(伊勢神宮) 春海自筆 の署名 

「国立天文台」の天文機器資料館に、その渋川春海の作品の写本があった。

それは「天文瓊統(てんもんけいとう)」である。

天文瓊統(てんもんけいとう)とは、

江戸時代の天文書。元禄11年(1698年)に渋川春海によって著され、

正本は伊勢神宮に奉納され、副本が世に伝わった。

なお、正本は現在日本長暦など他の渋川の著作とともに

伊勢の神宮文庫(現在は神宮徴古館)に保管されて重要文化財指定を受けている。

8巻。5冊


tenchi1
 

概要

占星術の要素の強い天文道から科学的な天文学への過渡期を示す書物である。

渋川独自の部分は巻1の前半部(序から「天文総論」)と巻7後半部の中国史論、

8の「元禄中所名星座」である。

1前半部では渋川の暦法論・宇宙論が科学的に論じられ、

8では中国伝来の星宿の日本における観測結果とその天変記録、

星の位置観測記録、自作の星図を掲載し、最後に「拾遺」「儀象」「陰陽祭」の

3論を載せて締めくくっている。

4の「二十八宿赤道宿度」は渋川自らの観測記録に基づく数値に修正している。

| 天地明察 | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:43 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH